オンラインカジノのバカラでも有効な「ウィナーズ法」について解説

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/3/15 更新

ウィナーズ法(投資法)とは、オンラインカジノにおいて損失の回収に特化した必勝法の一つです。

ウィナーズ法はモンテカルロ法のように数列を使って記録する方法であり、また、使用できる場面はココモ法と同じく2連敗してからです。

ウィナーズ法について詳しく見ていきましょう。

ウィナーズ法とは?

ヴィナーズ法(ウィナーズ投資法)とは、紙とペンに数列を書いていき、最後に数列が無くなる(数列は損失を表す)がなくなるまでゲームを行う必勝法の一つです。

手堅さという点では、バーネット法(「1,3,2,6」と賭ける必勝法)と似ていると言えるでしょう。

オンラインカジノでは、

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ルーレット

など、主に勝率が五分五分のゲームで使います。

ウィナーズ法はFXや競馬などで使用される有名な投資法の一つで、以前ヤフーオークションに情報商材として出品されたほどです。

ウィナーズ法の3つのメリット

ウィナーズ法のメリットは以下の3つです。

  1. 少ないリスクで損失を回収できる
  2. 賭け金が大きくなりにくいため冷静にプレイできる
  3. 軍資金が少なくても長くゲームを楽しめる

1.少ないリスクで損失を回収できる

ウィナーズ法は、損失を回復するために一気に賭け金をつり上げることはせず、徐々に賭け金をつり上げて損失を回収する方法です。

そのため、マーチンゲール法のように賭け金を急につり上げるリスクを取らずに、損失を回収できるというメリットがあります。

2.賭け金が大きくなりにくいため冷静にプレイできる

ウィナーズ法は、賭け金を徐々に増大させるため冷静にプレイできることもメリットと言えるでしょう。

負けが続いて損失が増えてると、焦って必勝法を無視したり、賭け金を大幅に増やしたりなどする人がいます。

冷静さがなくなると、損切りをするタイミングがわからなくなり、ズルズル負け続けて大きな損失を抱えて負ける可能性があります。

しかし、ウィナーズ法は基本的に賭け金が急に増えることはないため、冷静にプレイできます。

3.軍資金が少なくても長くゲームを楽しめる

ウィナーズ法は賭け金が膨らみづらく一気に損失が生まれないため、軍資金が少なくても長くゲームを楽しめます

そのため、オンラインカジノが好きだけどあまりお金を使えない人、できる限り損失を少なくしたい人におすすめの必勝法とお言えるでしょう。

反対に、大きなお金を賭けて刺激が欲しいという人には向かない必勝法でもあります。

ウィナーズ法の3つのデメリット

反対に、ウィナーズ法のデメリットは以下の3つです。

  1. 続けて負けると損失を取り戻しづらい
  2. 損切りのタイミングが見極めづらい続けて負けると損失を取り戻しづらい連勝
  3. 連勝・連敗のときにはあまり効果が発揮されない

1.続けて負けると損失を取り戻しづらい

ウィナーズ法のメリットでもある部分ですが、徐々に損失を回収する方法のため、続けて負けると損失を取り戻しづらいです。

もしくは、取り戻すために長期戦を覚悟する必要があります。

リスクを取ってでも早く損失を取り戻したい人はマーチンゲール法などを利用すると良いでしょう。

2.損切りのタイミングが見極めづらい

ウィナーズ法では負けを取り戻すために長くプレイする必要があり、どこで損切りをするべきかのタイミングが見極めづらいこともデメリットです。

損切りのタイミングは個人の軍資金の余裕や時間の問題が大きいため、自分なりのルールを設定しましょう。

そして、ルールを設定したらしっかりと守ることが大切で、これは投資についてもよく言われることです。

3.連勝・連敗のときにはあまり効果が発揮されない

ウィナーズ法の特徴は損失を徐々に回復させることです。

そのため、損失のない、少ない初回近くに連勝した場合、ほとんど利益をあげられません。

反対に、連敗したときは先ほど書いた通り、損失分を取り戻すのが難しく、かつ時間もかかります。

勝ち負けが交互になった場合は、そもそもウィナーズ法を使えないため(ウィナーズ法が使えるのは2連敗してから)注意が必要です。

【表付き】ウィナーズ法の使い方

次に表を使って、ウィナーズ法(ウィナーズ投資法)の使い方を解説していきます。

表は実際にルーレット(賭け金のスタートは1ドル・赤にベット)で検証・シミュレーションした結果です。

まずは以下のような表を用意してください。

ゲーム数 ベット時
の記録
賭け金 勝敗 累計
損益
ゲーム
終了時
の記録
1
2
3
4
5

①ウィナーズ法はゲームで2連敗した後の3ゲーム目から使える必勝法です。

ウィナーズ法を使い始めて次に負けた3連敗した際の表は以下の通りです。

ゲーム数 ベット時
の記録
賭け金 勝敗 累計
損益
ゲーム
終了時
の記録
1 記録なし 1 -1 1
2 1 1 -2 1,1
3 1,1 2 -4 1,1,2
4 1,1,2 2 -6 1,1,2,2
5 1,1,2,2 2 -8 1,1,2,2,2

