オンラインカジノをプレイするのは合法もしくは違法なのかを解説

日本でオンラインカジノをプレイするのは違法なの?合法なの?
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/9/6 公開
2021/8/31 更新

カジノを家で気軽に楽しめることから高い人気を誇っているのがオンラインカジノです。日本人プレイヤーも増えていますが、これまで一度も触ったことのない人にとっては「日本でオンラインカジノって違法じゃないの?」と思う人もいるでしょう。

そこで今回は、オンラインカジノは日本にとってどのような扱いなのか解説していきます。

日本でオンラインカジノって遊んでもいいの?

日本でオンラインカジノって遊んでもいいの?

自宅で待機することが多くなったため副業としても注目されている「オンラインカジノ」ですが、カジノという名称が付いていると日本だと違法なのでは?と感じる人も多いと思います。

まずは、そういった基本的な疑問から解決していきましょう。

違法でもないが合法でもないグレーゾーン

先に結論だけ言うと、日本におけるオンラインカジノは「グレーゾーン」です。違法とも言い切れない代わりに合法とも言い切ることができません。

これは法律の専門家でも意見が分かれるほどの議題であり、現状は「オンラインカジノは〇〇の罪になる!」というものはないのです。まずはオンラインカジノは日本においてグレーゾーンということを頭に入れておきましょう。

違法でも合法でもない理由

では、なぜ専門家によって意見がコロコロ変わるのでしょうか。違法派と合法派の意見をそれぞれ見てみましょう。

違法派「オンラインカジノはカジノだし日本では賭博行為にあたるから違法である」 合法派「オンラインカジノは海外のサービスであり日本の賭博法では裁けない」

日本におけるオンラインカジノの解釈は上記の2種類に分類されるのです。では、それぞれの意見をもう少し詳しく見ていきましょう。

・違法派

日本において競馬や競艇などの公営ギャンブル以外のギャンブルは賭博法に該当します。それはカジノにも適用され、日本で運営しているカジノは違法です

運営している会社だけでなく、そのカジノで遊んだ人も等しく罰せられます。オンラインカジノはたとえ海外のサービスだったとしても、日本国内でプレイして金銭のやり取りがあるのであれば違法である、というものです。

・合法派

確かに日本においてカジノは違法です。しかし、日本の賭博法は「胴元」の摘発、つまり運営元を摘発する必要があります。この胴元の摘発に付随するのが遊んだ人の逮捕であり、言い換えれば胴元が摘発されなければ遊んだ人が逮捕されることはありません。

そこでオンラインカジノについて考えてみましょう。オンラインカジノは海外のサービスであり、日本の法律では裁くことができません。つまり胴元を摘発することができないのです。

そのため、日本でオンラインカジノをプレイしても逮捕されるべきではない、というものです。

【結論】日本でオンラインカジノをプレイしても逮捕される可能性は極めて低い

このように、現在の日本の法律ではオンラインカジノをプレイしたとしても逮捕される可能性は極めて低いと言えるでしょう。ただし、逆に100%逮捕されないという保証もありません。

日本人によるオンラインカジノユーザーは増加傾向にありますし、今後日本のカジノ法案によってはオンラインカジノをプレイしただけで違法になる可能性も合法になる可能性もあるのです。

違法になるパターンもあるので注意する

違法になるパターンもあるので注意する

上記で記載した通り、現状の法律では「日本でオンラインカジノをプレイしたとしても逮捕されることがほぼない」ということが分かりました。

しかし、これは通常パターンで遊んだ場合であり、使い方によっては逮捕される可能性も充分あるのです。ここからは、日本でオンラインカジノをプレイして逮捕される、もしくはそれに近しいことが起こるパターンについて解説していきます。

  • インカジでオンラインカジノをプレイする
  • 他の人にアカウントを貸す、もしくは借りる
  • 自分名義以外のクレジットカードで入金した場合
  • 確定申告をせずに納税もしない
  • 攻略ツールの販売促進

