オンラインカジノでも利用可能なビットコインの仕組みや取引方法

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/9/1 更新

ビットコイン(bitcoin)と聞けば「仮想通貨のことでしょ?」と言われるくらい浸透してきました。

しかし、実際にビットコインを深く知っている人は多くありません。思っている以上に歴史があります。

仮想通貨という分野はいつ価格が暴騰するか分からないものです。

「もっと早く買っておけば良かった…」と後悔しないように、まずはビットコインについて知っていきましょう。

今回は基礎の部分をわかりやすく説明しますので、ビットコインの触りだと思って参考にしてくださると幸いです。

ビットコイン(bitcoin)とは一体何か

ビットコイン(bitcoin)とは一体何か
まずは、ビットコイン(bitcoin)のことを簡単に解説します。

ビットコインとは仮想通貨の一種であり、その名のとおり「仮想」の「通貨」です。

お金としての価値がありますが、紙幣や硬貨のように現物があるわけではありません。

ネット上で使える通貨ですので、取引が非常に楽で仮想通貨にも数百種類あります。

そして、価格はコインの種類、時期、世界情勢によって大きくチャートが変わってくるのが特徴です。

100円玉は100円の価値しかなく、これはいつどんな時でも変わりませんよね。

しかし、仮想通貨は「今日1通貨100円だったのに明日になったら1通貨105円になってた」などにように、相場が安定せず調整するのも難しいです。

ビットコインも同じように価格が暴騰したり暴落したりを繰り返すので、資産運用や投資・ビジネスとして使われることがあります。

ビットコインの仕組み

ビットコインの仕組みを知るためには、ブロックチェーントランザクションを理解する必要があります。

ブロックチェーンとは、ビットコインやネットワーク全体を共有された「公開台帳」のことです。

トランザクションとは、ブロックチェーン上に記録されるビットコインとウォレット(仮想通貨専用の財布)間で行われる価値の移転のことです。

ビットコインとウォレットは秘密鍵(プライベートキー)、もしくはシードと呼ばれるデータの一部を保管しています。

このデータはトランザクションに対する署名に使われ、ウォレットの所有者である証拠を数学的照明として利用できます。

作成されたトランザクションは一切に変更がされません。

そして、承認されたトランザクションはブロックチェーンに記録されます。

これを活用し、ビットコインとウォレットは残高を算出することができ、ビットコインの使用履歴などが分かるようになるのです。

ブロックチェーンの「整合性」と「時系列性」は、 暗号手法にて強化されています。

億り人という言葉が浸透するほど仮想通貨は盛り上がった

「億り人(おくりびと)」とは、元々FX取引や株式投資をしている人の中で、投資により資産が1億円に達した人のことをそう呼んでいました。

そのため、この言葉を知らない人も多くいたことでしょう。

しかし、2017年に発生したビットコインの暴騰により、資産が1億円を超すという人が続出したのです。

「これだけの億り人が誕生しました!」というニュースも連日放送され、それが結果的に億り人という言葉を世に浸透させるまでに至りました。

では実際に、2017年に日本で億り人になった人は何人くらいいるのでしょうか。

これは確実な人数は分かっていないものの、ビットコインを含む仮想通貨を保管する「ウォレット」に1億円以上もの資産が貯められているものは268口座と言われていました(※取引所の口座は含まない)。

それに加えて、2017年における確定申告で雑所得が1億円を超えており、その中で仮想通貨の取引を行っていた人は少なくとも331人いたとされています。

単純に考えて、331億円以上もの価値を持ったビットコインが日本にあったということです。

ハードウェアウォレットなど自分で管理するタイプのウォレットを使っている人の資産と合わせれば、さらに多くの億り人がいたと考えられています。

ビットコインが作られた当時のことを考えると、まさかここまで値上がりするとは思わないでしょう。

メリットとは?

