オンラインカジノでメジャーなゲーム「クラップス」の攻略法

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/9/1 更新

カジノの定番ゲームである『クラップス』。クラップスはサイコロを使ったシンプルなゲームで、プレイヤー自らサイコロを振れるため人気が高いゲームでもあります

初心者の方はシンプルにゲームを楽しむことができ、慣れてきたらさまざまな賭け方を実践できるので攻略しやすいゲームといえるでしょう。

そこで今回はカジノゲームであるクラップスについて解説します。基本ルール・遊び方や攻略法についても解説するので参考にしてみてください。

クラップスとはどんなゲーム?

クラップスとはどんなゲーム?
クラップスはアメリカ発祥のカジノ・オンラインカジノの中でもメジャーなゲームであり、シンプルで気軽に遊びやすいことから人気があります

基本的なルールは非常にシンプルで、サイコロを2つ振り出目の合計数を予想するというものです。また、通常のカジノゲームの場合、サイコロを振るのはディーラーですが、クラップスはプレイヤー自身がサイコロを振れることからも人気の理由の1つです。

特定の出目が出るまでサイコロを振り続ける

クラップスは自分の好きな数字を予想するのではなく、ルールで定められた特定の数字の組み合わせを予想するゲームです。

例えば、一投目は出目の合計が「7」か「11」が出ればプレイヤーの勝ち、「2」「3」「12」が出れば負け、というようにルールが決まっています。

「サイコロの出目を予想する」というシンプルなゲームですが、攻略するためにはどのような出目の組み合わせで勝敗が決まるのか押さえておく必要があるでしょう。

また、[pt]一投目の場合は「2」「3」「7」「11」「12」以外の出目が出た場合はやり直しになり[/pt]、該当する数字が出るまでサイコロを振り続けます。また、クラップスは勝敗が決まるまで自分で賭け方を選べるので攻略の幅が広いゲームといえます。

ゲームの流れ

ゲームの流れ クラップスを攻略するためにも、どのようなゲームの流れになるか見ていきましょう。

シューターを決める

クラップスは[em]1人から複数人まで同時にゲームをすることができます。1人でプレイするときはサイコロを振る人=シューターは自分になりますが、複数人プレイヤーがいる場合は誰か一人がシューターになります。

シューターはゲームの勝敗が決まるまでの間(1シーズン)を同じ人が務めます。

一投目の出目を予想する

一投目の場合、シューターが勝つか負けるかを予想して賭けます

先程の通り、「7」か「11」が出た場合はシューターの勝ちとなり、これを「パスライン」と呼びます。「2」「3」「12」の場合はシューターの負けになり、これを「ドントパス」と呼ばれます。

本場のカジノ(ランドカジノ)でクラップスを複数人で行う場合、もともとクラップスは勝ちを分かち合うのが醍醐味のゲームなので、「ドントパス」(シューターが負ける方)に賭けると場が白けてしまいます。

そのため、ドントパスに賭けるのはマナー違反という考え方もあり、パスラインしか賭けられない場合もあるので注意しましょう

一投目を振る

一投目の出目によって、今後の進行が変わります。このようにクラップスは出目によってその後の進行が変わるので注意しましょう

  • シューターが「7」か「11」を出す→勝ちで1シーズン終了
  • シューターが「2」「3」「12」を出す→負けで1シーズン終了
  • シューターが4~10を出す→2投目へ移行

二投目を振る

一投目でシューターが4~10を出した場合、二投目へ続投になります。この場合も、シューターが出した出目によって勝敗が決まります

  • 一投目と同じ数字が出る→勝ちで1シーズン終了
  • 「7」が出る→負けで1シーズン終了
  • れ以外の数字が出る→三投目へ続投、勝敗が決まるまでサイコロを振り続ける

二投目以降はさらにさまざまな賭け方があり、その賭け方によって配当や出目が出る確率や勝率が変わります。

勝敗が決まったら次のシーズンへ

クラップスのゲームが終了し1シーズン終了したら次のシーズンに移行します。次のシーズンに移行するときは、シューターは別のプレイヤーが行います。シューターによって攻略のしやすさは変わりません。

