オンラインカジノの安全性について解説

オンラインカジノに登録してゲームをプレイすることは安全なの?
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/7/19 公開
2021/10/11 更新

ベラジョンカジノやカジノシークレット、インターカジノのように日本でも高い人気を誇るオンラインカジノが増えてきました。

しかし、実際にネットを通じてオンラインカジノをプレイすることに「安全なの?」と感じる人も多いでしょう。

プレイ中だけでなく、純粋に登録する時点で安全なのか疑問に思う人もいると思います。そこで今回は、オンラインカジノに登録しても問題ないのか、安全にプレイすることができるのか解説していきます。

オンラインカジノは安全に遊ぶことができるの?

結論から言うと、すべてのオンラインカジノが安全というわけではありません。

オンラインカジノを運営している会社の中には、安全性や公平性がまったく保証されていないところもあります。そういったオンラインカジノに登録してしまうことで、プレイヤー側に大きな損害が出ることも珍しくありません。

では、安全なオンラインカジノとそうでないオンラインカジノの差をどのように見分けるのかを簡単に解説していきましょう。

・運営ライセンスの有無

・第三者機関の認証(バナーなど)

・日本語に対応しているのか

・これまでの運営実績

運営ライセンスの有無

これがオンラインカジノの安全性を語る上で最も重要なことです。

オンラインカジノを運営するためには、必ず「運営ライセンス」というものが必要になります。この運営ライセンスを取得することで「あなたの企業はオンラインカジノを運営しても良い」と許可が出されるのです。

運営ライセンスを取得するのには条件が様々ありますが、最も重要なのは「オンラインカジノを含むカジノ類が合法化されている国なのか」や「各政府が行う審査を通るほどの信頼性がるか」などがあります。

まず、オンラインカジノはギャンブルです。合法化している国もあれば違法の国もあります。つまり、運営ライセンスを取得している時点でオンラインカジノを合法的に運営しているということが分かるのです。

その時点で高い安全性があると言えるでしょう。逆に日本はカジノが合法化されていないため、絶対に運営ライセンスが発行されることはありません。

そのため、日本が運営しているオンラインカジノがあったとしても安全ではないということです。

運営ライセンスを発行している国について

では、運営ライセンスを発行しているのはどこなのでしょうか?答えは「国や政府」です。つまり、運営ライセンスは政府が公認しているのと同義なのです。

現在、オンラインカジノの運営ライセンスを発行している国は以下のようなところがあります。

・マルタ政府

・ジブラルタル政府

・キュラソー政府

・イギリス(UK)

・オーストラリア政府

・カナワキ(カナダ)

・カガヤン政府(フィリピン)

etc…

世界で約20ヵ国ほどが提供している運営ライセンスですが、有名なとこで言えば上記の政府が発行している運営ライセンスでしょう。

その中でも「マルタ政府」「ジブラルタル政府」「キュラソー政府」が発行している運営ライセンスは審査が厳しくランクも高めで、所持しているだけで高い安全性と信頼性があると言われています。

そのため、運営ライセンスを取得していて安全性が担保されていたとしても、取得してる政府によって差があるということを覚えておきましょう。

厳しい審査をクリアする必要がある

運営ライセンスを取得するには、以下のような審査をクリアする必要があります。

・導入するソフトウェア(カジノゲーム)は公平性が保たれているのか

・イカサマなどの不正行為ができないようになっているのか

・これまでの実績や、骨上の経営状況は問題ないのか

・運営していくのに安定した資金は用意されているのか

・反社会的勢力(マフィア)などとの繋がりがなく、今後も排除していく仕組みがあるのか

・マネーロンダリングなどの不正行為ができない仕組みが徹底されているのか

etc…

これらは大前提の条件であり、実際はもっと細かく設定されています。何か一つでも条件を満たしていないとライセンスを発行されることはありません。

それに加えてライセンスの審査費用も必要になりますし、発行料も必要になってきます。そのため、オンラインカジノの運営側もライセンスの取得のために安全性が高くてクリーンなことを証明することに必死です。

