勝率50%でオンラインカジノでも人気の高い「バカラ」の攻略法

バカラ
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/2/8 公開
2021/3/8 更新

カジノには多くのゲームが存在しています。スロットやルーレット、ブラックジャック、ポーカーのように誰もが知っているゲームがある一方で、聞いたことはあるけど詳しくは知らないゲームもあるでしょう。

その代表格とも言えるのがバカラ(baccarat)というカジノゲームです。

そこで今回は、バカラとは一体どんなゲームなのか、バカラで勝つためにはどのような知識・攻略法を身に着けておくべきなのか、初心者でも使える攻略法はあるのかなどを解説していきます。

2021年以降も、バカラの人気は衰えないと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

バカラとは

カジノをやる人であればメジャーであるバカラですが、実際にはどのようなゲームなのでしょうか。

バカラは、ポーカーやブラックジャックのようにカードを使ったゲームで、簡単に言ってしまえば「プレイヤーとバンカーのどっちが勝つか当てる」と言った単純なものです。

バカラの詳しいルールは後述しますが、この単純なルールが非常に奥が深いものになっています。

その証拠に、バカラは「龍が如く」「龍が如く0」「龍が如く極」などの最新ゲームソフトにも採用されているのです。

基本的なルールについて

バカラの魅力と言えば、何といってもルールが非常に簡単という点でしょう。

単純であるからこそ連勝することもあれば連敗することもあるゲームで、奥が深い戦略が必要になってくるのです。

ここでは、そんなバカラのルールと覚えておくべき用語などを解説していきます。

基本的なルール

バカラの基本的なルールとしては、自分は参加者としてゲームに参加してプレイヤー(PLAYER)バンカー(BANKER)のどちらが勝つのかを予想するものとなっています。

勝敗の決め方も非常に簡単で、2~3枚あるカードの合計を確認し、下一桁の数が9に近い方が勝ちというルールです。

例えば、プレイヤーが15、バンカーが17だった場合、バンカーの下一桁の方が9に近いのでバンカーの勝ちになります。

この際に、自分がバンカーに賭けていれば配当が貰えます。

ここまで見て分かったと思いますが、バカラは単純に「勝率が約1/2(50%)の勝負を繰り返すゲーム」ということです。

コインの裏表、カードのハイローを当てるようなものです。

バカラはどんな状況においても勝率は約50%であり、ディーラーや他のプレイヤーとの特別な心理戦などをする必要もありません。

そのため、今までカジノをプレイしたことがない人でも敷居の低いゲームとも言えます。

ただし、バカラの勝率を上げるために賭け方であったり攻略法を覚えることも大切です。

カードに書かれている数字は以下のような数え方になります。

  • A~9→そのままの数字でカウント
  • 10~K→すべて0でカウント

そのため、5のカードとQのカードだった場合は「5」になります。

2枚のカードが配られた時点で勝敗が決まらなかったときは、プレイヤー側が新しいカードを引くか否かを決めます。

プレイヤー側のカードの下一桁が「0~5」の場合は強制的に3枚目を引かなくてはいけません。

「6~7」の場合は引かず、「8~9」の場合はその時点で勝敗が決します。

バンカー側の3枚目の条件は複雑なので割愛しますが、基本的にはディーラーがすべてやってくれるので安心してプレイしましょう。

バカラの3枚目が配られる時の必勝法の解説

自分が勝った際の配当について

プレイヤーかバンカーに賭けて勝った場合、賭け金に配当をプラスして払い戻されます。配当は賭け方によって変わります。

  • プレイヤーが勝利した場合「ベット額の2倍」
  • バンカーが勝利した場合「ベット額の1.95倍」
  • タイ(引き分け)だった場合「ベット額の8倍」
  • プレイヤーペア(同じカードを引く)で勝利した場合「ベット額の11倍」
  • バンカーペア(同じカードを引く)で勝利したした場合「ベット額の11倍」

ここで見て分かるように、バカラの勝率が約1/2(50%)と表現したのはこのためです。

ごくまれに同じ数字で決着することがあります。

その場合は「タイ」になり、配当は8倍になるのです。

ただし、タイになる確率は10%もなく、ほとんど賭ける必要はありません。

プレイヤーとディーラーについて

バカラは自分一人で行うゲームではありません。

ポーカーやブラックジャックのように「ディーラー」というカジノ側のスタッフがついてくれます。

ディーラーが行うことは、カードを配る、賭けの清算を行うなど事務的なことが多いです。

ゲームの進行をスムーズに行うためには欠かせない存在とも言えます。

カジノをプレイしたことがない人は「カジノ側のスタッフであればイカサマされるのでは…」と思うかもしれませんが、バカラにおいてはディーラーのスキル・意思などは勝敗に一切関与しません。