メリットとは?
ここからは、ビットコインなどの仮想通貨を持つことでのメリットを解説します。

  • 個人間で送金することができる
  • どの国でも使える
  • 24時間365日取引可能
  • 少額取引ができる
  • インフレになる可能性が低い
  • 支払い時の個人情報流出を防げる
  • マイニングで増やすことができる

個人間で送金することができる(手数料も安い)

ビットコインを含む仮想通貨は、法定通貨などと違って個人間でリアルタイムで直接送金ができるという仕組みが大きなメリットです。

第三者を介さないため、仲介手数料も必要ありません

迅速に送金ができるので初心者でも安心です。

どの国でも使える

ビットコインなどの仮想通貨は銀行を経由する必要がありません。

どの国で使っても価値は日本にいた時と同じ価値であり、世界共通通貨として利用することができます。

もちろん両替の手数料なども発生しません。

24時間365日取引可能

ビットコインを含む仮想通貨は24時間365日購入・取引ができます。

土日祝日なども仮想通貨には関係ありません。

夜まで仕事をして、帰ってからトレードするような流れも可能です。

これは金融商品の中でも仮想通貨ならではのメリットと言えます。

FX取引などは土日はやっていませんので、平日を待たなくてはいけません。

少額取引ができる

仮想通貨取引所によっても違いますが、取引単位が0.00000001BTCのような少額取引から行えるようになっています。

これを日本円に換算すると0.02円の世界ですので、所持これしているビットコインが少なくても取引可能です。

他の投資と比較しても初心者向けとも言えます。

インフレになる可能性が低い

ビットコインを含む仮想通貨は、それぞれ発行上限枚数が定められています。

仮想通貨によって枚数は大きく違いますが、ビットコインの発行枚数は最大で2100万枚です。

金と同じで上限が決められているということはインフレに陥る恐れが低いということです。

仮に、日本円などの自国の通貨がインフレになったとしても仮想通貨などの資産に影響は少なく、結果的に資産を守ることに繋がります。

支払い時の個人情報流出を防げる

たとえば、ネットで買い物をする際にクレジットカード決済を使う場合、必ずクレジットカードの個人情報を入力しなくてはいけません。

この情報がしっかりとしたセキュリティで守られていれば問題ありませんが、不正流出してしまうと個人情報が盗まれて勝手に使われる可能性があります。

暗証番号を記載した銀行のキャッシュカードを盗まれるのと同じ状態です。

しかし、仮想通貨による取引に個人情報の提示は必要ありません

仮想通貨の送金・受金には公開鍵と秘密鍵と呼ばれるシステムが使われます。

秘密鍵とは、その名の通り自分だけが知っている暗号のことです。

この秘密鍵を専用アドレスに署名することで、仮想通貨の送付が可能になります。

アドレスだけでは誰のものか分かりませんので、個人情報流出の危険性も抑えられるのです。

マイニング(採掘・発掘)で増やすことができる

ビットコインの主な入手方法は、ビットコイン取引所や販売場による購入ですが、パソコンなどを使ってマイニング(採掘・発掘)することで入手できます

マイニングとは、新しい仮想通貨を採掘するイメージを持てくださると分かりやすいと思います。

ただし、ビットコインを個人レベルの設備でマイニングすることは現状不可能です。

クラウドマイニングなど誰でもマイニングに参加できる仕組みもありますが、基本的には初心者は手を出さないようにしましょう

普通に購入した方が確実です。

ただし、ビットコインではなく、知名度が低い仮想通貨などであれば個人レベルの設備でもマイニングすることができる可能性はあります。

デメリットとは?

