オンラインカジノでも人気の攻略法「10パーセント法」を詳細解説

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/3/15 更新

簡単な戦略として、カジノでも多く取り入れられている10パーセント法

資金の割合に応じて賭け金を変えていく方法は、現時点で持っている金額を考慮してゲームに挑戦できるため、無理をしないというメリットが得られます。

この記事では、10パーセント法について説明します。

どのような方法でゲームに挑戦していくのか、そしてカジノで利用する際はどのような注意点があるのかなどを解説します。

10パーセント法とは?

10パーセント法は、現在持っている金額の10%だけを賭けるというものです。

ルールはとても単純で、現在持っているドルの1割だけを賭け金として使います。

賭け金を持っている金額の1割に限定するため、攻略法の中でも使いやすく、実践しやすいメリットがあります。

カジノ必勝法の中でも、モンテカルロ法のように複雑さはなく、単純に使える手法となります。

この攻略法ですが、連勝した時の利益がそれなりに大きく、連敗した場合でも損失が緩やかに計上されます。

オンカジのゲームを連続でプレイしても、ドルの損失を抑えつつ利益を模索できる点で非常に使いやすい方法です。

攻略法はルーレットで主に用いられており、ルーレット必勝法一覧でも取り入れられる場合があります。

また、他の攻略法と組み合わせると、利益を増やしつつ損失を抑えられる場合があるなど、柔軟性の高い攻略法です。

なお、読み方を間違える人が多い手法でもあります。正しい読み方は「テンパーセント」です。

10パーセント法のやり方

10パーセント法は資金を確認するところから始まります。

現在の資金を確認しその10%だけをゲームに使います。

10%をゲームに使った後、配当を得た場合はその配当も含めて次の10%を計算し、次のゲームに賭けます。

負けた場合は残った金額の10%を次のゲームに使います。つまり、賭け金は常に変動します。

一例として、100ドルスタートで10パーセント法を使った場合、どのように推移するかをまとめました。

資金 賭け金 勝ち負け 配当
100ドル 10ドル 20ドル
110ドル 11ドル 22ドル
121ドル 12ドル × 0ドル
109ドル 11ドル × 0ドル
98ドル 10ドル 20ドル

※ゲームの配当倍率は2倍

このように賭け金は得られた配当によって推移します。勝ち続けると資金が増えるため、賭け金も少しずつ増えていきますが、負けると次の賭け金が減ります。これを繰り返して、少しずつカジノで利益を作っていく形となります。

10パーセント法は、負けても賭け金を減らせるためローリスクな攻略法です。決して賭金の上限も多くありません。また、資金から賭け金を算出していくため、資金が少ない人は賭金の総額も抑えられるメリットがあります。

カジノで賭金をあまり使わずに実践していきたいと考えている人におすすめの攻略法であり、ドルを温存しながら利益を確保して勝利へ繋げられます。

10パーセント法に向いているゲーム

10パーセント法に向いているゲームはいくつかありますが、特にオススメできるゲームとその理由を紹介します。

ルーレット

ルーレットは最も10パーセント法が使いやすいゲームです。その理由としては、賭ける場所によって倍率を調整できるためです。

ベットの場所を変えることで、ルーレットは配当が変わります。10パーセント法で賭け金をあまり増やせない場合でも、倍率の高い場所にベットしていけば大きな配当に繋がる可能性があります。

また、ルーレット限定で組み合わせられる攻略法があります。10パーセント法とベアビック法を組み合わせることで、勝率と配当を大幅に高められます。この組み合わせについては後で詳しく説明します。

バカラ

バカラは気軽に10パーセント法を使えるゲームです。賭ける場所を決めて、資金から10%の賭け金を設定するだけで完了します。後はゲームの様子を見ているだけで勝ち負けが決まります。

10パーセント法を気軽に利用したいと考えている人、ゲームの手間をかけたくないと思っている人はバカラを利用するといいでしょう。ただ、倍率は2倍程度ですので、資金を増やすためには根気強くゲームを続けることになります。