取得後も定期的に抜き打ち審査もあるため、運営ライセンスを長年取得している実績があるオンラインカジノというのはそれだけ安全性が高いということになります。

運営ライセンスを見分ける方法(例:ベラジョンカジノ)

基本的には、各オンラインカジノの公式サイトに記載されています。利用規約などに記載されていることもあれば、ライセンスマークが画像で載せられていることもあります。

たとえば、有名なオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」は公式サイトのページ下部にマルタ政府からの運営ライセンスを発行されているという旨が記載されています。

ライセンスマークをクリックすることで、マルタ政府がベラジョンカジノにどのようなライセンスを発行したかを詳細に記載しているので、そちらで確認するのも良いでしょう。

第三者機関の認証(バナーなど)

第三者機関とは、オンラインカジノが導入するカジノゲームにイカサマなどの不正プログラムが組み込まれていないか、不正な経営をしていないかを監査する機関のことです。

これはオンラインカジノ側というよりも、プレイヤー側が安全にプレイできるように活動している機関と言えます。

第三者機関の監査は定期的に実施されますし、認証されたと分かればプレイヤーはより安全にそのオンラインカジノで遊ぶことができるのです。

eCOGRA(イーコグラ)

第三者機関は複数ありますが、その中でも「eCOGRA(イーコグラ)」の影響力は非常に大きいと言えます。eCOGRAとは、オンラインカジノの信頼性や安全性を高めて社会的にも認められるために設立された第三者機関です。

認証バナーが設置されているオンラインカジであれば、公平性のあるカジノゲーム、プレイヤーを保護する取り組み、責任ある行動などが独自の審査によって保証されています。

マルタ政府やジブラルタル政府の運営ライセンスと、eCOGRAの認証があればかなり安全性と公平性の高いオンラインカジノと言えるでしょう。

それに加えて、もしオンラインカジノとプレイヤーがトラブルになった場合でも、eCOGRAが認証したオンラインカジノであれば仲裁に入ってくれるのも大きな利点です。

入出金問題やプレイ中のトラブルなどは大きな争いになりやすく、そこに仲裁として入ってくれるので解決に向かってスムーズに進むことでしょう。

ただし、現状日本語での対応を行っていません。それでも、もしものときの安心感がありますね。

日本語に対応しているのか

最近では日本語に対応しているオンラインカジノは増えてきています。日本語に対応している=安全というよりは、英語しか対応していないオンラインカジノと比べると安心感が高いと言えるでしょう。

とくにサポートを日本語で受けれる安心感は非常に高く、トラブルもスムーズに解決することが可能です。そういった点も考えると、やはり日本語に対応しているオンラインカジノというのは安全性が高いと言えますね。

ただし、日本語に対応している「日本が運営しているオンラインカジノ」は違法なので絶対にプレイしないようにしましょう。詳しくは後述しますが、日本が運営しているオンラインカジノは賭博法で取り締まれる事例です。

そのため、「日本人向け」や「日本人のための~」と付いた運営元の分からないオンラインカジノは安全性の面でもプレイしないことをおすすめします。

もちろん、運営元が海外で運営ライセンスもしっかりしてるオンラインカジノであれば安全なので安心してください。

これまでの運営実績

これは一概には言えないのですが、運営実績が多いオンラインカジノであればあるほど安全性が高いと言えます。

なぜなら、それだけ長く運営ライセンスの更新を受けれて、第三者機関の抜き打ち検査にも合格しているからです。イカサマなどの不正行為もなく、入出金時のトラブルもなかったという事実にも繋がります。

ただし、運営実績が少なくても安全性の高いオンラインカジノも多いです。

たとえば、ベラジョンカジノは運営開始から10年ですしビットカジノは8年ほどです。それでも日本人に人気のオンラインカジノとなっているのは、それだけ高品質なサービスを提供しつつ安全性と信頼性が高いということです。

それでも不安な人は、インターカジノのように運営開始から20年以上経ってる老舗オンラインカジノをプレイすることをおすすめします。

オンラインカジノの安全性は分かったが違法ではないの?

