iWallet(アイウォレット)が利用できるUnionPayプリペイドカードの利用法を解説

基礎知識
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/11/21 公開
2021/3/3 更新

まったり楽しむライトユーザーから大金を掴もうと勝負に出るヘビーユーザーまで幅広いやり方で楽しめるオンラインカジノが最近流行っています。

そんなオンラインカジノをプレイする際には、「アイウォレット(iWallet)」という電子決済サービスがおすすめです。

今回はそんなアイウォレット(iWallet)と連動して使えるプリペイドカードについて解説していきます。

昔はVISAが提携しているアイウォレットカード(iWallet card)などもありましたが、現在は「UnionPayプリペイドカード」です。

ここでは、このアイウォレットが利用できるUnionPayプリペイドカードが何故おすすめの理由、そして、カードの作り方や使い方などの情報をまとめてみました。

UnionPayプリペイドカードが何故おすすめの理由

まずは、何故アイウォレット(iWallet)でUnionPayプリペイドカードを使うのがおすすめなのか解説していきます。他の出金方法よりも大きなメリットがあるのです。

  • 利便性の高さ
  • 使い過ぎ防止になる
  • セキュリティ面でも安心

利便性の高さ

UnionPayプリペイドカードを使って出金できるのは当然の機能ですが、チャージした金額を出金する額よりも多く入れておくことでオンラインショッピングや店舗での買い物にも利用することができます。

オンラインカジノでの利用にも使えますし、非常に利便性が高いと言えるでしょう。

ただし、アイウォレット(iWallet)に対応していないオンラインカジノがあったり、UnionPayのマークが付いていない店舗では利用できなかったりするので、その点は注意してください。

使い過ぎ防止になる

UnionPayプリペイドカードで利用できる金額・出金できる金額というのは、あくまで残高に残っている部分でしか使えません。

クレジットカードのように、利用可能金額から引き出したり買い物ができるような機能はないのです。

そのため、「思った以上のお金を使って来月にとんでもない請求がくる…」といった心配もありません。

後払いがないプリペイドカードには、こういった利点もあります。

セキュリティ面でも安心

UnionPayプリペイドカードは、専用のICチップがカードに搭載されています。

そのため、どこかに紛失してしまった場合でも、使えなくするロックや見つけ出すことも可能です。

それに加えて、前述した通りプリペイドカードという性質上、残高が残っていない限り使うことはできません。

普段から高額チャージをしている人は少し心配ですが、定期的にしかチャージしない人にとってはセキュリティ面でも心配することはないでしょう。

UnionPayプリペイドカードを発行してみよう

まずは、UmionPayプリペイドカードの発行方法について解説していきます。

別段難しいことはありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

①指定のメールアドレスにメールする

まずは、「cs@iwl.word」の方にメールします。

アイウォレット(iWallet)公式サイトの「プリペイドカード」のタブを選んでも記載がありますので、そちらからメールボックスを開いて送信します。

内容は、【UnionPayプリペイドカードを発行したい旨、アイウォレット(iWallet)で登録している名義、アイウォレット(iWallet)の口座番号】を記載してください。

もし上記のメールアドレスで送れない場合、アイウォレット(iWallet)にログインした後、問い合わせから同じ内容を送れば問題なく手続きを進めれます。

②返信があったメールの内容通りに手続きを進める

しばらくすると、メールの返信があります。

そこには、「必要事項を記載してメールを返信するように」と記載があり、指示に従って入力を進めていけば問題ありません。

ここの入力を間違えると手続きが進みませんので、しっかりと確認してから返信するようにしましょう。

③発行手数料についてのメールが返ってくる

UnionPayプリペイドカードを発行するには、合計で「$25」の手数料が発生します。

それが記載されたメールが届きますので、しっかりと確認します。

④アイウォレット(iWallet)にログインし、請求内容を確認する

ここまでの手続きが完了したら、アイウォレット(iWallet)の公式サイトからログインして管理画面から請求内容を確認してみましょう。

⑤最後に「承認する」をクリック

これでUnionPayプリペイドカードの手続きは完了です。後は、自宅にUnionPayプリペイドカードが届くのを待つだけとなります。

UnionPayプリペイドカード発行時の注意点

ここからは、UnionPayプリペイドカードを発行する際の注意点について解説します。

  • UnionPayプリペイドカードの到着期間はまちまち
  • UnionPayプリペイドカードを発行できるのはエグゼクティブ会員のみ
  • UnionPayプリペイドカードの到着期間はまちまち

UnionPayプリペイドカードを申請し、必要になる手数料を入金することで「承認」となり、アイウォレット(iWallet)からカードが送られてきます。

認証されてから自宅に送られてくるまで約2~3週間と言われることが多いですが、早ければ1週間以内で送られてくることもあります。

平均して2~3週間というよりは、最長で4週間と考えた方が良いかもしれません。

​送られてくるのは、書類・プリペイドカード・PIN番号です。

国際書留郵便としての扱いになりますので、ポストに入れられることはなく郵便局の配達員から直接受け取る形になっています。

留守でも不在届けから連絡すれば問題ありません。

書類や内容に間違いがないか確認し、何か分からないことがあればアイウォレット(iWallet)の方に問い合わせてみましょう。

UnionPayプリペイドカードを発行できるのはエグゼクティブ会員のみ

UnionPayプリペイドカードを発行するには、アイウォレット(iWallet)の方で本人確認書類によって承認されている「エグゼクティブ会員」にグレードアップしておく必要があります。

