オンラインカジノでも楽しめる「シックボー(大小)」の攻略法

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/11/20 公開
2021/3/24 更新

シックボー(Sic Bo、大小、タイサイとも呼ばれます)は、中国発祥のサイコロの出目を予想するカジノゲームです。

主に、マカオやシンガポール、韓国カジノ等、アジア圏のカジノ施設で遊べる人気のカジノゲームで、特にマカオでは各ホテルに必ずあるカジノ施設内に、このシックボー(大小)のテーブルがあり、多くの人で賑わっています。

ここでは、シックボー(大小)の遊び方、攻略方法、必勝法などについて紹介します。

シックボー(大小)とは?

シックボー(大小)は、ディーラーが振る3つのサイコロ(Dice)の出目の合計が、4-10なら「小」、11-17なら「大」と数え、その大小どちらかを予測して賭け金を別途するゲームとなります。

また最近では、日本のアルゼ社が開発したゲーム機も置かれていて、対人が苦手な方でもゆっくり席に座りながらプレイすることが可能です。

ディーラーが振るサイコロは特別な台の上に配置されており、ディーラーがサイコロを振った途端に鐘づつのような蓋がされ、中身が見えない状態になります。

参加者は、このサイコロの見えない状態で大か小を決め、所定の位置に賭け金をベットします。

一定時間を過ぎると、チンチンと言うベルが鳴り、それ以上のベットが出来なくなります。

マカオのカジノ施設に入るとこのチンチンがどこからともなく聞こえてきて、テンションが上がります!

ディーラーがサイコロを振る以外に、コンピューターがサイコロを振る機械式のゲーム台があり、そこでは参加者の席の前に配置されたタッチパネルの画面上で、大小を予測して賭け金をベットしていきます。

広東語で話しかけられたらどうしよう、と心配な方は、こちらのゲーム機をおすすめします。

シックボー(大小)のゲームルール

シックボー(大小)の詳細なルールですが、先ほど4-10を「小」、11-17を「大」と説明しました。

サイコロ3つの出目には1+1+1=3、6+6+6=18もあり得ますが、3つのサイコロの出目が全て同じ(ゾロ目と言います)場合は、大でも小でもなく、「ゾロ目」と言う結果になります。

ゾロ目が出てしまうと、大に賭けた人も小に賭けた人も負けです。ディーラーに賭け金を没収されてしまいます。

逆に、ゾロ目が出ると踏んで、ゾロ目に賭けることが出来ます。

もしゾロ目が出た場合、ゾロ目に賭けていた人は高配当の利益をもらえます。

このゾロ目の予測して攻略することが、シックボー(大小)を面白く、そして深いカジノゲームにしているポイントです。

大か小に賭けた場合の配当倍率

まずは、通常の大もしくは小のどちらになるかで賭けた場合ですが、

出目の合計 配当倍率 出目のパターン 確率
1 出目の合計が11-17になるパターン全て 48.61%
1 出目の合計が4-10になるパターン全て 48.61%

ご覧の通り、50%にはなりません。ゾロ目の可能性が2.78%あるためです。

「トータル」で賭けた場合の配当倍率

トータルとは、サイコロの出目の合計値がどの数字になるかに絞って賭ける方法です。

大か小かではなく、合計値をピタリと当てるため、高配当が期待できます。

出目の合計 配当倍率 出目のパターン 確率
4 60
  • dice1dice1dice2
1.39%
5 30
  • dice1dice1dice3
  • dice1dice2dice2
2.78%
6 17
  • dice1dice1dice4
  • dice1dice2dice3
4.17%
7 12
  • dice1dice1dice5
  • dice1dice2dice4
  • dice1dice3dice3
6.94%
8 8
  • dice1dice1dice6
  • dice1dice2dice5
  • dice1dice3dice4
  • dice2dice2dice4
  • dice2dice3dice3
11.11%
9 6
  • dice1dice2dice6
  • dice1dice3dice5
  • dice1dice4dice4
  • dice2dice2dice5
  • dice2dice3dice4
11.11%
10 6
  • dice1dice3dice6
  • dice1dice4dice5
  • dice2dice2dice6
  • dice2dice3dice5
  • dice2dice4dice4
  • dice3dice3dice4
12.50%
11 6
  • dice1dice4dice6
  • dice1dice5dice5
  • dice2dice3dice6
  • dice2dice4dice5
  • dice3dice3dice5
  • dice3dice4dice4
12.50%
12 6
  • dice1dice5dice6
  • dice2dice4dice6
  • dice2dice5dice5
  • dice3dice3dice6
  • dice3dice4dice5
11.11%
13 8
  • dice1dice6dice6
  • dice2dice5dice6
  • dice3dice4dice6
  • dice3dice5dice5
  • dice4dice4dice5
11.11%
14 12
  • dice2dice6dice6
  • dice3dice5dice6
  • dice4dice5dice5
6.94%
15 17
  • dice3dice6dice6
  • dice4dice5dice6
4.17%
16 30
  • dice4dice6dice6
  • dice5dice5dice6
2.78%
17 60
  • dice5dice6dice6
1.39%