デメリットとは?
メリットが多い分、ビットコインにはデメリットもあります。

このデメリットをどのようにして回避していくかが運用の成功に繋がります。

  • 価値が暴落する可能性もある
  • 国による保障が現在のところ存在しない
  • 相続されない可能性がある
  • 取引所が倒産・閉鎖する可能性がある
  • 利用可能な場所がまだ少ない

価値が暴落する可能性もある

ビットコインの価値が暴騰する可能性があるということは、その逆に暴落する可能性もあるということです。

とくにビットコインは価格変動の幅が大きく、数万円から数十万円クラスでの変動を繰り返すことも珍しくありません。

FXと同じようにレバレッジを利用した取引の場合、損失が大きくなってしまう危険性があるのです。

国による保障が現在のところ存在しない

自分のビットコインを預けてある取引所が倒産・閉鎖してしまった場合、国からの保障は2021年の時点ではありません。

取引所によっては独自の保障制度を導入しているところもありますが、ハッキングなどによる不正アクセスによる出金に対する補償がメインです。

せっかく購入したのに取引所が潰れてしまうと保障は一切ありません

銀行の場合は、最低限の保障が国からありますので、そういった点に関してはデメリットと言えるでしょう。

各取引所の補償制度をしっかりと確認したうえで取引所を選ぶことをおすすめします。

相続されない可能性がある

もしビットコインを保有したまま事故や病気で他界してしまった場合、そのビットコインを家族に相続できない可能性があります。

一番の理由としては、ビットコインを出金するには取引所のパスワードやウォレットの秘密鍵が必要になるからです。

この情報を事前に相続人などに伝えておけば問題ありませんが、誰にも告げずに他界した場合は出金することができず、結果的に相続もされることはありません。

もちろん、生前にパスワードや秘密鍵を教えておくことで相続できる場合もありますが、それが他の人にバレた場合に資産がすべて抜かれるといったリスクも考えられます。

セキュリティがしっかりとした場所に保管しておくことが一番です。

取引所が倒産・閉鎖する可能性がある

自分が取引している取引所が倒産・閉鎖してしまった場合、取引所に預けているビットコインがすべて消失してしまう可能性があります。

過去にもマウントゴックスというビットコイン取引所がハッキング被害により経営破綻してしまい、とんでもない損害を出したまま返ってこないという事件がありました

もちろん、昔よりはセキュリティ面は向上されていますが、コインチェックでも不正流出事件があったのも記憶に新しいです。

コインチェックは流出した分を保障し、取引所が閉鎖することはありませんでしたが、今後もこのような事態に陥る危険性はあります。

利用可能な場所がまだ少ない

ビットコインは世界共通で使える通貨ではありますが、決済方法として広く使えるようになってまだ数年です。

日本でも決済方法として選択できる店舗やサービスは増えましたが、それでも一部にしか反映されていないのが現状です。

投資の資産としては高い価値はあるものの、実用性という点で考えれば高そこでまくありません。

ただ、今後は導入するサービスも増えていく可能性はあり、オンラインカジノなどでもビットコインを使ってベットできるところも増えてきています。

オンラインカジノでもビットコインは使える

オンラインカジノでもビットコインは使える
最近では、ビットコインを含む仮想通貨による決済を導入している店舗やサービスが増えてきました。

オンラインカジノでもビットコイン決済を導入し始めた業者が増えています。

ビットコインでオンラインカジノを利用するメリットやデメリット、使い方などは他の記事で解説しているのでここでは省略しますが、入出金の反映の速さや価格変動によって大勝ちできる可能性の高い運用方法です。

ぜひそちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • ビットコインは仮想通貨の一種
  • 仮想通貨にはブロックチェーンとトランザクションが関わっている
  • 暴騰と暴落を繰り返して「億り人」を大勢作るほどの仮想通貨ブームを作った
  • メリットもデメリットも多く、運用には細心の注意を要する
  • ビットコインが使えるオンラインカジノが増えてきている

ビットコインは非常に価値の高いものです。

一時期の勢いはありませんが、今後も突然暴騰する可能性もあります。

新しい「億り人」に自分がなるかもしれません。

もしビットコインの運用を考えている場合は、自らしっかりとした管理をするようにしましょう。

オンラインカジノでビットコインを利用する場合も同様です。

ページTOPへ