オンライカジノで連敗の損失リスクを抑えらえる「ココモ法」の攻略法を解説

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/10/11 更新

3倍の配当を得られるゲームで使い、利益を出していくココモ法

連敗してもあまり損失を出さず、連勝をしなくても1回の勝利で利益を確定できるメリットを持っています。

ただ、ルールが複雑で、更に確率の低い倍率を狙うことになるというデメリットもあります。

この記事では、ココモ法について説明します。どのようなルールで使うのか、対応しているゲームは何かなど、ココモ法を使う際の条件等について解説します。

ココモ法とは?

ココモ法は、3倍の配当を持つゲームに対して、ベットするルールに従ってギャンブルを行うという攻略法です。

カジノでも多く利用されている手法であり、軍資金が足りなくても続けやすい傾向にあります。

この攻略法ですが、システムで賭け金が決まる形となっています。

このルールを守らないと、収支の問題が発生して勝てなくなります。

その一方で、ベットのルールを守れば、連敗している状態でも1回の勝利で利益に変えられるため、延々とゲームで遊ぶ必要はありません。

また、ココモ法は他の攻略法と組み合わせなくても使えるというメリットを持っています。

賭け金の計算さえ間違えなければ、応用なども考えずにこの攻略法単独でゲームに勝利できます。

ルールをしっかり守っておけば、勝利できる確率はかなり高くなるでしょう。

ココモ法はオンラインカジノのルーレットでよく用いられています。

競馬やボートレースでも、単勝であれば使える可能性がありますが、一番向いているのはルーレットです。

上手に使えば、ルーレット最強の攻略法となってくれる、まさに必勝法なのです。

ココモ法の使い方

ココモ法は指定されたルールに沿って賭け金を増やしていく方法です。

まずはベットの方法を覚えなければなりません。

実際にベットする際のルールはこのように設定されています。

  • 最初の2回は1ドル
  • 3回目以降は前々回の賭け金+前回の賭け金をベットする
  • 連敗が続いている間はココモ法を続行する
  • ゲームに勝利した段階で終了

このようなルールが適用されています。

最初の2回は1ドルからスタートしますが、連敗が続いた場合はゲームで使うベット額を増やします。

このルールが前々回と前回の賭け金を参照するため、連敗すればするほどベット額は増えていきます。

実践でベットする際、以下の表のような形で賭け金を増やしていきます。

ゲーム数 賭け金
1 1ドル
2 1ドル
3 2ドル
4 3ドル
5 5ドル
6 8ドル
7 13ドル

このように、ベットは負ければ負けるほど増えていきます。

連敗すると賭け金と挑戦するゲーム数が増えていきます。

一見すると、連敗を続けて実践回数を増やしていくのはデメリットのように思われますが、ココモ法は負ければ負けるほど勝利時の配当を増やせるメリットがあります

つまり、負けるゲームが多いと利益は増えていくのです。

実際にゲームで得られる配当は以下の表を参照してください。

ゲーム数 賭け金 配当 利益
1 1ドル 3ドル 2ドル
2 1ドル 3ドル 1ドル
3 2ドル 6ドル 2ドル
4 3ドル 9ドル 2ドル
5 5ドル 15ドル 3ドル
6 8ドル 24ドル 4ドル
7 13ドル 39ドル 6ドル

※ゲームの配当は3倍

このように、配当はゲームに負ければ負けるほど増えます。

つまり、連敗することに価値がある攻略法がココモ法なのです。

ココモ法とは、連敗を続けて賭け金を増やしつつ、どこかのタイミングでゲームに勝利して利益を得るという、連敗を上手に使う手法なのです。

ただ、ココモ法には注意すべき点があります。

  • ゲームの倍率は3倍で固定
  • ゲームで勝つまでココモ法を続行する

特に気をつけたいのが、ゲームの配当倍率が3倍という部分です。

3倍は2倍のゲームに比べて的中確率が低く、3分の1程度の勝率となります。

場合によっては、10連敗や20連敗という事例も発生します。

これを考慮して、事前に軍資金を確保する必要があります。

ココモ法に向いているゲーム

ココモ法を利用する際は、向いているゲームを見つける必要があります。

先程も説明したとおり、ココモ法は倍率が3倍のゲームで利用しなければなりません

2倍のゲームで使っても利益は出ず、4倍以上で使うと確率が悪くて負ける可能性が高くなります。

そのため、絶対に3倍のゲームでベットしなければなりません。

実際にココモ法に向いているゲームは以下の通りです。

  • ルーレット
  • シックボー(条件付き)

これらのゲームで使えます。

ただ、シックボーはサイコロの数字を2つ的中させるという条件がつくため、倍率が3倍で安定させられない場合が多くなります。

つまり、ココモ法はルーレット以外でほぼ用いられません。

ルーレットがココモ法に適している理由として、3倍のベットが行いやすいという点があります。

  • ダズンベット(1~12,13~24,25~36)
  • コラムベット(縦1列へのベット)