上の表のポイントは

  • 表の左から右に向かって一列ずつ記入していく
  • 「ゲーム終了後の記録」の欄にはそのゲームの「賭け金」を記入
  • 「記録」の欄には、前回ゲームの「ゲーム終了後の記録」を記入

②次に、5連敗した後に2連勝した場合のウィナーズ法の表は以下の通りとなります。

ゲーム数 ベット時
の記録
賭け金 勝敗 累計
損益
ゲーム
終了時
の記録
1 記録なし 1 -1 1
2 1 1 -2 1,1
3 1,1 2 -4 1,1,2
4 1,1,2 2 -6 1,1,2,2
5 1,1,2,2 2 -8 1,1,2,2,2
6 1,1,2,2,2 2 -6 1,1,2,2
7 1,1,2,2 2 -4 1,1,2

上の表のポイントは

  • ウィナーズ法で勝利した際は「ゲーム終了後の記録」にある数字を左端から消していく
  • 「ゲーム終了後の記録」の欄に数字がなくなったときは、損失はなくなり利益がでている

表の記入ルールに慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、慣れれば難しくありません。

そのため、オンラインカジノ初心者の人もリスクが小さい賭け方としてウィナーズ法をよく使います。

同じく数列を使用する必勝法にモンテカルロ法がありますが、ウィナーズ法の記録ルールは非常に簡単で、難しい計算は必要ありません。

また、②の表のように、ウィナーズ法は特に、連敗から連勝したときに大きな効果を発揮します。

ウィナーズ法のルールを覚えるためにも、一度賭け金を少なくして、バカラなどでシミュレーションすることがおすすめです。

合わせて覚えてたい2つの必勝法

ウィナーズ法(ウィナーズ投資法)にはメリットもありますが、反対に長く続けないと損失を回収しにくいなどのデメリットもあります。

そのため、ウィナーズ法と合わせて他の必勝法も覚えて適切な場面で使い分けることで、損失を回収できます。

ウィナーズ法と合わせて覚えたい必勝法は以下の通りです。

  • マーチンゲール法
  • モンテカルロ法

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは、前ゲームで負けた分の倍額を勝つまで賭け続ける賭け方です。

マーチンゲール法は「理論上は必ず勝てる」と言われており、マーチンゲール法を使って勝った場合、それまでにどれほどの損失が出ていても回収できます。

非常にシンプルな賭け方であり、かつ1度の勝利で負け分をすべて取り戻せるとあって使う人も多いですが、同時にデメリットもあります。

マーチンゲール法のデメリットは勝つまで倍額を賭け続けるための資金力が必要なことです。

そのため、損切りのタイミングはわかりにくく、損失も大きくなる傾向があります。

ウィナーズ法もマーチンゲール法も損失を取り戻すという意味では同じ賭け方と言えますが、損失を取り戻すスピードやリスクは全く違います。

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法はマーチンゲール法と同じく有名なカジノの必勝法ですが、使用するゲームが異なります。

マーチンゲール法はバカラやルーレットなど勝率が50%のゲームで使用しますが、モンテカルロ法は勝率が33%のゲーム、配当3倍のゲームで使用されます。

モンテカルロ法もウィナーズ法と同じく手順が少し複雑であり、紙とペンが必須です。

ベット額は計算しながら決めていくため、マーチンゲール法ほど簡単ではありませんが、慣れると難しくはありません。

モンテカルロ法も、ウィナーズ法と似た性質があり、リスクを抑えながら徐々に損失を回収できるというメリットがあります。

必勝法は状況や資金などで使い分けよう

損失を取り戻すための必勝法として、上記の2つとウィナーズ法は同じです。

しかし、損失を回収する際に発生する利益やリスク、それに賭け金の大きさは異なります。

だからこそ、複数の方法を覚えておき、適切な場面や自分の状況によって使い分けることが大切です。

ちなみに、マーチンゲール法もモンテカルロ法も、有名なバカラ投資法と同じで、FXなどで利用される投資法の一つです。

まとめ

ウィナーズ法(ウィナーズ投資法)は、他の投資法と同じく必勝法とは言われますが、絶対に勝てる鉄板の方法ではありません。

そのため、メリットとデメリットの両方を把握することが大切であるため、もう一度再確認しておきましょう。

ウィナーズ法のメリット

  1. 少ないリスクで損失を回収できる
  2. 賭け金が大きくなりにくいため冷静にプレイできる
  3. 軍資金が少なくても長くゲームを楽しめる

ウィナーズ法のデメリット

  1. 続けて負けると損失を取り戻しづらい
  2. 損切りのタイミングが見極めづらい続けて負けると損失を取り戻しづらい連勝
  3. 連勝・連敗のときにはあまり効果が発揮されない

損失を取り戻す必勝法はウィナーズ法の他にも、マーチンゲール法やモンテカルロ法があります。

損失を回収するスピードやリスクは異なりますが、状況によって使い分けることでより勝率を高められるため、覚えておくことがおすすめです。

また、バーネット法(「1,3,2,6」と賭ける必勝法)とは手堅さという点で共通するため、同じく覚えておくことで戦略は広がり、より勝率を上げられます。

ページTOPへ