仮想通貨ビットコイン(bitcoin)の入手方法やオンラインカジノの利用法

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/9/1 更新

ビットコイン(bitcoin)が暴騰し、投資目的として空前の仮想通貨ブームになって早2年近くが経ちました。2017年~2018年ほどの盛り上がりはないものの、ビットコインは高い価値を保っています。

日本円に換金しても1BTCあたり数十万はします。今からでも将来の「億り人」を目指してビットコインの購入を考えている人もいるでしょう。

そこで今回は、ビットコインの入手方法を分かりやすく解説していきます

簡単な方法から現状難しい方法までありますので、自分の運用に合った方法を選ぶようにしましょう。オンラインカジノにおけるビットコインの入手方法もまとめていますので必見です。

ビットコイン(bitcoin)の主な入手方法

ビットコイン(bitcoin)の主な入手方法
まずは、ビットコインの主な入手方法を簡単に紹介していきます。自分の状況に合った買い方・選び方をするようにしましょう。

  • 仮想通貨取引所で購入
  • 仮想通貨販売所で購入
  • ビットコインATMで購入
  • 誰かから送金してもらう
  • 取引所独自のプレゼント制度を活用する
  • マイニング報酬として入手する
  • ビットコインコンパス(bitcoin compass)での取引

仮想通貨取引所で購入

ビットコインの入手方法として最もポピュラーで分かりやすいのが、「仮想通貨取引所」にて購入する方法です。取引所とは、コインチェックやビットフライヤーなどのことを指します。

自分のアカウントを開設・登録するだけでビットコインを含む仮想通貨を購入することができます。利用する取引所によって最低取引単位は違いますが、一般的には0.001btcから購入可能です。

注意点としては、少額での取引であればメールアドレスのみで問題ないことも多いですが5万円以上の大きな取引をする場合には本人確認が必要になります。FX口座を作ったことがある人は同じ感覚で作れるでしょう。

仮想通貨販売所で購入

「取引所と販売所って違うの?」と思われるかもしれませんが、まったくの別物だと考えましょう。取引所は相対取引ですが、販売所による取引は「取引所が保有しているビットコイン」を買い付けることを指します。

販売価格は市場と連動しているのですが、取引所から購入するときと比べてスプレッド(価格差)が広くなりがちです。

販売所の大きなメリットは、取引所よりも購入できるタイミングが自由という点でしょう。取引所は市場に注文がある必要があります。

ビットコインATMで購入

ビットコイン専用のATMが設置されている場合、そこからビットコインの購入が可能です。ビットコイン専用のウォレットなどを所持していれば、端末のコードを読み込みQRコードをスキャンすれば即時に購入することができます。

ただし、ビットコインATMの設置数が少ないこと、購入する際の手数料を店側が決めれるなどのことを考えると余りおすすめできる購入方法ではありません

誰かから送金してもらう

ビットコインの特性としては、第三者を経由せずに個人間で取引できるというものがあります。第三者を経由しないということは、仲介手数料なども掛からないお得な入手方法の一つです。

受け取り方も簡単で、受け取り用の「ビットコインアドレス」を発行して相手に伝えるだけです。

ビットコインアドレスの発行方法も簡単で、仮想通貨を管理する「ウォレット」と同期しているアプリをデバイスにインストールすればできます(取引所でも発行可能)。

ただし、注意点として「ビットコインを送金した時点で取り消しは不可能」という部分を忘れないようにしてください。そのため、専用のビットコインアドレスは正確に伝える必要があります。

このアドレスの伝達ミスなどがありますと、まったく関係ない人に送金されたり、ビットコイン自体が消滅するトラブルに発展することもあります。

メモで残すよりも、コピーペーストで入力することを推奨したいです。QRコードを送る方法でも構いません。

取引所独自のプレゼント制度を活用する

入手方法としては限られるのですが、たとえばビットフライヤーであれば「ビットコインをもらう」という独自のプレゼントサービスを行っています。

ビットフライヤーが指定したサイトに登録したり、商品を購入することでビットコインがもらえるというサービスです。

もらえるビットコイン数はバラバラですが、基本的に購入した代金の数%分をビットコインとして受け取ることができます。商品もゲットできてビットコインまでもらえますので、効率良い入手方法とも言えます。

中には無料登録のみで反映されるものもあれば、クレジットカードの発行のみで反映されるものもあります。キャッシュバックでもらったビットコインが将来的に何十倍になる可能性があるだけでもおすすめです。

マイニング報酬として入手する

ビットコインの入手方法のうち、最も困難なのがマイニング(採掘・発掘)です。マイニングとは、ビットコイン取引が正常であるのかを検証し、証明できた人にお礼としてビットコインを報酬として送られる入手方法です

マイニングに成功した人には報酬が与えられますが、それ以外の人はいくら頑張ったとしてもビットコインを貰えることはありません。マイニングは基本的に個人戦ですので、1位になるために大規模な設備が必要になります。

それに加えて膨大な電力を使いますので、マイニングに失敗したら初期費用だけでなく電気代も負担することになります。日本は電気代が高いので、ビットコインももらえず電気代だけ数万円支払うなんてこんな無駄な出費はありません。

中国はマイニングに力を入れています。詳しくは後述しますが、ビットコインの入手方法としてマイニングは一番おすすめできないものです。少なくとも個人でマイニングを考えている人は一度考え直しましょう。