この2つのベットであれば、確実に3倍の配当を得られるため、安心してゲームに挑戦できます。

ゲームの勝利確率も30%以上で、比較的高い的中率が望みやすいと言えます。

これ以外のベットでは、倍率が2倍、または4倍以上に設定されるためココモ法は利用できません。

ベットする際のルールを覚えて、ゲーム中に間違って賭けないようにしましょう。

ココモ法のメリット

ココモ法のメリットは以下の通りです。

  • 1回勝利すれば利益を確定できる
  • 実践回数が少なくて済む
  • 必要な賭け金が少ない

これらのメリットがあります。

利益を出しやすいこと、そして実践回数を抑えてゲームで利益を出せるという利点があります。

ここからは、ココモ法のメリットについて詳しく説明します。

1回勝利すれば利益を確定できる

ココモ法は1度勝利すれば、どの状況でもプラスに持っていけます。

連敗がどれだけ続いていたとしても、最終的に1回だけ勝てば利益を確定させられます。

つまり、1勝10敗でもココモ法なら勝利できるのです。

どれだけ負けても取り返せるという意味では、マーチンゲール法に近い手法でもあります。

しかし、マーチンゲール法と異なり、連敗すれば利益が増えていくというメリットがあります。

どれだけ負けても逆に期待できる攻略法はココモ法だけでしょう。

実践回数が少なくて済む

ココモ法は実践回数が少なくて済むため、短時間で利益を確定させてゲームを終えることができます。

ルーレットで用いられる攻略法ですが、勝利確率32%程度のゲームですので、そこまで連敗が続く可能性は高くありません

場合によっては1ゲーム目で勝利できる可能性があり、1回で利益確定が可能です。

連敗することに大きな意味を持つココモ法ですが、連敗しなくても短時間で利益を確定して勝利できるというのが大きなメリットと言えます。

必要な賭け金が少ない

ココモ法は賭け金を抑えられるメリットがあります。

負けている金額を取り返すという意味では、マーチンゲール法も同じです。

しかし、2つの攻略法では使う金額が異なります。

ココモ法 マーチンゲール法
1ドル 1ドル
1ドル 2ドル
2ドル 4ドル
3ドル 8ドル
5ドル 16ドル
8ドル 32ドル
13ドル 64ドル

このように、ココモ法のほうが圧倒的に使う金額が減ります。

同じ連敗をしているのに、マーチンゲールは賭け金が膨大になってしまいます。

ココモ法は資金を抑えられるため、負けているものの安心してゲームを続けられるのです。

ゲームに使う金額が少ないという部分は、破産の心配がないというメリットもあります。

上記の表はシミュレーションではありますが、同じように賭けていけば負けてもある程度の軍資金を残してゲームを続行できるのです。

これがココモ法のメリットであり、高く評価される要素です。

ココモ法のデメリット

ココモ法はメリットもありますが、デメリットもあります。

  • ベットの計算が面倒
  • 3倍のゲーム以外に対応しておらず使いづらい
  • 損切りのタイミングが難しい

これらのデメリットを持っています。

実は損切りのタイミングがシビアで、間違えると大きな損失に繋がる恐れもあります。

ここからは、ココモ法のデメリットについて詳しく説明します。

ベットの計算が面倒

ココモ法はベットの計算が面倒で、間違える可能性があります。

ココモ法はこのような計算式でベットを計算します。

  • 前々回の賭け金+前回の賭け金

この方法は、前回の賭け金は覚えているものの、前々回の賭け金がわからず、ベットを間違える可能性があります。

ベットを間違えると利益が出ない、または過剰にお金を使って失敗するというケースがあります。

計算は面倒かもしれませんが、正しくココモ法を進めていかないと実践中に賭け金を間違え、混乱する可能性が高まります。

メモを取るようにして、賭け金は覚えておくように心がけましょう。

3倍のゲーム以外に対応しておらず使いづらい

ココモ法は3倍以外のゲームに対応しておらず、ゲームの選択肢が狭くなります。

手堅く勝ちたいなら、確率50%のゲームに挑戦すればいいでしょう。

この場合は配当が2倍となりますが、確率50%のゲームでココモ法を使うと損失だけが増えてしまうのです。

以下の表は、倍率2倍のゲームでココモ法を使った際の検証です。

賭け金 配当 損益
1ドル 2ドル 1ドル
1ドル 2ドル 0ドル
2ドル 4ドル 0ドル
3ドル 6ドル -1ドル
5ドル 10ドル -2ドル
8ドル 16ドル -4ドル
13ドル 26ドル -7ドル

このように、3連敗までは耐えられますが、4連敗以上になるとマイナスに転じ、ベットよりも配当が減ります。

連敗が続けば更にマイナスが増えるため、ココモ法のメリットが失われてしまうのです。

確率50%で勝てるゲームとしては、ブラックジャックやバカラ、ルーレットの赤黒などがあります。

しかし、ココモ法には向いていないため、利用しないように心がけましょう。

損切りのタイミングが難しい

ココモ法は損切りのタイミングを間違えてしまい、次のゲームに挑戦できない場合があります。

連敗が10以上に到達すると、賭け金もかなり膨大になります。

20連敗になると賭け金が100ドルを超えてしまい、次のゲームに挑戦できない確率が高まります。

余裕のある軍資金が確保できないと、ココモ法のやり方ではベットが足りなくなってしまいます。

負けが込んでいる場合は損切りも検討しましょう。

具体的には、60ドル以上の負けが生じた場合は撤退するなどの戦略を考えるのです。

ココモ法と似ているモンテカルロ法とは?

