オンラインカジノのルーレットやバカラにおすすめの「31システム法」を解説

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/3/15 更新

31システム法(31システム投資法とも呼ばれる)は、非常にローリスクで着実に利益を出せる攻略法です。

紙とペンで記録する必要があり独自の表を使うため、初めは難しく感じますが慣れれば簡単です。

また、資金に余裕のない人でも使える攻略法であることも、31システム法の魅力です。

今回は、ローリスクでかつ手堅く利益を出せる初心者にもおすすめの31システム法をわかりやすく解説します。

31システム法とは

31システム法は、2連勝するだけで利益が確定する、手堅い賭けを好む人におすすめの攻略法です。

また、ベット額も大きくないため大きな損失の心配もありません。

オンラインカジノを始めたばかりで、軍資金もそれほど多くない人は実践する価値がある攻略法と言えるでしょう。

31システム法は勝率が五分五分のゲームである

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ルーレット

に有効な方法です。

ちなみにですが、ブラックジャックも勝率が50%のゲームと言われますが、厳密に言うとブラックジャックは前のゲームに出た手札によって確率がじゃっかん変動します。

バカラやルーレットは「独立事象のゲーム」と呼ばれ、一回一回のゲームの勝率が50%です。

31システム法はブラックジャックにも有効ですが、攻略法によっては2倍配当で独立事象のゲームに有効という場合もあるため注意しましょう。

表で使い方をわかりやすく解説

31システム法は少し変わったベット法ですが、慣れれば初心者の人でもすぐに使える方法です。

下の表(ゲーム結果でなく31システム法に使用する表)は、31システム法における1セットを表しています。

a 1 1 1
b 2 2
c 4 4
d 8 8

表は以下のルールで使います。

  • 「1」「2」「4」「8」は賭け金を示す
  • 連敗した場合の賭けるベット額は「a-①の1ドル」➡「a-②の1ドル」➡「a-③の1ドル」➡「b-①の2ドル」…のように左上から右に向かって順番に賭けていく
  • 「a-③」➡「b-①」、「b-②」➡「c-①」、「c-②」➡「d-①」のように下に向かって賭けていく
  • aの段階(①~③)で勝利したら「b-①」、bの段階(①~②)で勝利したら「c-①」と下に向かって賭けていく

31システム法は、上の表を1セットとしてゲームを行い「2連勝した場合」と「9連敗した場合」に次のセット(同じ表を使用)に移行します。

1セットをすべて負けた(9連敗)としても損失は31ドルで抑えられます。

また、2連勝すると利益が確定して、次のセットに移行し同様に賭けるため、31システムは着実に利益を出せる方法と言われるのです。

ローリスクで着実に利益を出せるのか検証

31システム法は、本当にローリスクで着実に利益を出せるのかをオンラインカジノのルーレットで検証してみました。

全部で20ゲーム行い、ルーレットではすべて赤にベットしました。

ゲーム数 ベット額 勝敗 累計損益
1 1 -1
2 1 -2
3 1 -3
4 2 -5
5 2 -3
6 4 -7
7 4 -3
8 8 +5
9 1 +6
10 2 +8
11 4 +4
12 4 0
13 8 -8
14 8 0
15 1 -1
16 1 0
17 2 +2
18 4 +6
19 8 -2
20 8 -10

31システムを使いルーレットで20ゲームをした結果のまとめです。

  • ゲーム数:20ゲーム
  • 勝数:8
  • 負数:12
  • 連勝数:4
  • 連敗数:4
  • 累計損益額:-10

ルーレットで20ゲームをした結果、利益は上げられず10ドルという損失で終わることになりました。

負数の方が少し多いため仕方ないとも取れますが、負数と勝数はほとんど変わりません。

そこで、なぜ-10ドルという損失が出たのかの原因は20回のゲームから以下のように考えられます。

  • 8ドルという31システム上、最も高額のベットのときに負けていることが多い
  • 19回目と20回目のように8ドルのベットで2連敗すると損失が大きくなる
  • 4ドルと8ドルをベットする際に連敗している