「トータル」でもゾロ目の場合は負けになりますので、それらのパターンを外して確率を計算しますが、配当倍率についてはマカオのカジノでは異なる場合があります。

マカオのトータル配当率の違い

出目の合計 配当倍率 確率
4 50 1.39%
5 18 2.78%
6 14 4.17%
7 12 6.94%
8 8 11.11%
9 6 11.11%
10 6 12.50%
11 6 12.50%
12 6 11.11%
13 8 11.11%
14 12 6.94%
15 14 4.17%
16 18 2.78%
17 50 1.39%

合計値のうち、4もしくは17の時の倍率が少し低いですが、それ以上に5もしくは16の時の倍率がグッと下げられています。

この点、期待値も変わってきますので、ご注意ください。

「ワンダイ」で賭けた場合の配当率

ワンダイとは1から6の出目のうち、どの出目が出るかを指定する賭け方です。

3つのサイコロのうち、どれか1つでも指定した目が出れば勝ちなので、かなり期待値の高い賭け方です。

もちろん、大か小に賭けるよりも配当は高くなります。

1から6までのどの数字に賭けても、当然確率は同じです。

出目の合計 配当倍率 確率
1から6いずれかに賭けた場合 2 34.72%

「ペア」で賭けた場合の配当率

ペアとは、3つのサイコロのうち、どれか2つがゾロ目になると踏んで、その数字を指定する賭け方です。

出目の合計 配当倍率 確率
1〜6いずれのペアも 10 7.41%

ゾロ目に賭けた場合の配当率

シックボー(大小)の醍醐味、ゾロ目に賭ける場合の配当率ですが、当然、今まで以上の高配当になります。(滅多に出ないので)

狙って賭けるのは、ほぼ不可能と思われるかもしれませんが、実は何時間も大小を遊んでいると見えてくるんですね。なんとなく流れみたいなものが。

もし、次あたりゾロ目がくるな、と思ったら、積極的に賭けて行った方がいいです。

ゾロ目の指定 配当倍率 確率
何でも良いからゾロ目 30 2.78%
1から6のゾロ目を指定 180 0.46%

どの数字のゾロ目でも良いと言う賭け方をエニートリプルと呼びます。

通常の出目を指定したトリプルは180倍もの高配当です。(マカオでは150倍)

