オンラインカジノ「STICPAY」の概要や登録方法などをご紹介

オンラインカジノで使えるスティックペイ(STICPAY)ってどんなサービス?
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/12/15 公開
2021/12/24 更新

日本でも多くの人が利用し始めている人気サービスがオンラインカジノです。オンラインカジノには様々な入金方法が用意されていますが、最近多くのオンラインカジノで対応しているのが「スティックペイ(STICPAY)」です。今回の記事では、そんなスティックペイ(STICPAY)の概要と、利用できるオンラインカジノを一覧で紹介していきます。

オンラインカジノで使えるスティックペイ(STICPAY)とは

オンラインカジノで使えるスティックペイ(STICPAY)とは

スティックペイ(STICPAY)とは、2017年から利用できるようになった「eウォレット」です。最近では利用できるオンラインカジノも増えてきており、クレジットカードやエコペイズ、アイウォレットに次いで使われることも多いです。そんなスティックペイ(STICPAY)は、オンラインカジノだけでなくスポーツブックやFXなどにも利用することができます。今後も利用できるサービスは増えていくと思いますし、対応したオンラインカジノも増えるでしょう。

スティックペイ(STICPAY)の特徴

スティックペイ(STICPAY)には、以下のような特徴があります。

・入金方法が豊富に用意されている

・スティックペイカードを使えばATMからでも出金することができる

・仮想通貨からの入金も可能でオンラインカジノからの出金も楽

入金方法などは後述しますが、やはり入金方法が豊富に用意されているという点は電子マネー決済サービスやeウォレットにおいて大きな利点と言えます。対応しているオンラインカジノが増えているのにも納得です。

詳しい登録方法を解説

詳しい登録方法を解説

ここからは、スティックペイ(STICPAY)への登録方法を解説していきます。登録手順自体は簡単ですので、これまで電子マネー決済サービスなどに登録したことがない人でも問題ありません。一つずつ確認しながら進めていきましょう。

①スティックペイ(STICPAY)の公式サイトにアクセスする

まずは、スティックペイ(STICPAY)の公式サイトにアクセスします。アクセスできたら、公式サイトの画面右上にある「会員登録」をクリックしましょう。スマートフォンから登録する場合は、画面右上に「三」の形をしたボタンをタップすればメニューバーが開くため、そこから「会員登録」を選択します。

②必要事項を入力する

口座開設ページに移行すると、必要事項の入力を求められます。必要事項には以下のようなものがあります。

・名前

・生年月日

・メールアドレス

・国名

・通貨

・利用するパスワード

・入力したパスワードの再入力

これらの情報を入力していきます。名前の欄は「苗字」「名前」で分かれていますので、どちらもアルファベットで入力しなくてはいけません。日本語では登録できないので注意です。生年月日の入力は「西暦/月/日」で入力するのですが、自分で入力しなくてもカレンダーから選択しても大丈夫です。パスワードは「大文字・小文字・数字」を1つずつ最低使う必要がある点にも注意しましょう。

最も注意しなくてはいけないのが「通貨」の選択となっています。通貨は、登録したスティックペイアカウントで使う通貨のことですが、登録時点で選択した通貨以外は今後使うことができません。つまり、登録時点で香港ドル(HKD)を選択したら香港ドルでしか使うことができなくなってしまうのです。変更することもできません。そのため、通貨は慎重に選ぶようにしましょう。おすすめは香港ドルか米ドル(USD)です。

③SMS認証を行う

必要事項を入力したら、携帯電話を利用した「SMS認証」を行います。携帯電話の番号を入力して「SMS発送」を選択すれば、4桁の認証コードが送られてきます。それをコード入力欄に入力しましょう。緑色のチェックマークが付けば認証完了の印です

④アカウント認証メールの確認

すべての手順を完了させると、登録メールアドレスに「アカウント認証メール」が送られてきます。中身を確認して問題なければスティックペイ(STICPAY)のアカウント自体は作成された状態です