上記の結果は、あくまで今回の20ゲームの検証の結果であるため、31システム法全体に言えることではありません。

しかし、傾向として上記のような、連敗時の損失が膨らむこと、連敗のタイミングで大きな損失を生むことは覚えておいて良いでしょう。

31システム法は、初めは表や賭け方に慣れる必要がありますが、今回のシミュレーションのように堅実に利益を出せるカジノ攻略法です。

初心者の方も31システム法を、ぜひバカラなどで実践してください。

31システム法の3つのメリット

31システム法のメリットは以下の3つです。

  • 2連勝すると利益を出せる
  • 資金管理がしやすく長くゲームを楽しめる
  • 初心者もカジノ好きも楽しめる

各メリットを詳しく見ていきましょう。

2連勝すると利益を出せる

31システム法の一番のポイントは2連勝するとそのセットでは確実に利益を出せるということ。

そのため。数あるカジノ攻略法のなかでも勝てる確率が高めのものとして知られています。

初心者の人で、損失を抱えて終わることが多い人は、ぜひ31システム法という勝つ方法を実践してみましょう。

ちなみに、31システム法のように堅実な賭け方を好む人には、バーネット法というカジノ攻略法もおすすめです。

バーネット法はシンプルなカジノ攻略法であり、コツコツ利益を出すという点では31システム法と似ていると言えます。

資金管理がしやすく長くゲームを楽しめる

31システム法は、1セットでも最大31ドルの損失のため、損失を予測しやすく、資金管理が容易です。

そのため、勢いや冷静さを失って無理な賭けに走ることなく、長くカジノを楽しめる方法と言えるでしょう。

ついゲームをすると熱くなって資金管理できないという人もこの方法を一度試してみましょう。

初心者もカジノ好きも楽しめる

31システム法は、使い方を覚えれば初心者の人でも簡単に使える方法ということは紹介しました。

しかし、実はプロやカジノ好きも31システム法をよく使います。

なぜなら、31システム法は賭け金を増やすことも可能だからです。

31システム法の基本的なベット額は「1,2,4,8」ですが、ベット額を大きくしたい人は基本的なベット額に同じ数字を賭けて使います。

ベット額を5倍にしたい人は「5,10,20,40」、10倍にしたい人は「10,20,

40,80」とすることで、よりスリルのゲームを楽しめます。 

そして、初心者もカジノ好きも共通して31システム法に魅力を感じるのは「ゲームを攻略している」感を味わえること。

例えば、マーチンゲール法のような場合、紙もペンも使わずに、前回賭けた分の倍額を賭けるという非常にシンプルな賭け方になります。

マーチンゲール法はハイリスク・ハイリターンというスリルこそありますが、使い方が簡単すぎるため「ゲームを攻略している」感を味わえません。

しかし、31システム法は紙に記入しながら賭け金を変えていけます。

1セットが終われば、次に賭け金を3倍などにして損失を回収したり、より利益を出すなども可能です。

カジノでは利益を出すことも大切ですが、本来はゲームを楽しむもののため、31システム法はカジノを楽しめる攻略法と言えます。

31システム法の3つのデメリット

反対に、31システム法のデメリットは以下の3つです。

  • 損失分を取り戻すのが難しい
  • 利益を出すのに時間がかかる
  • ルールに慣れる必要がある

各デメリットを詳しく見ていきましょう。

損失分を取り戻すのが難しい

31システム法は、基本的に1セットで最大31ドルの損失しか出ません。

しかし、負けた分である31ドルを31システム法を使って取り戻すのは難しいです。

なぜなら、リスクが小さい分、リターンも小さいからです。

特に、負けるタイミングや連敗するタイミングが高額ベットの際はかなり損失が大きくなります。

例えば、31システム法のセット始めに4連敗しても、損失は5ドルのみです。

しかし、31システムのセットの終盤に4連敗すると、24ドルの損失になります。

24ドルの損失を31システム法で取り戻すには、損失を出したときと同様にセット終盤で連勝するか、新たなセットで賭け金をあげる必要があります。