ビットコインコンパス(bitcoin compass)での取引

ビットコインコンパスとは、誰でも簡単に「ビットコイン」と「暗号通貨市場」から利益を取れる自動取引ソフトウェアのことです

非常に強力なのに対して利用方法は簡単で、これからビットコインを始めてみようかと考えている人にもおすすめとなっています。利用料金も無料ですので、初期費用などの心配も必要ありません。

「今までビットコインコンパスなんて聞いたことない」という人でも安心してください。これは正規の取引ソフトウェアです。

すべての操作が自動化されているため、市場の分析も短時間で完了することができます。ビットコインの取引を成功させるためにも導入を検討してみてましょう。

マイニングは高難易度の入手方法

マイニングは高難易度の入手方法
マイニングはビットコインの暴騰を機に参加する人が急増し、どのような設備を揃えるのか盛り上がったこともあります。しかし、2020年10月の時点でビットコインのマイニングを考えている人は、下記を読んで考え直してみましょう。入手方法としては最も難易度が高い方法です。

  • 現状個人でのマイニングで入手することは不可能
  • ビットコイン以外の仮想通貨であれば可能性アリ
  • ビットコインをどうしてもマイニングしたい人

現状個人でのマイニングで入手することは不可能

「ビットコインをマイニングして報酬として一気に入手したい!」と思っている人もいると思いますが、ハッキリ言って現状個人レベルの設備ではビットコインをマイニングすることは不可能です。

ビットコインは価値が高いためライバルが多いだけでなく、事業者レベルで大規模な設備を所持していることがほとんどです。いくら優秀なグラフィックボードを何十枚と組み込んでも100%勝てません。

初期費用だけ掛かって回収できないのがオチです。入手方法として個人マイニングはやめておきましょう。

ビットコイン以外の仮想通貨であれば可能性アリ

ビットコインのマイニングは不可能ですが、もしマイニングを試してみたい人はビットコイン以外の仮想通貨で挑戦してみることをおすすめします。

まだ知名度も価値も低い仮想通貨であれば、個人レベルの設備でもマイニングすることは可能です。もしかしたら今後その仮想通貨がビットコインのように暴騰して資産が大幅に増える可能性もあります。

ビットコインをどうしてもマイニングしたい人

どうしてもマイニングでビットコインを入手したい人は、「マイニングプール」といったサービスを利用してみましょう。

マイニングに必要な費用をグループで出し合い、ビットコインがマイニングできれば提供割合に応じて分配されるサービスです。これであれば可能性はあります。

ただし、提供額が少なければ分配も少ないですし、もしマイニングできなければ分配自体ない可能性も考えられます。利用する際には、しっかりと事前確認をしておきましょう。

購入したビットコインは必ずコールドウォレットで保管する

購入したビットコインは必ずコールドウォレットで保管する
ビットコインを購入したら必ず「コールドウォレット」で管理するようにしましょう。コールドウォレットとは、オフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットです。

取引所などオンライン上で保管するホットウォレットは推奨しません。手続きや操作方法、入出金の手間などはホットウォレットの方が簡単なのですが、ハッキングや不正流出の危険性が非常に高いです。

実際にコインチェック(coincheck)では、大規模な流出トラブルがありました。

コールドウォレットには「ローカルウォレット」、「ペーパーウォレット」、「ハードウェアウォレット」などがあります。

それぞれ入出金や残高の確認が面倒だったり、初期費用がかかってくるなどのデメリットがありますが、セキュリティ面に関しては非常にレベルが高いです。

ビットコインは1BTCでも非常に高い資産価値があります。国の保障がないからこそ、ビットコインの安全を守るのは自分なのです。ウォレットに関しては他の記事で詳しく解説していますので、そちらの方も確認してくださると幸いです。

オンラインカジノで勝ってビットコインを入手しよう

オンラインカジノで勝ってビットコインを入手しよう
オンラインカジノからビットコインを購入したりはできませんが、ビットコインを入金し、それをベットしてカジノを楽しむことはできます

上手いこといけば一気に増やせるチャンスもありますが、カジノは運の要素も大きく絡んでくるものです。勝つために大事なのは「いかにして負けを少なくするか」です。

人間の心理的に「負けが続いていると一発逆転を狙って勝負に出てしまう」傾向にあります。これはギャンブルにおいて最も抱いてはいけない感情です。

負けが続いている時、流れが悪い時は必ず訪れます。そうなった時は、流れが良くなるまで少額のビットコインで勝負したり、思い切ってその日はオンラインカジノから退出することも大事です。

せっかく様々な入手方法を駆使して手に入れたビットコインをノリと勢いだけで減らしては意味がありません。

ビットコインの価値を今一度思い返してみてください。自分が納得いく大勝負のタイミングを見極め、大量のビットコインを入手できるチャンスをものにしましょう。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 取引所や販売所で購入するのが最も一般的な入手方法
  • ビットコインをマイニングすることは現状不可能なので諦める
  • 入手したビットコインの保管はコールドウォレットで行う
  • オンラインカジノは勝ちやすくビットコインを増やすのに向いている

ビットコインの入手方法は複数あります。初心者の人は取引所や販売所を利用し、慣れている上級者に人はクラウドマイニングなどにも挑戦してみると良いでしょう。

オンラインカジノでもビットコインを増やすことはできますので、勝ち方だけでなくビットコインの価格変動を予想しながら負けない立ち回りをすることを心掛けて楽しんでください。

ページTOPへ