iWallet(アイウォレット)の入金方法の流れと注意点を解説

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/11/21 公開
2020/11/27 更新

最近はネット経由でプレイできるオンラインカジノの利用者が増えています。

家にいながら手軽にプレイできますので、これからも利用者は増加していくことでしょう。

そんなオンラインカジノを利用するには、当然ですがお金を入金する必要があります。

そこでおすすめなのが、電子決済サービスの「アイウォレット(iWallet)」です。

そこで今回は、アイウォレットへの入金方法と、アイウォレット(iWallet)からオンラインカジノへの入金方法を解説していきます。

アイウォレット(iWallet)への入金方法

アイウォレット(iWallet)への入金方法は現在6種類用意されています。

それぞれ簡単に説明しますので、自分に合った入金方法を確認してみましょう。

  • 国内銀行振込(日本)
  • クレジットカード(Visa/Mastercard)
  • バウチャー(クーポン)購入
  • Japan Remit Finance
  • 国際銀行振込
  • 国際銀行振込 (SEPA)

国内銀行振込

取引手数料 2.3%
通貨 JPY(円)
反映時間 3営業日以内
入金制限 銀行によって異なる

送金する銀行口座が国内に存在している場合に利用できる入金方法です。

日本に住んでいる成人であれば、ほとんどの人が自分名義の銀行口座を一つは所持していると思います。

アイウォレット(iWallet)への入金ということで難しく感じるかもしれませんが、実際は【自分名義の銀行口座→アイウォレット(iWallet)が用意している銀行口座】への入金になりますので、普段から行っている振り込み作業を変わりません。

弱点としては、他の入金方法と比較して反映までに時間がかかる可能性がある点です。

入金制限も銀行によっては設定されていますので、事前に確認しておきましょう。

クレジットカード・デビットカード(Visa/Mastercard)

取引手数料 5%+(USD 0.84/GBP 0.61/EUR 0.78)
通貨 USD(米ドル)・EUR(ユーロ)・GBP(ポンド)
反映時間 即時
入金制限 クレジットカード会社によって異なる

所持しているクレジットカード・デビットカードによる入金方法です。

クレジットカードによる入金のメリットと言えば、何と言っても反映時間が短い(即時)であること、そしてどこにいても手軽に決済を行うところとなっています。

すぐにでも対応したい場合はクレジットカードを利用しましょう。

ただし、アイウォレット(iWallet)に対応しているクレジットカードは「Mastercard/Visa」だけとなっています。

さらに、「3Dセキュアに対応」しているクレジットカードでなくては入金することができません。

「Visaのクレジットカードを持っているから入金できる!」と思って入金できない場合は、3Dセキュアに対応していない可能性があります。

以上のような注意点もありますが、入金時には3種の通貨を選択することができますし、即時反映という点を考えてもオンラインカジノへの入金におすすめの入金方法です。

バウチャー(クーポン)購入

取引手数料 5%
通貨 JPY(円)
反映時間 2営業日以内
入金制限 30日間合計で50万円まで(手数料別)

バウチャー(クーポン)購入サービスを経由してアイウォレット(iWallet)に入金する方法です。

このバウチャー購入はアイウォレット(iWallet)の「マイページ」から行うことができ、アイウォレット(iWallet)が指定している銀行口座にクーポン代金を振り込むことでアイウォレット(iWallet)に反映されます。