ココモ法と似た方法を利用する攻略法として、モンテカルロ法があります。

モンテカルロ法とは、最初に1・2・3という数字をメモに書き、この両端の数字を足してベットします

勝った場合は両端を消し、負けた場合は右端の数字に1を足した数字を記載し、次のゲームに入ります。

モンテカルロ法とココモ法は、賭け金の推移が似ている傾向にあります。

実際に比較すると、よく似たベットが展開されます。

ココモ法 モンテカルロ法
1ドル 4ドル
1ドル 5ドル
2ドル 6ドル
3ドル 7ドル
5ドル 8ドル
8ドル 9ドル
13ドル 10ドル

※モンテカルロ法は連敗した場合のベット額

一見すると似ているように思われますが、モンテカルロ法は数字の両端を足すという形式から、連敗するとただ1ドル賭け金が増えるだけです。

一方で、ココモ法は前々回と前回のベット額を参照するため、連敗すると賭け金が増えます。

ココモ法、モンテカルロ法の双方が3倍のゲームに適している攻略法で、ルーレットで用いられます。

ただ、モンテカルロ法は2倍のゲームでも利益を出せる可能性があるため、ココモ法よりも柔軟にゲーム選択できるメリットがあります。

ただ、モンテカルロ法は実践でも複雑なベットが求められるため、利益を出すためにはメモが必須となります。

また、稀に2倍のゲームで損失が確定して終了する場合があるなど、低確率でモンテカルロ法は負けてしまいます。

確実に勝てるココモ法に比べると安定感のない手法となります。

モンテカルロ法の詳細はこちら

ココモ法の改良を考えるなら

1ドルスタートのココモ法でスタートしても、利益は微々たるものとなります。

そこで、より多くの利益を出すためにベット額を増やす方法があります。

ココモ法とは、賭け金を増やしてスタートしても問題のない攻略法です。

例えば、賭け金を倍にしてスタートする方法があります。以下の表は賭け金を倍にした時の数字です。

賭け金 配当
2ドル 6ドル
2ドル 6ドル
4ドル 12ドル
6ドル 18ドル
10ドル 30ドル
16ドル 48ドル
26ドル 78ドル

2倍に賭け金を変えると、配当も倍になります。

連敗確率がやや高い3倍のルーレットでも、満足できる利益を得られるのです。

初期のベット額を増やしてさらなる利益を追求する方法は、ココモ法の改良として最も用いられています。

ただ、初期のベット額を増やすと、軍資金も多く必要となります。

目安としては3ドル程度の金額まででスタートし、残高不足にならないように気をつけてゲームを進めましょう。

ハイリスクハイリターンを狙うためには、事前にお金を準備する必要があります。

意図的な連敗は狙うべき?

ココモ法の改良方法として、初期にわざと負けるような方法を取り、利益を増やすという方法があります。

これは、わざと連敗確率の高いルーレットのベットを数回繰り返し、連敗を作ります。

その後、通常通りに3倍の利益を得られるベットに賭けて、勝利を収めて利益を作り出すというものです。

一見すると効率のいい方法のように思われますが、元々連敗確率の高いベットに挑戦する以上、実は意味のない行為です。

途中で勝ったらまたココモ法を1からスタートさせればいいだけですので、わざと連敗して利益を増やすという方法は使わなくてもいいでしょう。

また、賭ける場所をダブル、つまり2つのベットを組み合わせて連敗を避けるという方法もあります。

しかし、この方法は利益が失われるためあまり効果的ではありません。ベットは3倍の配当を得られるどこか1つだけに抑えるようにしましょう。

まとめ

ここまでココモ法について説明しました。

ココモ法とは、簡単にまとめるとこのような攻略法です。

  • 前回と前々回の賭け金を参照してベットする攻略法
  • 3倍のゲームでしか使えない
  • 連敗確率は高いが1回勝てば利益を得られる

連敗する可能性は高いものの、1回で利益に変えられる、ルーレット最強の攻略法です。

ただ、ココモ法とはゲームに負ける回数が増える手法ですので、連敗が続くことを考慮してお金の準備を進める必要があるでしょう。

ルーレットでよく使われる攻略法ですが、覚えておくと競艇などでも応用できます。

ギャンブルが好きな人は、ベット方法やココモ法の改良を踏まえて、理想的な賭け方を考えてください。

オンラインカジノで使える戦略一覧はこちら

ページTOPへ