サイコロを使ったオンラインカジノゲーム「マカオダイス」の攻略法

マカオダイスの攻略ガイド
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/3/15 更新

ダイスを使った定番のカジノゲームであるマカオダイス

通常のサイコロ(ダイス)と違い、数字ではなく絵柄が描かれているため難しく感じやすいですが、数字と連動しているので慣れると遊びやすいゲームの1つです。

今回はマカオダイスについて基本ルールやゲームの特徴などについて解説します。

攻略法もあわせて紹介するので参考にしてみてください。

マカオダイスとは?

マカオダイスとは名前の通り、マカオのカジノの伝統的なゲームであり、アジア・中国に人気があります。

通常の数字が書かれたサイコロではなく、魚や海老や蟹などが描かれた魚蝦蟹(フーヘイホウ)という特殊なサイコロを使うのが特徴です。

今まで魚蝦蟹を見たことがない方からすると、馴染みがないので難しく感じやすいですが、絵柄は数字と連動しているので、絵柄に対応している数字を覚えてゲームに慣れれば簡単に遊べて攻略しやすいゲームです。

マカオダイス(魚蝦蟹)の絵柄

マカオダイスの魚蝦蟹の絵柄は次の通りです。

数字 絵柄 名前 色合い
1 マカオダイスの魚 赤色
2 マカオダイスの蝦 蝦(エビ) 緑色
3 マカオダイスの瓢箪 瓢箪 青色
4 マカオダイスの貨幣 貨幣 青色
5 マカオダイスの蟹 緑色
6 マカオダイスの鶏 赤色

このように各絵柄には数字の意味を持っています。

この2つを使ってゲームを進めますが、色は見れば分かるので、攻略するときは数字だけ覚えておくと良いでしょう。

日本でいう「丁半賭博」と同じ原理

日本には昔から「丁半賭博」というギャンブルゲームがあります。

「丁半賭博」はサイコロ(ダイス)を使った賭博であり、2つのサイコロを使って出目を当てるゲームです。

マカオダイスも基本的な仕組みは同じで、サイコロが3つに増えるので予想する幅が広がります。

また、色を使った賭け方もでき配当も変わるので、シンプルなルールですが飽きずに攻略できるでしょう。

ゲームの流れ

マカオダイスのゲームの流れは非常にシンプルです。

  1. ディーラーが、3つのサイコロを振ります。(プレイヤーには出目が見えないよう蓋がされています。)
  2. プレイヤーは、テーブル上のベットエリア内で賭けたい場所にチップを置きます。
  3. チップはディーラーが「No more Bet」と言うまで移動できます。
  4. ディーラーが、蓋を開けて出目が開示され、結果に応じて配当が決まります。

マカオダイスの賭け方

マカオダイスはディーラーが振ったサイコロの出目を当てるゲームですが、その当て方・賭け方はさまざまです。

そのため、賭け方によってはルーレットのように安全に勝ちにいくこともできたり、一発逆転を狙えたりするなど攻略の幅は広いです。

ここからはマカオダイスの賭け方・配当・出現率を紹介します。

この数字は攻略法を考えるときに重要な要素になるので覚えておきましょう。

合計値が大(ビック)か小(スモール)

サイコロの出目の合計がビック(11~17)であるか、スモール(4~10)であるかを賭けられます。
ただし、ソロ目の場合は負けとなります。

配当 確率
2倍 48.6%

奇数/偶数

出目の合計が奇数か偶数かを賭ける。
ただし、ソロ目の場合は負けとなります。

配当 確率
2倍 48.6%

スリーフォース

絵柄を選んで賭ける方法。
サイコロの絵柄の数によって配当が変わる。

配当 確率
2倍 34.7%
3倍 6.94%
4倍 0.46%

ダブル

3つのサイコロのうち2つゾロ目を当てる。

配当 確率
11倍 7.41%

オールダイス

全てのゾロ目かどうかを当てる。

配当 確率
31倍 2.8%

サラウンドダイス

選んだ絵柄がすべてのサイコロで出るかどうかを当てる。

配当 確率
181倍 0.48%

合計値を予想して賭ける

3つのサイコロの合計値を予想して賭ける。

合計値 配当 確率
4または17 61倍 1.4%
5または16 61倍 1.4%
6または15 31倍 2.8%
7または14 13倍 6.9%
8または13 9倍 9.7%
9または12 8倍 11.6%
10または11 8倍 12.5%