自分名義の国内銀行口座、クレジットカード、国際銀行口座などを所持していない人は利用すると良いでしょう。

デメリットとしては、バウチャー(クーポン)購入するのに銀行振込が必要になる点です。

その際の手数料も通常の銀行振込よりも高くなります。

バウチャー(クーポン)購入額も30日で50万円までと指定されており、少し不便に感じるかもしれません。

そのため、自分名義の銀行口座を所有している人は「国内銀行振込」の方を利用した方がお得です。

Japan Remit Finance

取引手数料 4,000円
通貨 JPY(円)
反映時間 2~3営業日
入金制限 下限:10,000円/1件、上限:1,000,000円/1日

こちらは、「Japan Remit Finance」という第三者機関(サードパーティ)を利用することでアイウォレット(iWallet)に入金できる方法です。

こちらのサービスを利用するには、Japan Remit Financeの会員になる必要があります。

アイウォレット(iWallet)の口座を開設したときと同じように、こちらでもKYC書類審査を受けて認証される必要があります。

認証した後は、Japan Remit Financeが指定している銀行口座に入金することで反映される流れです。

会員登録が必要だったり、入金してから反映される時間が2~3日と遅かったりと不便に感じる方が多いと思います。

しかし、取引手数料は4,000円と固定になっていたり、入金制限が最大で1日100万円までなど便利な部分もあります。

手間がかからずスピーディな入金を希望する人は「国内銀行振込」を選び、入金金額が高くなる場合は手数料の安さで「Japan Remit Finance」を選ぶなど臨機応変に選択すると良いでしょう。

国際銀行振込

取引手数料 無料
通貨 JPY(円)・USD(米ドル)・EUR(ユーロ)・GBP(ポンド)・HKD(香港ドル)・CNY(人民元)など
反映時間 基本的に3~4営業日、最長1~2週間
入金制限 銀行によって異なる

アイウォレット(iWallet)が指定している国際銀行に入金する方法です。

国内銀行振込と基本的なフローは同じになっていますのが、国際銀行振込だと手数料が必要ありません。

入金金額によっては手数料だけで大きな金額になってしまいますので、いくら入金しても手数料がいらないのはメリットと言えます。

さらに、対応している通貨も豊富ですので、利用する通貨によっては国際銀行振込の方を選んだ方が良いでしょう。

そんな国際銀行振込のデメリットは、何と言っても反映されるまでの時間が長いという点です。

最長で2週間ほどかかることもあり、すぐにでもアイウォレット(iWallet)に入金した人には向いていません。

国際銀行振込 (SEPA)

取引手数料 無料
通貨 EUR(ユーロ)
反映時間 3営業日以内
入金制限 下限金額:EUR 50

「Single Euro Payments Area(単一ユーロ決済圏)」という、ユーロ決済圏で行われる送金方法です。

もしSEPA内に銀行口座を所持している人は、普通の国際銀行振込よりもこちらを利用した方が良い場合があります。

利用できる通貨はユーロだけですが、手数料が無料で反映されるまでの時間も3日程度です。

ただ、この銀行口座を所持している人はそう多くありませんし、わざわざ作りに行くくらいであれば国内銀行振込を利用しましょう。

アイウォレット(iWallet)に入金する際の注意点

アイウォレット(iWallet)に入金する方法は分かったと思います。

基本的に難しい手順などはありませんが、注意すべき点がいくつかあります。

ここでは、それを理解しながら本番でミスをしないようにしましょう。

  • クレジットカードによる入金だと出金できなくなる
  • 入金時には必ず「自分名義」の口座が必要になる
  • スタンダード会員だと入金方法が限られる
  • 原則ATMを経由しての入金は不可

クレジットカードによる入金だと出金できなくなる

アイウォレット(iWallet)の入金に利用できるクレジットカードは(Master・Visa)と前述しました。

しかし、クレジットカードを利用して入金した場合に限り、自分名義の口座に出金することができなくなります。

出金ができないということで、iWalletプリペイドカードにチャージすることもできません。

そのため、「せっかくオンラインカジノで大勝したのに出金できない!」や「アイウォレット(iWallet)の残高から出金できない!」といったトラブルになることがあります。

クレジットカードで入金したら使い切る以外の道がないというのは少し不便です。

入金時には必ず「自分名義」の口座が必要になる

アイウォレット(iWallet)に入金する際には、「国内銀行振込」や「バウチャー購入」など、銀行振込を経由する場合があります。

銀行振込を行う場合、「アイウォレット(iWallet)に登録している名義」と同じ名義の銀行口座から入金しなくてはいけません。

もし他人名義(家族含め)で入金したとしても、アイウォレット(iWallet)の方には反映されない場合があり、利用規約に書いてあることも含めて後々のトラブルに発展する可能性もあるので気を付けましょう。