外し続けたとしても、それは単純に1/2を外し続けているということです。

覚えておきたい用語集

バカラをプレイする際には、以下のような用語が多く出てきますので覚えておくことをおすすめします。

フェイスカード、ピクチャー

これは「J」「Q」「K」などの絵柄のカードのことを指します。

ナチュラル

プレイヤー・バンカーともに初めに配られた2枚のカードの合計が8、もしくは9の場合に使います。呼び方としては「ナチュラル8」「ナチュラル9」です。

ナチュラル・ウィン

カードが2枚配られた時点でプレイヤーもしくはバンカーの手が8・9の場合、「ナチュラル・ウィン」と呼ばれる手続きになり、すぐさまゲームの勝敗が決まります。

もしナチュラル・ウィンにならなかった場合に限り、プレイヤーに3枚目のカードが配られるか否かを決めます。

Deck/デッキ数

ジョーカーを除いた52枚のトランプを1Deckと呼びます。

カジノの方針によって準備するDeck数は違いますが、基本的には8Deckで始めることが多いです。

コミッション

バンカー側に賭けて勝利した場合、カジノ側に配当の5%が徴収されてしまう仕組みのことです。

もし1万円勝ったらカジノに500円徴収されるということです。

バカラの攻略法

ここからは、バカラの攻略法について解説していきます。

まず覚えておいてほしいのは、あくまで攻略法であって必勝法ではないということです。

バカラを含めたカジノのゲームに必勝法はありません。

あるとすればカジノ側のディーラーなどを買収してイカサマをするなど違法行為をする以外は不可能でしょう。

そのため、バカラでは負けを減らして勝てる方法を学ぶ「攻略法」ということは忘れないでください。

  • タイやペアには基本的に賭けてはいけない
  • プレイヤーとバンカーならバンカーに賭けるべし
  • ゲーム履歴(罫線)を参考に流れを考える

【攻略法①】タイやペアには基本的に賭けてはいけない

バカラの攻略法として一番簡単なのは、タイ(引き分け)やペア(同じカード)に賭けることは基本的にしないことです。

当たれば配当が大きく、賭け金によっては大勝することもあります。

しかし、その出現率は10%もなく、基本的に50%の勝負をするバカラにとって勝率を下げる要因になってしまうでしょう。

もちろん0%でない限り出る可能性はあります。

どうしても「タイに賭けたい!」というのであれば止めはしませんが、自分の中で納得いくタイミングで行うようにしましょう。

【攻略法②】プレイヤーとバンカーならバンカーに賭けるべし

バカラのゲームフローを確認したのであれば分かると思いますが、バンカーはプレイヤーが次のカードを引いてから3枚目のカードを引くかやめるか決めることができます。

端的に言ってしまえば、バンカーの方がバカラにおいては優遇されているということです。

基本的に勝率は50%程度と言われていますが、若干バンカーの方が勝率が高くなります。

「だったらバンカーに賭け続けた方が得なのでは!?」と思われるかもしれませんが、勝率が高いということはそれだけマイナス面もあります。

それが手数料の問題です。

バンカーは勝率が高くなってしまうため、勝ったとしても配当の「0.05%」が手数料として徴収されます。

若干勝ちやすいが配当が若干少ないバンカーを選ぶか、若干負けやすいが若干配当が多いプレイヤーを選ぶかはその人の感覚次第です。

【攻略法③】ゲーム履歴(罫線)を参考に流れを考えるのも

バカラの結果は、その都度(1ゲームずつ)罫線として記録されています。

罫線の見方については、以下で詳しく解説しています。

バカラの罫線についての解説
バカラの罫線「大路」についての解説
バカラの罫線「小路」についての解説

「罫線を見たら何か変わるのか?」と思われるかもしれませんが、ギャンブルには流れというものがあり、それを信じている人もいるのです。

普通のゲームなどでも「流れが悪い」という言葉を使うと思います。

自分ではいつも通りにやっているのに何故か上手くいかないときなどに使います。

これと同じように、自分の運の流れだけでなくゲームの流れを感じ取ることが攻略テクニックよりも大事なこともあります。

例えば、「これまで3回連続プレイヤーにかけて裏目っているから確率論よりも流れを信じてプレイヤーに賭けてみよう」や「罫線ではプレイヤーとバンカーが交互に勝っている。