攻略に必要な出目の組み合わせ

攻略に必要な出目の組み合わせ
サイコロを2つ投げる時の合計の最小は「2」で最大は「12」あり、組み合わせは全部で36通りあります。

以下の表のように組み合わせによって勝率は異なるため、数字を押さえておくことで攻略しやすくなるでしょう

合計数 組み合わせ 確率
2 dice1 dice1 2.8%
3 dice1 dice2 5.6%
4 dice1 dice3
dice2 dice2
8.3%
5 dice1 dice4
dice2 dice3
11.1%
6 dice1 dice5
dice2 dice4
dice3 dice3
13.9%
7 dice1 dice6
dice2 dice5
dice3 dice4
16.7%
8 dice2 dice6
dice3 dice5
dice4 dice4
13.9%
9 dice3 dice6
dice4 dice5
11.1%
10 dice4 dice6
dice5 dice5
8.3%
11 dice5 dice6 5.6%
12 dice6 dice6 2.8%

クラップスの賭け方・配当一覧

クラップスの賭け方・配当一覧
クラップスは出目の組み合わせによって賭け方が異なります。この賭け方によって当たる確率と配当の倍率は変わるので、戦略や攻略法を考えるときの重要な要素になります。

ここからはクラップスを攻略するために、基本となる賭け方と配当の倍率について紹介します。

一投目時点で『勝敗』の賭け方

まずは、一投目時点での賭け方を紹介します。

パスライン

配当は1:1

パスラインはシューターが勝つ方に賭ける方法。一投目に「7」か「11」が出れば勝ちで、「2」「3」「12」が出ると負けです。一投目で勝敗を決める数字以外の数字が出ると二投目に移行になり、一投目と同じ数字(ポイントナンバー)が出ることでシューターの勝ちです。

二投目以降はポイントナンバーが出るまでサイコロを振り続けますが、ポイントナンバーが出るまでに「7」が出ると負けになります。

ドントパス

配当は1:1

ドントパスはシューターが負ける方に賭ける方法です。一投目で「2」か「3」が出れば勝ち、「7」と「11」が出れば負けになり、「12」が出れば引き分けです。

他の数字が出て二投目になった場合、一投目のポイントナンバーが出るまでに「7」が出れば勝ちになります。

二投目以降の『勝敗』の賭け方

二投目以降は一投目時点とは違う賭け方を行えます。状況に応じて賭け方を変えて攻略してみましょう。

カム

配当は1:1

カムは、二投目以降であればいつでもパスラインに賭けることができます。二投目以降になるため、一投目に出たポイントナンバーが出れば勝ちになり、「7」が出れば負けになります

ドントカム

配当は1:1

ドントカムは、カムと反対で二投目以降であればいつでもドントパスに賭けられる方法です。ポイントナンバーが出るよりも前に「7」が出れば勝ちになり、ポイントナンバーが出れば負けになります

オッズベット

配当は6:3~5

オッズベットは、パスライン・ドントパス・カム・ドントカムを選び、ポイントナンバーが決まった後に、賭け金を増やすことができる方法です。パスラインなどで賭けた金額と同じ額か、2倍まで賭けることができます。

一投目以降の『数字』の賭け方

クラップスは出目による勝敗に賭けるだけでなく、出目の数字を予想して賭けることもできます。まずは一投目以降の数字を予想する賭け方を紹介します。

プレイスベット

配当は7~9:1

プレイスベットは一投目以降に「4」「5」「6」「8」「9」「10」のいずれかのポイントナンバーが出ることに賭ける方法です。この場合でも、7が出る前にそのナンバーが出れば勝ちです。1つでも、複数の数字に賭けることもできます。

ビッグシックス

配当は1:1

ビッグシックスは「6が出れば勝ち」、「7が出れば負け」になる賭け方です。「6」と「7」以外の目が出なかった場合は、継続して勝負が行われます

ビッグエイト

配当は1:1

ビッグエイトはビッグシックスと同じように「8が出れば勝ち」、「7が出れば負け」になる賭け方です。「8」と「7」以外の目が出なかった場合は、継続して勝負が行われます

二投目以降の『数字』の賭け方

二投目以降の数字についても賭けることができます。では、どのような賭け方があるのか見ていきましょう。

バイベット

配当は2:1

バイベットはプレイスベットと同じように、「4」「5」「6」「8」「9」「10」になる数字に直接賭ける方法で、プレイスベットとは配当が異なります。二投目以降に賭けることができ、「7」よりも先に出れば勝ちになります。

レイベット

配当は3~5:6

レイベッドはバイベットとは反対に、先にベットしたポイントナンバーが出たら負け、先に「7」が出れば勝ちになります。

ハードウェイ

配当は7~9:1

ハードウェイは2~5までのいずれかのゾロ目に賭ける賭け方です。賭けた数字のゾロ目が出れば勝ちになり、「7」が出るか、賭けた数字のゾロ目以外が出た場合は負けになります。