インカジでオンラインカジノをプレイする

これは100%逮捕される事例の一つです。インカジというのはネットカフェのようなイメージで、その空間に多くのパソコンが並べられており、そこでオンラインカジノをプレイすることができる施設のことを指します。

実はこのインカジというのは違法サービスであり、摘発はもちろんのこと利用者も逮捕されてしまうのです。その大きな理由として挙げられるのが、「インカジは直接金銭のやり取りをするから」という点でしょう。

インカジは店舗によって形態が少し異なりますが、基本的には「インカジ側に金銭を渡す→インカジがオンラインカジノへ入金する→インカジのアカウントでオンラインカジノをプレイする→賞金はその場で清算することができる」という流れです。

普通に自分の家でオンラインカジノをプレイする場合、自分でオンラインカジノ側に入金して、出金する際も自分からオンラインカジノへ申請します。

つまり、第三者を通じて金銭のやり取りがないため賭博法には当てはまらないということです。

他の人にアカウントを貸す、もしくは借りる

オンラインゲームなどであれば友達などにアカウントを貸して一緒にやることなどもあると思いますが、オンラインカジノにおいてアカウントの貸し借りは賭博法に抵触してしまいます。

ちょっとだけ…と思ったとしてもバレてしまえば構わず逮捕される可能性があるのです。違法となる理由としては、「その人の名義で作ったアカウントはその人しか使うことを認めていない」という非常に単純なものです。

オンラインカジノによっては即アカウントの凍結に繋がることもあります。

因みに、オンラインカジノで複数のアカウントを作ること自体は可能なのでしょうか。結論から言うと、登録自体は可能ですがすぐに凍結されてしまうでしょう。

まず、各オンラインカジノは複数アカウントの所持を禁止しています。これは利用規約などにも記載されていますが、確認しなくてもダメだということは分かると思います。

それに複数アカウントを作るということは、登録する際の情報を偽る必要があるのです。つまり、虚偽情報での登録になります。

これは明確に利用規約違反であり、サブアカウントの凍結だけでなく本アカウントも凍結されてしまう危険性も非常に高いです。

それに加えて、第三者の個人情報を無断で使用することは「名誉棄損罪」として成立する可能性もあります。サブアカウントで高額配当を出しても出金できなければ意味がありません。

むしろマイナスになることしかないのです。そのため、オンラインカジノに登録する際には必ず正式な情報を提供しましょう。

個人情報を海外サービスに提供するのは怖いという意見もあります。確かに海外サービスでありカジノという側面もあるため不安はあると思います。

しかし、最近のオンラインカジノは国や政府から認められて運営しているのです。まず悪用されることはありません。ただ、個人情報が何らかの理由によって漏洩してしまう可能性は0ではないです。

どうしても個人情報の提供が嫌だという人は、ビットカジノなど個人情報の提供がいらないオンラインカジノを使ってみましょう。

自分名義以外のクレジットカードで入金した場合

上記のように他人のアカウントを使うだけでなく、自分名義以外のクレジットカードを使って入金した場合にもペナルティが発生する可能性が高いです。

そもそも入金したとしても反映されるかも分かりませんし、100%出金することはできません。他人名義のクレジットカードを利用した場合も「詐欺罪」となる可能性があり、オンラインカジノのアカウント凍結だけでなく、クレジットカード自体も停止してしまう可能性が高いです。

クレジットカード決済を入金として使う場合、必ずクレジットカード情報と本人確認が行われます。その状態で仮に1,000ドルの利益が出たとしましょう。

それを出金するために「日本国内にある銀行口座」をオンラインカジノ側に伝えました。しかし、クレジットカードの名義と出金先の口座名義がまったく違う人だった場合、オンラインカジノ側も不振に思ってしまいます。

そこで他人名義のクレジットカードを使っていたことがバレ、アカウントの凍結処理に進んでいくことでしょう。

確定申告をせずに納税もしない

知らない人も多いと思いますが、オンラインカジノの利益は課税対象です。オンラインカジノでの利益が1年で50万円を越した場合のみ、所得税の確定申告をして納税する必要があります。