前のゲームはプレイヤーが勝ったから次はバンカーに賭けよう」のような感じです。

ただし、これはあくまで考え方の範疇になってきますので、バカラを楽しみながら勝つための一つの方法だと考えましょう。

攻略法を理解したら実践してほしい必勝法

バカラで勝つための攻略法が分かったら、次はバカラで勝率を一気に上げる必勝法(※理論上)について紹介していきます。

バカラにはいくつかの必勝法があるのですが、今回は初心者でも分かりやすくプロもよく使っている必勝法に絞りました。

その名も「マーチンゲール法」です。

マーチンゲール法

バカラにおいて最もポピュラーで効果が高い必勝法が「マーチンゲール法」です。

この必勝法を利用した人だけでなく、聞いたことだけでもある人も多いでしょう。

マーチンゲール法の方法はシンプルです。

「自分が賭けた方が勝つまで賭け金を倍にしていく」というものです。

言葉だけじゃ分かりにくいと思いますので、簡単にまとめてみました。

賭けるベット数 勝敗 総収支
1 負け -1枚
2 負け -3枚
4 負け -7枚
8 負け -15枚
16 勝ち +1枚

このように、どこかで勝てば必ず利益が出る方法です。

バカラ自体の勝率が低くなっても資金的には増えている状態になります。

このマーチンゲール法には以下のようなメリットがあります。

  • 連敗が続いても1回勝てば負け額すべてを取り戻せる
  • 初心者からでも実践できる必勝法として人気

やはり、1回でも勝てばすべての負けを帳消しできるのは大きなメリットです。

単純に倍賭けていけばいいので初心者でも安心して実践することができます。

しかし、当然ですがこのマーチンゲール法にはデメリットも存在しますので確認しておきましょう。

  • 資金が先に尽きてしまう可能性がある
  • 精神的、心理的負担が大きくなる
  • 1ゲームにおける最大ベットが決められている

理論上は1回でも勝てば良いのですが、もちろん10連敗することも0%ではありません。

そうしている内に資金がなくなって賭けることすらできなくなることもあります。

それに加えて、1ゲームに賭けれる最大ベットが決められており、倍のベットができないこともあるのです。

何より、負け続けるというストレス、「次も外したら…」という心理的負担が非常に多いです。

その他にも大勝負したいときに「3倍マーチンゲール法」などもあります。

バカラがプレイできるおすすめのオンラインカジノ

最後に、バカラがプレイできるおすすめのオンラインカジノ紹介します。

オンラインカジノでは実際にカードに触れることがありませんので、初心者でも安心してバカラをプレイできます。

しっかりと覚えた攻略法を駆使して勝率を上げていきましょう。

ベラジョンカジノ

オンラインカジノの中でも大手で聞いたことがある人も多いと思います。

バカラだけでなく様々なカジノゲームが用意されており、1億円以上を稼ぐプレイヤーもいるくらいです。

日本語にも対応していますし、デバイスにインストールする必要もありません。そのままバカラをプレイできます。

エンパイアカジノ

2つ目におすすめのバカラができるオンラインカジノは「エンパイアカジノ」です。

9種類ものライブ会場が選べ、それぞれ違ったカジノの雰囲気を楽しめます。

カードを配ってくれるディーラーも美人が多いと言われています。

こちらも完全日本語対応オンラインカジノとなっており、バカラを思う存分楽しむことができるでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • バカラはカジノの中でも人気で、カジノ初心者でも攻略しやすいゲーム
  • 基本となる攻略法を頭に入れてから必勝法に挑む
  • バカラ初心者にはマーチンゲール法がおすすめ
  • カードや勝率などの流れを読むのもちゃんとした攻略法
  • オンラインカジノでもバカラはプレイ可能

バカラ自体は非常にシンプルで分かりやすいゲームです。

他のプレイヤーとの心理戦もありませんので、知識と基本的な攻略法を覚えておけば初心者でもバカラを楽しむことができるでしょう。

何回かプレイしてみてバカラに慣れたら色んな攻略法・必勝法を試しても良いでしょう。

投資としても活用できますので、負けを減らして勝ちを増やすことを目指しましょう。

ページTOPへ