スタンダード会員だと入金方法が限られる

アイウォレット(iWallet)にただ登録しただけだと「スタンダード会員」としての利用範囲でしか機能を使うことができません。

スタンダード会員だった場合、利用できる入金方法は「Japan Remit Finance」か「SEPA」のみとなってしまいます。

国内銀行振込やクレジットカードを利用したい場合は、本人確認を行ってエグゼクティブ会員にグレードアップする必要があるのです。

しかし、Japan Remit Financeを利用する場合も結局はKYC書類審査を通す必要があるため、その手間を考えたら普通にアイウォレット(iWallet)でKYC書類審査を申請した方が手間もかかりません。

原則ATMを経由しての入金は不可

今ではコンビニなどにも普通に設置しているATMですが、そのATMを経由して現金をアイウォレット(iWallet)に入金することは不可能となっています。

例外的に「Japan Remit Finance」もしくは「国内銀行振込(日本)」を利用することで、銀行ATMから現金入金が可能になることもあります。

しかし、これは利用する銀行ATMによって違いますので、利用する際には事前に確認しておきましょう。

アイウォレット(iWallet)への入金手順

ここからは、アイウォレット(iWallet)へ入金する際の手順を簡単に解説していきます。最も利用人数が多い「国内銀行振込」によるやり方を抜粋しています。

国内銀行振込

基本的には、普段から行っている銀行振込の手順と変わりません。

  1. アイウォレット(iWallet)にログインしてマイページに移行する
  2. マイページから入金する口座情報を確認し、「口座に入金する」を選択
  3. 入金方法を選ぶ画面になるので、「国内銀行振込(日本)」を選択
  4. 口座情報および注意事項が表示されるので確認して入金
  5. その後アイウォレット(iWallet)の方で入金されているか「口座残高を確認する」で確認

国内銀行振込を利用する場合は、以下のようなことにも注意しておきましょう。

  • 入金先の口座情報を間違えると資金が戻らない可能性
  • 本人名義の口座からのみ入金可能

入金時には、アイウォレット口座番号を記載する必要があります。

インターネットバンクなどで多く見られるのですが、入金時は「メッセージ欄」があり、そこに任意の文章を載せて入金先に伝えることができるのです。

そのため、このメッセージ欄には「自分のアイウォレット口座番号」を入力するようにしましょう。

オンラインカジノへの入金方法

アイウォレット(iWallet)への入金が完了しましたら、次はオンラインカジノへの入金をしてみましょう。基本的な流れはどのオンラインカジノでも同じです。

  1. 入金画面から入金方法選択で「アイウォレット(iWallet)」を選ぶ
  2. 入金する金額を入力したら次に進む
  3. アイウォレット(iWallet)の画面に移行しますので、利用するアイウォレット(iWallet)のIDとパスワードを入力してログインする
  4. 決済入力画面が出るので、口座の通貨を設定して確認画面へ移行する
  5. 決済確認画面で内容に問題なければ「完了」や「実行」などを選択

以上の流れで基本的にはオンラインカジノへ入金されます。

アイウォレット(iWallet)への入金と違って、オンラインカジノへの入金は即反映されます。

アイウォレット(iWallet)を通じて入金することで、ウェルカムボーナスを受け取ることもできますので、ぜひ利用してみてください。

オンラインカジノの大手である「ベラジョンカジノ」など、多くのオンラインカジノで利用可能です。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • アイウォレット(iWallet)への入金方法は現状6種類ある
  • どの方法でも手数料など違いがあるので事前に確認する
  • 国内で入金を行うのであれば「国内銀行振込」か「クレジットカード」がおすすめの入金方法
  • アイウォレット(iWallet)からオンラインカジノへの入金方法は簡単なので安心

アイウォレット(iWallet)は、オンラインカジノで利用するのに非常に便利な決済サービスです。

アイウォレット(iWallet)を経由するだけで、オンラインカジノのウェルカムボーナスが貰えるのは非常にお得と言えます。

もちろん対応していないオンラインカジノもありますので、事前に確認しておきましょう。

ページTOPへ