これは日本国民として課せられた義務の一つです。たとえ海外サービスであっても申告と納税をしなかった場合、脱税や所得隠しとして法的処分を申し付けられる可能性もあります。

オンラインカジノの利益は会社とは関係ないため、勤め先が手続きはしてくれません。すべて自分でする必要があります。

1年間の利益が50万円以下であれば確定申告する必要はありません。因みに、オンラインカジノの利益は「一時所得」に分類されます。

他のギャンブルの利益も一時所得ですが、他のギャンブルは現金で直接受け取るという方式のため確定申告を出す必要がありません(※記録がないため)。

オンラインカジノの利益は銀行に出金する際のデータがあるため、税務署などでも記録を確認することができるため申告しなくてはいけないのです。

もう一つ覚えておくべきこととして、仮に50万円以上勝ったとしても銀行に50万円を越す出金をしなければ確定申告しなくても済む可能性があるという点です。

前述した通り、オンラインカジノの利益が銀行に出金された時点で記録が残り、税務署の方でも確認することができるようになります。

つまり、50万円以下の出金であれば税務署でも「この人は50万円以下の利益しか出していない」と判断するしかないのです。一つの節税方法として覚えておきましょう。

攻略ツールの販売促進

オンラインカジノを純粋にプレイするだけであれば問題ありませんが、もしオンラインカジノに関するビジネスをする際には逮捕される危険性がグッと高まります

オンラインカジノはインターネットを通じて遊べるサービスです。目の前にディーラーがいないため、使おうと思えば簡単に攻略法を使用することができます。

その際に使える「攻略ツール」のような不正ツールを販売している業者もあるのです。主にライブバカラなどで使えます。

しかし、ほとんどのツールが何にも役に立たない詐欺ツールです。さらに、このようなツールを使うこと自体オンラインカジノは認めていません。

これもバレたらアカウントの凍結に繋がる可能性があります。それに加えて、もし販売する立場の方になれば「詐欺罪」などにも該当する可能性があるのです。

販売促進のために「必ず勝てる!」や「勝率100%」などの謳い文句を使った場合は、景品表示法の違反にも当てはまることでしょう。買うのも売るのも絶対にしてはいけません。

違法オンラインカジノは実在した

違法オンラインカジノは実在した

「日本でオンラインカジノをプレイすること自体はグレーゾーンだが逮捕はされない」「利用方法を間違えると逮捕される可能性はある」という2点は分かったと思います。

自分で守れる部分を守ってれば逮捕されることもないと感じてるかもしれません。しかし、これらを守っていたとしても違法なオンラインカジノというものは存在します。

そういったオンラインカジノに登録して遊んでしまうと、とんでもないマイナスを被ることもあるでしょう。

ドリームカジノ

2016年6月10日に運営者5人が逮捕された「ドリームカジノ事件」は、日本のオンラインカジノ運営において初めて逮捕された事例になります。

オンラインカジノを昔からプレイしている人には記憶に新しい事例です。

この事件は少し複雑で元の運営企業は海外にあり、使用していたサーバーも海外のものでした。ここまでは問題ないのですが、「運営自体を担当していたのが日本国内にある会社だった」という点で逮捕されることになったのです。

海外の企業が出資し、それを使って日本国内で運営していたような感じで、賭博法的には違法ということで逮捕に至ったと言われています。

では、なぜ日本国内で運営されていることがバレたのか。一番大きかったのは「サポート窓口で対応しているのが日本語のみだった」という点です。

オンラインカジノは海外のサービスとなっていますので、サポートが日本語のみというのはあり得ません。確実に日本人のみを狙ったオンラインカジノなのです。

今回の摘発に関して、プレイヤー自体は逮捕されていません。あくまでオンラインカジノを運営していた会社と運営者に対する逮捕だけです。

ドリームカジノでの入金分や勝利分の払い戻しは他のオンラインカジノを通じて行われており、すべて失った…のようなことにはなりませんでした。

このように、表だけではどこが運営しているのか分からなかったりするのです。できるだけ情報を集めてから登録するオンラインカジノは決めましょう。

スマートライブカジノ

この事例に関してはスマートライブカジノ自体は違法ではありませんし、スマートライブカジノの運営も海外が行っています。スマートライブカジノが摘発されたということもありません。