ブラックジャック

ブラックジャックも比較的使いやすいゲームです。カードの数字を確認し、21に近づけられるようにゲームを進めていくだけです。10パーセント法で賭け金を調整しておけば、負けた時のリスクも減らせます。

稼ぐためにはゲームの回数が多くなってしまうものの、カジノゲームでは戦略次第で多くの勝利が望めます。ブラックジャックの実力に自信があるなら、10パーセント法を使って勝負するといいでしょう。

10パーセント法のメリット

10パーセント法のメリットは以下の通りです。

  • カジノで実践しやすい
  • 配当と損失のバランスを調整できる

これらのメリットがあります。実践しやすく、損失を抑えながらゲームを続けられる点が魅力です。

ここからは、10パーセント法のメリットについて詳しく説明します。

カジノで実践しやすい

10パーセント法は、カジノで実践しやすい手法です。現在持っている資金の10%を使えばいいだけという簡単な攻略法は、初心者でも取り入れやすいでしょう。

オンラインカジノはドルで資金管理を行いますが、ドルでも10%だけを使えばいいという考えであれば、余計な計算をしなくても大丈夫です。また、ドル以外でも日本円やユーロでも簡単に対応できます。

簡単に取り入れて結果を出しやすい、オンラインカジノ初心者によってはありがたい手法と言えます。

配当と損失のバランスを調整できる

10パーセント法は、それなりに大きな配当と損失を抑える行為を両立できます。

持っている資金の10%を使えば、倍率が2倍でもそれなりに配当を増やせる可能性があります。また、負けたとしても1割の資金が減るだけであり、まだ賭け金として使えるドルは残っています。次のゲームに挑戦しやすい利点もあるのです。

オンラインカジノは実践中に損失が増える可能性もあります。この損失を抑えやすい攻略法はとても貴重です。

10パーセント法のデメリット

10パーセント法はメリットもありますが、デメリットもあります。

  • 資金が少ないと利益が増えない
  • 賭け金の計算が面倒な場合もある

これらのデメリットには気をつけておきましょう。

ここからは、10パーセント法のデメリットについて詳しく説明します。

資金が少ないと利益が増えない

最初に持っている資金が少ないと、10パーセント法で使える賭け金が減ってしまい、利益を出せません。

10ドルしか持っていない状態でカジノに挑戦しても、10パーセント法では1ドルしか賭けられず、配当を増やせません。この攻略法を使うのであれば、最低でも100ドルは準備しておきましょう。

賭け金の計算が面倒な場合もある

細かい資金になると、計算が面倒になってしまい、四捨五入などが必要となります。

例えば109ドルを持っていた場合、10パーセント法では10.9ドルを賭けます。しかし、10.9という数字が入れられないゲームであれば、四捨五入か切り上げのどちらかを利用して賭け金を調整する必要があります。この場合は11ドルを賭けることになります。

カジノのゲームによって、賭け金のリミットが変わります。0.1ドル単位で賭けられないゲームの場合は、四捨五入や切り上げをしっかり行いましょう。

10パーセント法の注意点

10パーセント法は、単独で使っても勝率アップに貢献しない場合もあります。その理由としては、賭け金のルールを調整する程度であり、ゲームの賭け方には関与しないためです。

賭け方次第では勝率アップも望めますが、10パーセント法だけを利用しても勝てないケースがあります。そのため、この攻略法を使うのであれば、ネットで一緒に使える攻略法を調べるなどして、複数の攻略法を使って勝負しましょう。

また、10パーセント法は改良することで、賭けるドルを増やして更に配当を狙う方法もあります。しかし、ドルを増やすと負けた時の損失が増えてしまい、リスクを高める原因となります。改良してドルを増やすかどうかは慎重に検討してください。

10パーセント法と組み合わせたい攻略法

先程10パーセント法と他の攻略法を組み合わせたほうがいいと説明しました。組み合わせる方法、そして仕方によっては、大きな利益とリスク回避を実現してくれる場合があるため、組み合わせる攻略法はしっかりと確認しておきましょう。