100倍と言ったら競馬で万馬券を当てるのと一緒ですね。

いや、出目を指定するなんて万馬券を当てるより難しい印象です。

とは言え、実際のゲームでは、上記の賭け方を複数組み合わせてコンビネーションで賭けていくことができます。

それこそ、全ての可能性に1チップずつを賭けることだって可能です。

もちろん、それでは収支が悪くなる一方ですが。。

確実に勝てる!? 大小のおすすめ必勝攻略法

シックボー(大小)では、短期間に資金が増えるおすすめの必勝法があります。

マーチンゲール法と呼ばれるカジノ定番の必勝戦略ですが、詳細については以下の記事をご覧ください。

初心者でもわかるマーチンゲール法|理論上は必ず勝つ攻略法

この方法は、一言で言うと、負けたら次は倍かける!です。

この方法は、いつかは必ず勝てる勝ち方として、数学的にも証明されています。

シックボー(大小)の場合、大でも小でも一回当てるとチップが倍になります。

マーチンゲール法では、負けた場合、次のゲームで前回の倍のチップをベットしていきます。

実際のカジノでゲーム中に使ってみたところ、10分くらいで20倍にチップが膨れ上がりました。その時は、こんな簡単な必勝法があるのか、と思ったほど。

ただし、この必勝法、理論上は還元率100%の凄技ですが、注意が必要です。

シックボー(大小)に限らず、他のカジノゲームでもそうですが、賭けれるチップには上限があります。

この上限値をマックスベットと言い、マックスベットで負けてしまうと、次にその倍額を(たとえ資金に余裕があっても)賭けることはできません。

チップ1枚からスタートして、連続で8回負けた場合、9回目のゲームではチップ256枚賭ける事になります。

チップの最少額が1香港ドル(=日本円で13円)なので、256香港ドル(=3400円)は、かなりキツイですね。

そこで、私がおすすめするのは、大か小が4回連続で出た後、ゲームに参加、その逆の大を賭け続けるという方法です。(大小逆でも勿論OK!)

そして、賭け始めてからはマーチンゲール法を使っていきます。

小が4回続いた後、さらに3回続くというのはちょっと考えにくいので、大に賭けていけば当たる確率が上がる、、と言う必勝法です。

マーチンゲール法を発動するタイミングを調整するわけです。

幸い、ディーラーのいるリアルなシックボー(大小)でもオンラインカジノにも存在するゲーム機型のシックボー(大小)でも、どちらも過去10回くらいの出目が履歴として一覧表示されているので、記憶力は必要ありません。

初心者におすすめの攻略法

カジノ全般に言えますが、シックボー(大小)を初めて遊ぶ方は、まずは大小がどういう流れで登場しているか、しばらくゲーム観戦するのが攻略の近道です。

そろそろ大かな、とか、小が続くな、とか、予想できた段階で、少額のチップから大小どちらかに賭けてみてください。

シックボー(大小)は、テーブルに着席しても、すぐに席を外せます。

流れが悪いと思ったら、他に移ったり、しばらく休んで観戦する事もできます。

大小の予想が困難だったり、ゾロ目がきそうな予感がしたら、数ゲーム休むのもアリです。

また、基本的に9〜12は頻出値なので、大小どちらか決めたら、

  • 小なら9、10
  • 大なら11、12

に賭けていく攻略法もあります。

こうした複数枠を賭ける攻略法(コンビネーション攻略)を覚えると、シックボー(大小)も高確率で資金を増やせるゲームになります。

そして、何かが見えたら!?、ゾロ目に賭けて、30倍の高配当を狙いましょう。

高配当に期待大!スーパーシックボーの魅力

オンラインカジノやゲーム機のカジノテーブルでは、通常のシックボー(大小)の他に、スーパーシックボーという高配当が出る大小です。

通常のシックボー(大小)との違いは、自分の賭けたエリア(大小、ワンダイ、ペア、トリプルなど)にジャンピングチャンスとして、通常倍率の2倍以上の倍率が設定されます。

オンラインカジノやゲーム機の大小限定ですが、嬉しい要素が追加されたカジノゲームです。

出目の合計値 通常配当 ジャンピング時
4 or 17 50倍 500倍
5 or 16 18倍 250倍
6 or 15 14倍 88倍
7 or 14 12倍 50倍
8 or 13 8倍 30倍
9 or 12 6倍 25倍
10 or 11 6倍 25倍

上の一覧を見ていただくと目を疑ってしまうような高配当です!

ただし、賭ける時点では、どのエリアにジャンピングチャンスが隠されているかは分かりません。

そのため、大小自体の攻略・必勝法では無いですが、一撃でチップが増えますので、カジノプレーヤーとしては嬉しい要素です。

攻略まとめ

大小は、アジア圏のカジノ施設には必ずあるカジノゲームです。

マカオでは特に入り口付近に設置されていることが多く、VIPというより庶民的なカジノゲームとして親しまれています。

何人かの友人を連れて遊びに行くと、お昼ご飯を食べながら、各自が創造した攻略方法を自慢し合う、なんてことも多いです。

本当かな?と思いながらも、よーし、次はその攻略方法で勝負するか!と内心思ったり。

そんな楽しさのあるシックボー(大小)は、アジア圏のカジノでもオンラインカジノでもおすすめできる素晴らしいカジノゲームです。

ページTOPへ