では何があったのかと言うと、「スマートライブカジノで遊んだプレイヤーが逮捕された」という事例です。

決してインカジでプレイしたわけでもなく、何か違法なことをしたわけでもありません。それなのに逮捕された理由は、「スマートライブカジノには日本人ディーラーがおり、日本語で会話ができるから日本人専用オンラインカジノだと思った」からです。

日本人専用オンラインカジノをプレイしたのであれば賭博法に当てはまると思ったのでしょう。しかし、これは結果的に不起訴となります。

最初の方にも書いた通り、運営元は海外であるため胴元を逮捕できませんし、それなら日本の賭博法で裁くこともできないのです。

良くも悪くも「オンラインカジノで逮捕者が出た」という情報が出回ったのと同時に、「オンラインカジノをプレイしても不起訴になる」という実例を作った事件ともなりました。

日本人がプレイしやすいオンラインカジノというだけで疑われるのも考えものです。

日本でオンラインカジノをプレイする際に注意すべき点

日本でオンラインカジノをプレイする際に注意すべき点

最後に、日本でオンラインカジノをプレイする際にどのような点に注意すべきか解説していきます。日本では違法ではないものの、すべてのオンラインカジノがクリーンなわけではありません。

登録する際には必ず以下のようなことを確認していきましょう。

  • 運営ライセンスを取得している
  • 第三者機関の監査を受けている
  • 日本語サポートが充実している
  • 入出金がスムーズに行える
  • ボーナス制度が充実している
  • 日本で運営していないことを確認する
  • 純粋に日本で人気のオンラインカジノを選ぶ

運営ライセンスを取得している

これが最も重要であり、最も確認しやすい部分です。オンラインカジノを運営するには、必ず国や政府が発行した「運営ライセンス」が必要になります。

誰もが知る大手オンラインカジノであれば確実に取得していますし、比較的新しいオンラインカジノだったとしてもほぼ確実に取得しています。

取得しているライセンスはオンラインカジノの公式ホームページなどで確認することができますが、もし可能であればどのライセンスを取得しているかも確認してみましょう。

【おすすめ運営ライセンス】

マルタ(Malta)

ジブラルタル(Gibraltar)

キュラソー(Curacao)

イギリス(the Gambling Commission)

オルダニー(Alderney)

カナワケ(Kahnawake)

上記の運営ライセンスを取得しているオンラインカジノは安全性も信頼性も非常に高いです。なぜなら取得難易度が非常に高く、数々の審査をクリアしなくては発行されないライセンスだからです。

オンラインカジノの中でも抜群の知名度を誇るベラジョンカジノもマルタ(Malta)などを取得しています。

オンラインカジノの中には複数のライセンスを取得していることもありますので、その数が多ければ多いほど安全と言えるでしょう。

ただし、上記のライセンスを持ってないからと言って違法オンラインカジノというわけではありません。ライセンスを取得してる時点で高い安全性は保証されています。

しかし、公式ではないものの取得難易度の高低があるというのはオンラインカジノプレイヤーであれば当然の知識です。

とにかく安全性に拘るのであれば、やはり上記のライセンスを取得しているオンラインカジノを選んだ方が良いと言えるでしょう。

第三者機関の監査を受けている

導入するカジノゲームを制作しているソフトウェア会社などが「第三者機関の監査を受けている」かを確認してみましょう

公式サイトなどに記載されていることもありますが、よく分からない人はソフトウェア会社名で検索すると詳しく解説してるサイトなども出てきます。

第三者機関も運営ライセンスと同様に様々な企業が参入しています。その中でも有名かつ信頼性の高い第三者機関と言えば以下の2つでしょう。

【おすすめ第三者機関】

eCOGRA

Technical Systems Testing(TST)