二投目以降、その回に有効な数字に賭ける方法

二投目以降はさらにさまざまな賭け方ができるようになるので攻略の幅が広がります。では、どのような賭け方・攻略法があるのか見ていきましょう。

フィールドベット

配当は1:1

フィールドベットは、「2」「3」「4」「9「10」「11」「12」が出れば勝ち、それ以外の目が出れば負けという賭け方です。通常の配当は1:1になりますが、「2」と「12」が出た場合は2倍になります。

エニークラップス

配当は7:1

エニークラップスは「2」「3」「12」が出ることに賭ける方法です。

エニーセブン

配当は4:1

エニーセブンは次の1投で「7」が出ることに賭ける方法です。

クラップス2,3,12

配当は15~30:1

クラップス2,3,12は、クラップスナンバーである「2」「3」「12」のいずれかの数字に賭け、賭けた数字が出れば勝ち、それ以外であれば負けです。

イレブン

配当は15~30:1

イレブンは次の1投で「11」が出ることに賭ける方法です。

クラップスの攻略法

クラップスの攻略法
クラップスは賭け方によってある程度確率が決まっているゲームなので、配当を得られる確率が高い賭け方を選んでいくのが必勝法であり、攻略法といえるでしょう。

ここからはクラップスの攻略法について紹介します。

基本的な攻略法は『パスライン(カム)』+『オッズヘッド』

配当は低いですが、パスラインやカムなどの賭け方は勝率が50%前後になるため、勝つ可能性が高く攻略しやすいといえるでしょう。ドントパスなどにも同じことがいえますが、カジノや状況によっては賭けられないので、パスラインとカムが基本にベットするのがおすすめの攻略法です。

また、オッズヘッドによって追加ベットすることで配当を効率良く攻略しやすくなります。

チップコントロール法を実践する

カジノで勝つためには重要なことは、運や駆け引きでもなく、手持ちの資金のコントロールです。実際に賭け金によっては、勝負に勝ち越していても手持ちの資金がなくなってしまい攻略できなくなることも珍しくありません

そこで、チップコントロール法を実践し、リスクを抑えて勝負していけば勝てる確率は高くなっていくでしょう。特にクラップスのように勝率が約50%のゲームであれば攻略しやすいです。

例えば、マーチンゲール法は「理論上、必ず勝てる攻略法」と呼ばれており、勝率50%のゲームで有効活用できます。

マーチンゲール法負けたときに賭け金を倍にする方法で、どんなに連敗が続いても、1回勝つだけで負け分を回収でき、最初に賭けた金額分を手にすることができます

最初に賭ける金額を大きくすれば、コツコツ大きな金額を稼ぎやすいでしょう。希望の金額を得るまで続けるのが無難で確実な攻略法といえます。

ただし、最初に賭け金を大きくして、連敗が続くと用意する金額が大きく膨れ上がってしまうので注意が必要です。

理論上、必ず勝てる攻略法ですが、次の勝負ができなくなるほど資金が尽きてしまう可能性もあるので注意しましょう。他にもゲームを途中で中断する適切なタイミングを見極める攻略法などもあります。

攻略を実践!おすすめのオンラインカジノは?

攻略を実践!おすすめのオンラインカジノは?

カジノシークレット

クラップスは人気オンラインカジノの「カジノシークレット」で遊ぶことができます。カジノシークレットの「Craps」は、スッキリとしたレイアウトでサイコロも見やすく遊びやすいのが特徴です。

カジノシークレットは初心者に優しいボーナスシステムを採用しており、気軽に遊べます。まず、ボーナスの出金条件はないので、ボーナスで大きく勝っても、無理してゲームを続けることなく出金できます。他にも負けてもお金が返ってくるキャッシュバックシステムもあるので安心感がありますよ。

まとめ

クラップスはサイコロ2つだけを使う非常にシンプルなゲームです。しかし、攻略するためには覚えるべき基本ルールがいくつかあるので、ゲームを始める前にしっかり確認しておきましょう。

また、ゲーム自体は非常にシンプルですが、賭け方は無数にあるので臨機応変にベットできるのも、クラップスの醍醐味といえます。状況に応じて賭け方を変えることで攻略しやすくなるでしょう。

クラップスの基本ルールや賭け方の組み合わせを押さえて、攻略してみてください。

ページTOPへ