色指定

出目の色を予想して賭けられます。

指定色 配当 確率
一色 2倍
二色 4倍
三色 21倍
三色任意 8倍

攻略するときは、この賭け方を頭に入れたうえで、状況に応じた対応をしていきます。

攻略のための戦略とポイント

マカオダイスには賭け方によって勝率が50%に近くなります。

このような賭け方であれば、資金管理を行うことで勝ちやすくなり、ゲームを攻略しやすくなります。

ここからはマカオダイス攻略に関わるカジノ戦略について解説します。

配当2倍で確率50%の賭け方を選ぶ

マカオダイスで確実に攻略したいのであれば、ビッグ/スモール偶数/奇数の配当が2倍であり、勝率50%に近い賭け方で勝負できます。

勝率はほぼ50%ですが、賭け金を調整することで安全かつリスクを低くしてゲームを攻略できます

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、非常にシンプルで、勝率50%のゲームで使える方法であり、負けた時に賭け金を2倍にして行く攻略法です。

もしマーチンゲール法を使って連敗が続いたとしても、一度勝つだけで連敗分の負け金を取り返すことができ、最初にベットした金額分だけプラスになるのです。

つまり、最初に賭ける金額を大きくすることで、攻略しやすくなります。

ただし、連敗が続けば続くほど、賭け金はどんどん増えていくため、持ち金を超えてしまうと巨額の損失を抱えてしまうことになるのです。

例えば、最初の賭け金を1ドルから始めたとしても、10回連敗すると512ドル、20回連敗すると524,288ドルの負けになってしまうのです。

無限に近い金額の資金があれば、理論上は確実に勝てる攻略法なのです。

グッドマン法

グッドマン法とは勝利時に利益を確保していく戦略で、別名「1235法」とも呼ばれます。

名前の通り、ベットする賭け金を1→2→3→5と増やしていく方法です。

最初に賭ける金額はいくらでもOKで、10ドルから始めれば10ドル→20ドル→30ドル→50ドルというように攻略していきます。

負けたとしても勝ったときに賭け金が増えていくので、勝ったときに利益を産むことができます。この方法は2回以上連勝できないと利益が生まれないので、勝率が50%に近いゲームでないと有効ではありません。

マカオダイスであれば、一発逆転を狙った高配当の賭け方をするのではなく、配当が2倍で勝率が50%近い場合にこの攻略法を使用すると良いでしょう。

パーレー法

短時間で大きく稼ぎたい方であれば、パ―レー法を実践してみるのがおすすめです。

パ―レー法はマーチンゲール法の真逆の賭け方でもあり逆マーチンゲール法とも呼ばれます。

マーチンゲール法は負けたときに賭け金を倍にしていきますが、パ―レー法の場合は「勝ったとき」に賭け金を倍にしていため、マカオダイスであれば勝率が50%前後になり、連勝することも多いです。

パ―レー法は連勝し続けているときに有効な方法で、賭け金を倍にしていくことで大きく勝つことができるでしょう。

ただし、パ―レー法では一度でも負けてしまうと勝った分を失ってしまうので、引き際を見極めることも大切になります

ハーフストップ法

ハーフストップ法はゲーム自体の引き際の見極めが苦手な方におすすめの賭け方です。

これまでのゲームで稼いだ利益の最高額が半分まで減ったらゲームを終えるという方法です。

マーチンゲール法などを使い、コツコツと利益を稼いでいた場合、例えば100ドルまで勝っていたとすると、50ドルまで減ったときにゲームを終えます。

この攻略法であれば、手元に利益を確実に残すことができます。

他の攻略法と組み合わせて使うことで、感情的になることなくゲームを途中で引き上げられます

『大小(シックボー)』の紹介と攻略法

マカオダイスと同じ人気があり、似ているカジノゲームに『大小(シックボー)』というものがあります。

マカオダイスと同じようにサイコロを3つ使ったゲームであり、そのサイコロの出目を予想しますが、マカオダイスと違い通常のサイコロを使用します。

名前の通り、『大小(シックボー)』は中華圏が発祥のゲームであり、アジア圏でマカオダイスと並び人気があります。

大小(シックボー)の基本ルール

大小(シックボー)はサイコロで行うルーレットと表現されることもあるほど、賭け方がさまざまあります。

その選択肢が多い賭け方の中から、ディーラーが投げる3つのサイコロの出目を予想します。

大小(シックボー)のサイコロは通常の6面あり、3つ投げるので組み合わせは216通りで合計数の幅は3~18あり、マカオダイスと同じようにさまざまな賭け方があります。