この第三者機関の監査を受けて認証されているオンラインカジノ、ソフトウェア会社であれば信頼性は高いと言えます。さらに掘り下げるのであれば、認証を受けている期間についても調べてみることをおすすめします。

第三者機関の監査は定期的に抜き打ちで行われます。その際に何か不具合があれば認証は取り消されるため信頼性はグッと落ちるでしょう。

逆に取得してからずっと認証されたままのオンラインカジノであれば揺るぎない信頼性があります。

日本語サポートが充実している

オンラインカジノは海外のサービスとなりますので、しっかりと公式サイトが日本語に対応していること、そしてサポート窓口も日本語に対応していることが重要です。

基本的に大手オンラインカジノは日本語サポートに対応していますが、中には対応してないオンラインカジノもあります。

日本語サポートがないからダメなオンラインカジノというわけではありませんが、何かしらトラブルになった際にすべて英語だとコミュニケーションを取ることができません。

利用規約なども日本語でしっかりと書かれていることも確認しましょう。なぜなら、登録した後にトラブルが発生したことを考えて利用規約を頭に入れておかなくてはいけないからです。

「利用規約は英語で読めなかったど同意した…」となってしまっては説得力がありません。しっかりと確認せずに登録したプレイヤー側に責任があると言われても仕方ないのです。

そういった面も含めて、すべて日本語に対応しているオンラインカジノを選ぶべきでしょう。

入出金がスムーズに行える

オンラインカジノへの入金、オンラインカジノからの出金に関してもスムーズに行えるオンラインカジノを選びましょう。実は、入出金関連が最もオンラインカジノとのトラブルになりやすいのです。

「入金して丸1日経ったのに全然反映されない」「出金申請してから1週間経つのに振り込まれない」といったことは意外と起こりえます。

もちろんオンラインカジノ側だけの責任ではありません。金融機関のトラブルの可能性もあります。

しかし、毎回毎回トラブルがあってはオンラインカジノ側の不手際と言えるでしょう。こういったトラブルが多いオンラインカジノは、いずれ「出金申請した金額すべて消えてる…」のようなとんでもないトラブルに発展する可能性もあります。

日本に住んでる以上、直接運営企業へ乗り込むこともできません。もし掲示板などの口コミを確認する際には、入出金関連についてを重要視することをおすすめします。

ボーナス制度が充実している

オンラインカジノには「ボーナス」という制度があります。ボーナス内容は各オンラインカジノで異なりますが、概ね「入金不要ボーナス(登録ボーナス)」「入金ボーナス」は用意されています。

入金不要ボーナス(登録ボーナス)とはウェルカムボーナスとも呼ばれており、その名の通り登録するだけで付与されるボーナスのことです

1円も入金する必要がありませんので、オンラインカジノで一番最初に貰えるボーナスでもあります。

入金ボーナスも名前の通り、オンラインカジノへ入金することで付与されるボーナスのことです。付与される倍率や上限は何回目の入金なのかによって変わります。オンラインカジノによっては指定のビデオスロットで使えるフリースピンが付与されることもあります。

これらのボーナスは出金するために「出金条件」というものをクリアする必要がありますが、それでも無料で付与されるサービスなので利用すべきです。

まずは、そのオンラインカジノが提供しているボーナスについて見ていきましょう。ボーナスが異常に少ない、まったく行ってないオンラインカジノはプレイヤーに還元する気持ちが少ないとも言えます。

入金させるだけさせて出金させない、いつの間にか夜逃げするオンラインカジノになる可能性も秘めているでしょう。逆にボーナスを定期的に実施しているオンラインカジノはプレイヤーへの還元にも積極的なので登録すべきです。

日本で運営していないことを確認する

これは何回も言っていますが、日本で運営しているオンラインカジノは違法です。日本の賭博法で取り締まることが可能となっていますので、絶対に登録しないようにしましょう。