前述したように、しっかりと運営ライセンスの取得と第三者機関の認証を受けていれば基本的に安全と言って良いでしょう。しかし、オンラインカジノは「カジノ」と付いてるだけあってギャンブルの一種となっています。

知っての通り、日本では現在カジノを運営することはもちろんプレイすることも認められていません。「闇カジノ」として摘発されるというニュースも見たことがあると思います。では、オンラインカジノは違法ではないのでしょうか?

・違法ではないが合法とも言い難い

・結果として今の段階ではグレーゾーン

違法ではないが合法とも言い難い

現状、オンラインカジノを日本でプレイしても違法ではありません。日本の賭博法で捕まる条件としては、「胴元とプレイヤーがどちらにも日本にあること」です。

つまり、オンラインカジノの運営者とプレイヤーがどちらも日本にいなければいけません。

オンラインカジノの運営はカジノが合法化している国だからOKだが、日本でプレイしている人は違法、しかしオンラインカジノの運営自体は海外だから日本の賭博法ではどちらも逮捕できない、となっているのです。

結果として今の段階ではグレーゾーン

このように、現状日本においてオンラインカジノはグレーゾーンというわけです。これは安全性が担保されたオンラインカジノでも同様で、たとえ安全性が担保されていても日本で運営されていたら確実にアウトとなります。

今後のカジノ法案によってはオンラインカジノも合法になるかもしれませんし、オンラインカジノは明確にアウトになるかもしれません。定期的に情報を仕入れて安全で楽しくオンラインカジノをプレイしましょう。

登録する際に注意する点

最後に、オンラインカジノを安全に楽しむために登録時に気を付けるべき点について解説していきます。

・アカウント情報は最新のものにする

・提出する本人確認書類も最新のものが必要

・入金方法について

アカウント情報は最新のものにする

オンラインカジノの新アカウントを作成する場合、必ず氏名や生年月日などの情報を入力する必要があります。ここでは必ず最新の情報かつ本当のことを入力しましょう。

虚偽情報だとアカウントの登録はできませんし、悪質だと受け止められれば二度と登録すらできなくなることもあります。

さらに、もし過去の情報で登録してしまうとサポートを受けれず、それだと安全性の面でも不安が残ります。入力する情報は必ず確認するようにしましょう。

提出する本人確認書類も最新のものが必要

アカウントを作成すると、例外を除き本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類として認められているものはオンラインカジノによって違いますが、基本的に運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証や、健康保険証+住民票など写真がない場合は2つ提出する必要があります。

これも最新のものに更新してから提出するようにしましょう。

有効期限が切れていたり結婚などで姓が変わっていたりするとオンラインカジノ側も確認することができません。安全にしっかりとしたサポートを受けるためにも事前に確認しておきましょう。

入金方法について

入金方法もオンラインカジノによって選択肢が違います。基本的には入金方法が多ければ多いほどおすすめです。ベラジョンカジノなどは入金方法にも優れていて人気です。

自分の中で最も安全だと思える入金方法を選ぶことも必要になります。最近は比較的どの入金方法でも安全ですが、おすすめは電子マネー決済サービスです。

反映スピードも速いですし、手数料なども安く設定されています。出金もそのままできるメリットもあります。

関連:稼いだ場合の確定申告に関してはこちら

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・運営ライセンスを取得しているオンラインカジノは基本的に安全

・第三者機関の認証を受けてればさらに安全

・オンラインカジノは日本において合法でも違法でもない

・登録する前には評判や評価、ランキングを確認することもポイント

・ベラジョンカジノやインターカジノはおすすめ

現在運営しているオンラインカジノは基本的に安心して良いと言えます。とくにランキング常連である「ベラジョンカジノ」や「インターカジノ」であれば登録からプレイまで問題ないでしょう。

重要なのは、危険だと少しでも感じたオンラインカジノは100%手を出さないことです。しっかりと安全性をチェックした上でオンラインカジノを楽しみましょう。

ページTOPへ