ベアビック法

ベアビック法は先程も少し取り上げましたが、10パーセント法と非常に相性のいい攻略法です。

ベアビック法とは、ルーレットの数字35個に賭けるというものです。ルーレットはヨーロピアンスタイルであれば数字が37個、アメリカンスタイルであれば38個用意されていますが、ヨーロピアンスタイルのルーレットでベアビック法を使えば勝率が94.5%と非常に高くなります。

10パーセント法を使うと、賭け金の10%を35箇所に分散して賭けることが可能となります。ベアビック法でネックとなっている、賭け金が膨大になるという問題を避けやすくなり、配当とリスクの両立が可能となります。

カジノでも使いやすい組み合わせと言えますが、賭ける対象が増えることに加え、賭け金の計算が難しいため注意が必要です。

プログレッション法

プログレッション法は、得られた配当の半分を残し、残りを賭け金として使う方法です。リスクを軽減しやすい手法で、ドルを抑えて賭けたい時にオススメです。

10パーセント法との併用については、リスク回避を更に達成するために用いられます。最初の賭け金を10パーセント法で計算し、得られた利益の半分をプログレッション法で残して、残りを次のゲームに賭けます。

資金を抑えつつカジノで勝負できる手法を実現できる他、10パーセント法で問題となる、勝利した時に賭け金が増加するという問題をプログレッション法が解消してくれます。ドルを温存しながらゲームを進めたい人は、プログレッション法を活用しましょう。

なお、プログレッション法はイーストコーストプログレッション法と呼ばれる場合もありますが、基本的に同じ意味なので安心して利用してください。

モンテカルロ法

ルーレットの勝率アップにつながるモンテカルロ法と10パーセント法を組み合わせる方法です。現在の資金から最初に賭けるドルを選択し、後はモンテカルロ法の要領でカジノのゲームを進めます。

モンテカルロ法というのは、最初に1・2・3の数字を書き、この数字に指定した賭け金となるドルを使って勝負します。このモンテカルロ法で最も適しているのが3倍の配当を持つルーレットです。

最初の賭け金を減らすと、モンテカルロ法で得られる配当が減ってしまい、あまり稼げません。そこで資金から賭け金を決められる方法を使い、配当を増やしつつ確実に勝てるモンテカルロ法を運用します。

この組み合わせを使うと、以下のような形でゲームを進め、利益を出せます。

モンテカルロ法の数字 賭け金 勝ち負け 配当
1・2・3 20ドル × 0ドル
1・2・3・4 25ドル 75ドル
2・3 25ドル × 0ドル
2・3・4 30ドル 90ドル
3 終了

※50ドルスタートで10パーセント法を利用した場合

利用している賭け金は合計で100ドルですが、得られている配当は165ドルとなり、65ドルの利益を得られています。少し必要な資金が多くなり、ドルが不足する可能性もありますが、勝利できれば大きな配当に繋がります。

ルーレットではモンテカルロ法を使ってドルを稼ぐ方法が有効とされています。少し賭け金が多くなりますが、勝率アップとカジノの稼ぎを増やせるという利点では、10パーセント法とモンテカルロ法の併用は有効な手法と言えます。

まとめ

ここまで10パーセント法について説明しました。

簡単にまとめるとこのようになります。

  • カジノに保有している資金の10%を賭け金として使う
  • リスクと配当を両立できる
  • 他の攻略法と組み合わせると効果的

10パーセント法はルーレットで使いやすく、カジノで資金を安定して増やしたい時にオススメです。特にベアビック法やプログレッション法との相性がいいため、できる限り他の方法と組み合わせて使いましょう。

方法がよくわからないと考えている人は、ドルを無料で支給してくれる無料ゲームで実践してみましょう。何度失敗してもドルが回復するため、安心して10パーセント法を理解できます。

ページTOPへ