しかし、日本が運営しているか分からない場合もあると思います。公式サイトなどでも言ってしまえば偽の運営企業をでっち上げれば良いだけです。

そのため、もし怪しいオンラインカジノがあったら口コミや掲示板で検索してみましょう。決して興味本位で登録だけはしないように。

純粋に日本で人気のオンラインカジノを選ぶ

上記の色々な条件を確認した上でも優良オンラインカジノは非常に多く、結局どのオンラインカジノに登録すべきなのか迷うという人もいると思います。

そうなった場合は日本で人気、もしくは日本人プレイヤーの多いオンラインカジノへの登録を検討してみましょう

インターネットで検索すれば、日本人におすすめのオンラインカジノや評価をランキング形式で解説しているサイトもあります。個人的におすすめのオンラインカジノをいくつか紹介しましょう。

・ベラジョンカジノ

日本で最も知名度のあるオンラインカジノと言えば「ベラジョンカジノ」でしょう。広告などでも目にすることが多いと思います。

ベラジョンカジノはオンラインカジノで最も古くからスマホなどのモバイル端末に対応するなど、オンラインカジノ業界に新しい風を吹き込んだことでも有名です。

カジノゲーム数も1,000種類以上設置されており、オンラインカジノ初心者でも楽しむことができます

日本人にも非常におすすめで、ベラジョンカジノへの入出金方法も豊富で安心です。安全性や信頼性も高く、多くの日本人プレイヤーが在籍していることからもそれが分かります。

ボーナス面も優秀なのですが、実は日本人だけをターゲットにしたキャンペーンも開催しているのです。日本語サポートも充実していますし、登録を検討してみましょう。

・インターカジノ

インターカジノが設立したのは1996年7月と、世界で初めてのオンラインカジノとして産声を上げました。運営会社は「Breckenridge Curacao B.V」で、実は上記のベラジョンカジノと同じ会社となっています。

そのため、安全性や信頼性も非常に高く、ベラジョンカジノに高い信頼性があるのは昔からインターカジノを運営している実績があるからなのです。

入出金方法もベラジョンカジノと同様に豊富で、電子マネー決済サービスから仮想通貨までも対応しています。各大手ソフトウェア会社とも提携しており、毎月のように新しい機種で遊ぶことも可能です。

その実績から過去に様々な賞も受賞しています。こちらも日本語サポートやボーナスの充実度が高く、日本人プレイヤーも無理なく遊ぶことができるでしょう。

・ラッキーニッキーカジノ

上記の2つのオンラインカジノは古くからオンラインカジノ業界の第一線で愛されていますが、ラッキーニッキーカジノが設立したのは2017年と、非常に新しいオンラインカジノと言えます。

新しいオンラインカジノですが、取得している運営ライセンスはマルタライセンスなので高い安全性や信頼性があると言えるでしょう。日本人にも好かれるアニメ風なキャラクターも人気です。

カジノゲーム数も1,600種類以上と豊富と言えます。定期的に開催しているキャンペーンやプロモーションのおかげで、効率よく一攫千金を狙える環境なのも評価が高いです。

VIP制度もあるため遊べば遊ぶほど有利になっていくのも本場のカジノのようで楽しめます。日本語サポートもあるため、これから始めようと思ってる日本人プレイヤーにもおすすめです。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・日本においてオンラインカジノは違法でもないが合法でもない

・運営会社が海外のため日本の法律外というのが現状

・摘発や逮捕されるパターンもあるので事前に確認しておこう

・過去に摘発された日本の違法オンラインカジノもある

・日本でオンラインカジノをプレイするなら選び方に注意

日本におけるオンラインカジノの扱いについてまとめてみました。オンラインカジノが海外企業の運営で、普通に遊ぶ分には現状逮捕されることはありません。しかし、逮捕される事例もありますし、今後法律が変わって違法になる可能性もあります。そのため、定期的に情報を確認することをおすすめします。

ページTOPへ