もちろん、賭け金を上げれば損失が膨らむリスクも高まります。

負けた分を31システム法を使って取り戻すためには、長くゲームをプレイし続けて利益を積み上げる必要があります。

利益を出すのに時間がかかる

31システム法は、コツコツと着実に利益を積み上げていく方法のため、利益を出すには時間がかかります。

また、1回のゲームで大幅な利益を出すことはできません。

少ない時間で、大幅な利益を得たいという、ハイリスク・ハイリターンを好む人には不向きなカジノ攻略法と言えるでしょう。

ルールに慣れる必要がある

初心者の人が31システム法を使うには独自の表や、少し変わったベットの仕方に慣れる必要があります。

また、31システム法を使うには紙とペンも必要です。

慣れれば難しい計算も必要ないため使い勝手が良いですが、慣れるのに時間のかかる人もいます。

ちなみに、31システム法のメリット「2連勝すると利益を出せる」でも紹介したバーネット法は使い方も簡単です。

賭け金を「1,3,2,6」と上げていくだけのシンプルなカジノ攻略法であり、紙やペンも必要ありません。

賭け金を抑えつつ簡単なカジノ攻略法を探している人は、一度バーネット法もバカラなどで試してみましょう。

手堅いゲームが好きな人にはバーネット法もおすすめ

31システム法と同じく、ローリスクで利益を出せる方法がバーネット法です。

バーネットも手堅さという意味で31システム法と共通しますが、バーネット法の方がよりシンプルで簡単に使えます。

バーネット法は別名「1326法」とも呼ばれ、勝つごとに賭け金を1,3,2,6ドルと上げていき、負けた場合はまた1ドルから賭け始めるだけです。

連勝するごとに利益が増えていく方法であるバーネット法ですが、損失の膨らみ方が31システム法とは異なります。

バーネット法は勝ち負けを交互に繰り返した場合に損失が大きくなる傾向にあります。

一方の31システム法は、終盤に連敗した場合に損失が膨らむ傾向です。

どちらが完全に優れた方法などは決まっていませんが、自身の軍資金の余裕などを考えて、適切な攻略法を選びましょう。

31システム法 バーネット法
メリット
2連勝すると利益を出せる 連勝時に利益が増える
メリット
資金管理がしやすく長くゲームを
楽しめる
連敗の損失も小さく長くゲームを
楽しめる
メリット
初心者もカジノ好きも楽しめる 初心者でも簡単に覚えて使える
デメリット
損失分を取り戻すのが難しい 勝ち負けが交互のときに
損失が出やすい
デメリット
利益を出すのに時間がかかる 長くプレイしないと
利益を出しづらい
デメリット
ルールに慣れる必要がある 大きな賭け金で刺激を求める人
には向かない
利益が
大きくなる
条件や
タイミング
ベット額が大きい際の連勝時 連勝時
損失が
大きくなる
条件や
タイミング
ベット額が大きい際の連敗時 交互で勝ち負けが出る時

上記の表で見ると、31システム法とバーネット法は「初心者も使える」「長くゲームを楽しめる」というメリットで共通しています。

一方、長くプレイしないと利益が出ないことも共通しています。

カジノには他にも様々な攻略法がありますが、その攻略法を知っておくことで、資金の余裕や自分に合った攻略法を選択できます。

攻略法を知ることで利益が出やすく損失を抑えやすくなることもありますが、何よりカジノをより楽しめるようになります。

まとめ

31システム法は、2連勝で利益を確定させる手堅いカジノ攻略法です。

また、賭け金も少なく、1セット最大31ドルの損失のため、ローリスクであることも魅力と言えるでしょう。

反対に、後半の4ドルや8ドルをベットしたゲームで連敗すると、損失が取り戻しにくくなることは注意点として把握しておきましょう。

2連勝で手堅く利益を積み上げられる31システム法をルーレットなどで使ってカジノを楽しんでください。

31システム法のメリット

  • 2連勝すると利益を出せる
  • 資金管理がしやすく長くゲームを楽しめる
  • 初心者もカジノ好きも楽しめる

31システム法のデメリット

  • 損失分を取り戻すのが難しい
  • 利益を出すのに時間がかかる
  • ルールに慣れる必要がある
ページTOPへ