この本人確認書類の提出はアイウォレット(iWallet)の登録時に行い、「本人確認書類」と「住所確認書類」の2種類が必要となります。

承認されるのも少し時間がかかります。

そのため、UnionPayプリペイドカードを発行したいと考えている人は、最初からエグゼクティブ会員になっておくようにしましょう。

アイウォレット(iWallet)からUnionPayプリペイドカードのチャージ方法

UnionPayプリペイドカードが届いたら、早速アイウォレット(iWallet)残高からチャージを行ってみましょう。

他のプリペイドカードと同じで、チャージ方法自体は非常に簡単なので安心してください。

注意点としては、1回あたりのチャージ金額は最低でも$25以上となっています。

そして、チャージした時間帯によっても反映されるまでに時間が前後します。

平日の16時までにチャージ手続きが完了した場合は、24時間以内に反映されることがほとんどです。

それでも即時反映ではないので注意しましょう。

  1. アイウォレット(iWallet)にログインして「口座間送金」を選ぶ
  2. 送金先には、「45766359」もしくは「cs@iwl.wolrd」と入力する
  3. 所持している通貨を指定し、送金先通貨をUSDに設定する
  4. 着金額にチェックを付け、金額は$25以上に設定してメッセージ欄にカードの下4桁を入力する
  5. チャージ内容に間違いがなければ、「上記内容で送金」をクリックする

これで基本的には反映されます。

しかし、ここで覚えておいてほしいのが「送金額」と「着金額」は違うという点です。

④でも解説しましたが、着金額にチェックを付ける以外にも送金額にチェックを付けることができます。

これによって、以下のような違いが発生するのです。

  • 送金額:「入力した金額」から手数料が引かれた金額がチャージされる
  • 着金額:「入力した金額」がチャージされ、手数料はアイウォレット(iWallet)口座の方から引かれる

例えば、UnionPayプリペイドカードに$100をチャージしたいと考えています。

もし金額を100ドルにして着金額にチェックを付けて手続きを完了した場合、UnionPayプリペイドカードには100ドルがどのままチャージされます。

しかし、金額を100ドルにして送金額にチェックを付けて手続きを完了すると、チャージ金額は100ドルを下回ってしまうということです。

ただし、どちらも手数料が引かれることに違いはなく、どのタイミングでどこから引かれるのかが違うということです。

アイウォレット(iWallet)残高からATMで現金を引き出しみよう

オンラインカジノやチャージからUnionPayプリペイドカードに残高がある場合、それをATMから現金として出金することができます。

コンビニのATMや銀行(ゆうちょなど)のATMなどによって操作方法は多少違ってきますが、流れはほとんど同じです。

  1. UnionPayプリペイドカードをATMに差し込んで言語選択する
  2. 「Withdrawal(引き出し)」を選択して「Credit(クレジット)」を選択
  3. 暗証番号を入力(カードと同封されていたPIN番号が書かれている紙に入っている)
  4. 出金する金額を入力

これでUnionPayプリペイドカードから現金を出金することができます。

日頃から使っているキャッシュカードと同じような操作方法ですので、ゆっくりとやれば問題なく出金することが可能です。

手数料について

UnionPayプリペイドカードを使って出金などを行う場合 、以下のような手数料(一覧)が必要になってきます。

発行手数料:25ドル(内訳:発行手数料21ドル+郵送料4ドル)

日本円にすると2,700円前後です。

世界情勢によっては大きく変わることもありますので、多めに3,000円ほど入金しておけば大丈夫でしょう。

この25ドルは、アイウォレットの口座から引かれるものです。

そのためUnionPayプリペイドカードを発行する際には、アイウォレットの口座に最低でも25ドル入金しておきましょう。

チャージ手数料:チャージ額の1.75%、もしくは5ドル(1回ごと)

これは高い方が発生します。もし手数料が5ドルを超す場合は、チャージ額の1.75%が手数料として惹かれます。

月間維持手数料:2ドル

こちらはカードを所持している限り、毎月発生してくる手数料です。

為替手数料:1回3ドル

カードが米ドルのため、日本円アカウントからチャージする際に必要になってくる手数料です。

ATM出金手数料:4.5ドル

アイウォレット(iWallet)が使えるオンラインカジノ

2020年の時点でアイウォレット(iWallet)が使えるのは以下のようなオンラインカジノです。

  • ベラジョンカジノ
  • エンパイアカジノ
  • パイザカジノ
  • ワンダリーノカジノ
  • Dora麻雀
  • インターカジノ

一番おすすめはベラジョンカジノですが、どのオンラインカジノも登録が簡単で入金から出金まで問題なく行うことができると思います。

登録するだけでボーナスが貰えるカジノもありますし、アイウォレット(iWallet)での利用も検討してみてください。

アイウォレット(iWallet)を使う場合には、アイウォレット(iWallet)に登録する必要がありますし、本人確認をする必要もあります。

出金する方法も複数あり、どの方法で出金するのが自分にとって良いのか見極めるのも大事です。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • アイウォレットが使えるプリペイドカードは「UnionPayプリペイドカード」
  • UnionPayプリペイドカードを発行する方法は非常に簡単で時間もかからない
  • UnionPayプリペイドカードとアイウォレットを使うには「エグゼクティブ会員」になる必要がある
  • チャージ、出金ともに簡単だが、手数料に関しては注意が必要
  • アイウォレットが利用できるオンラインカジノは増えてきている

アイウォレットは非常に便利なサービスです。

登録も簡単ですし、登録後の手続きも難しいものはありません。

オンラインカジノを快適にプレイするには利用した方が良いでしょう。

だからこそ、利便性が高くATMなどからでも手軽に出金できるUnionPayプリペイドカードは発行しておくべきだと言えます。

この記事を参考にしながら、アイウォレット口座の作り方、入金・出金の方法、オンラインカジノでの活用方法などをまとめた記事も読んでくださると幸いです。

ページTOPへ