大小(シックボー)の流れ

大小(シックボー)はシンプルなルールのゲームなので、初心者でも気軽に参加できます。大小(シックボー)の流れは次の通りです。

  • 出目を予測して好きな数字、組み合わせに賭ける
  • ディーラーがサイコロを振る
  • 予想が的中すると配当を受け取れる

大小(シックボー)の賭け方

大小(シックボー)の賭け方は次の通りです。こちらもマカオダイスと似ているので、慣れている方であらば攻略法を考えやすいでしょう。

大/小

出目の合計数が大(11~17)もしくは小(4~10)のどちらかを予想して賭ける。

確率 配当
48.6% 1倍

奇数/偶数

出目の合計が奇数か偶数かを賭ける。

確率 配当
48.6% 1倍

シングル・ナンバー

1~6の数字から選択したものが1つでも当たっていれば勝ち。

合致数 確率 配当
1つ 34.7% 1倍
2つ 6.94% 2倍
3つ 0.46% 3倍

ペア

2つの出目の組み合わせを予想して賭ける。

確率 配当
13.9% 5倍

ダブル

3つのサイコロのうち2つが同じ数字(ゾロ目)になれば勝ち。

確率 配当
7.41% 8倍

エニートリプル

1~6の中からどの数字でも、3つサイコロがゾロ目になれば勝ち。

確率 配当
2.28% 24倍

トリプル

3つのサイコロに、指定した数字のゾロ目が出れば勝ち。

確率 配当
0.46% 150倍

トータル

3つのサイコロの合計数を予想して賭ける。

出目 確率 配当
4または17 1.4% 50倍
5または16 2.8% 18倍
6または15 4.6% 14倍
7または14 6.9% 12倍
8または13 9.7% 8倍
9または12 11.6% 6倍
10または11 12.5% 6倍

攻略を実践!おすすめのオンラインカジノは?

マカオダイスは本場のランドカジノに行かなくても、最近流行のオンラインカジノを利用すれば、時間などを気にせず自宅で楽しみながら攻略できます。

マカオダイスを遊ぶときは、オンラインカジノの中マカオダイスを導入しているか確認しましょう。

スロットやルーレット、バカラ、ブラックジャックなどのゲームに比べ、ゲームの種類が少なく導入していないオンラインカジノもあるので注意してください。

オンラインカジノは還元率が高く、初回のボーナスが充実しているので初心者でも遊びやすくなっているのでおすすめです。

マカオダイスを遊べる代表的なオンラインカジノは次の2つです。

エンパイア777

エンパイア777はライブカジノに力を入れているオンラインカジノで、世界中のカジノスポットに旅行したような感覚で遊べます。

このエンパイアカジノの中にあるカジノ・マカオの中でマカオダイスを遊ぶことができます。

エンパイア777は日本語サポートが充実しており、VIP特典も豊富なので長くオンラインカジノで遊びたい方におすすめです。

パイザカジノ

パイザカジノは2016年にサービスを開始しした新しいオンラインカジノですが、ゲーム数は1,000以上ありキャンペーンも充実しているので、初心者でも遊びやすいです。

また、たくさん遊ぶとコンプポイントというポイントを貯めることができ、現金と同じように使えるので還元率が高くおすすめです。

マカオダイスの特徴を理解するのが必勝のコツ!

マカオダイスは日本の丁半賭博に似たカジノゲームであり、ルールがシンプルなので誰でも簡単にプレイできます。

通常のサイコロではなく、魚や海老、蟹が描かれたサイコロを使うので、最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば気軽に遊べるようになります。

マカオダイスを攻略するときは、出目の合計が大きいか小さいかを賭ける「ビッグ/スモール」か、偶数か奇数を当てる「偶数/奇数」の賭け方に絞るのがおすすめです。

この2つの賭け方は勝率が約50%なので、カジノの定番攻略法を使えます。

例えば、マーチンゲール法を使えば連敗が続いたとしても1回でも勝てば、利益を生み出すことができます。

マカオダイスの基本ルールや攻略法をしっかり押さえて、ゲームを楽しみましょう。

ページTOPへ