必要書類をアップロードする

上記の手順でスティックペイ(STICPAY)のアカウント・口座自体は開設されました。しかし、それだけではスティックペイ(STICPAY)のすべての機能は使えません。スティックペイ(STICPAY)のすべての機能を使うためには、「本人確認書類」「住所証明書」の提出が必要になります。提出は写真をアップロードするだけのため簡単です。スティックペイ(STICPAY)にログインし、「書類」を選択してアップロードしていきましょう。

【本人確認書類】

・運転免許証

・パスポート

・マイナンバーカード(写真付き)

【住所証明書】

・健康保険証

・公共料金の明細書(発行から3ヶ月以内)

・公共料金の請求書(発行から3ヶ月以内)

・銀行利用明細書

・クレジットカードの利用明細書

etc…

本人確認書類から1種類、住所証明書から1種類を写真に取るかスキャンしてアップロードを行います。住所証明書をアップロードする際には、住所入力欄に「英語表記」で住所を入力しておきましょう。これらの書類を提出してから1日~2日程度で審査が完了し、問題なければスティックペイ(STICPAY)のすべての機能が使えるようになります。オンラインカジノでスティックペイ(STICPAY)を使うのであれば、確実に提出を行っておきましょう

スティックペイ(STICPAY)の入出金方法について

スティックペイ(STICPAY)の入出金方法について

スティックペイ(STICPAY)への入出金方法についても簡単に解説していきましょう。

スティックペイ(STICPAY)への入金方法

ここからは、スティックペイ(STICPAY)へ入金する方法を解説していきます。現在、スティックペイ(STICPAY)への入金方法は以下の5種類です。

・クレジットカード

・仮想通貨(ビットコイン)

・ユニオンペイ(UnionPay)

・国内銀行送金

・海外銀行送金

スティックペイ(STICPAY)への入金方法は豊富に用意されており、クレジットカードを持ってない人でも入金することができます。では、それぞれの入金方法について簡単に解説していきます。

クレジットカード

スティックペイ(STICPAY)の入金に対応しているのは「VISA/MasterCard」の2種類となっています。家にいえても入金が可能で、反映スピードも即なので非常に速いです。手間がいらずおすすめの入金方法の一つと言えます。

仮想通貨(ビットコイン)

最近利用者も多い仮想通貨のビットコインでもスティックペイ(STICPAY)へ入金することが可能です。こちらもクレジットカードと同様に家から入金できますし、反映スピードも2~3時間と比較的速いためおすすめの入金方法となっています

ユニオンペイ(UnionPay)

中国で発行できるデビットカード「ユニオンペイ」でもスティックペイ(STICPAY)へ入金することができます。主に中国とはなっていますが、日本でも一部取り扱いがあるため利用自体は可能です。利用方法としては、クレジットカードと同じイメージで問題ありません。ただし、こちらはあくまでデビットカードということを忘れないようにしましょう

国内銀行送金

スティックペイ(STICPAY)の指定口座に振り込むことで入金する方法です。入金という単語のイメージとして最も分かりやすいかもしれません。振込手数料など各種手数料が高くなることもありますので、クレジットカードやビットコインを所持している人はそちらの利用をおすすめします。

海外銀行送金

アメリカにあるスティックペイ(STICPAY)の指定口座へ振り込んで入金する方法です。国際送金という扱いになりますので、手数料や為替手数料などがかかってきます。利用可能な銀行も限定的なため基本的には利用しない方が良いでしょう。

スティックペイ(STICPAY)から出金する方法

続いて、スティックペイ(STICPAY)から出金する方法についても見ていきましょう。現在利用できる出金方法は以下の3種類となっています。

・国内銀行送金

・海外銀行送金

・ATMからの出

スティックペイ(STICPAY)から出金する際には、出金額に応じて方法を選択することをおすすめします。国内銀行送金の場合、出金手数料として「出金額の2.5%+600円」がかかってくるため高額出金する場合におすすめです。反映されるのも1~2営業日ほどとなっています。一方の海外銀行送金だと手数料が5%となってしまいますし、反映も3~5営業日となるため余りおすすめできません。スティックペイカードを利用すればATMから出金できるのも便利なのですが、1日の限度額が3,000ドルなので出金額が大きい場合は国内銀行送金を利用しましょう。

税金は発生するのか

税金は発生するのか

スティックペイ(STICPAY)の税金について見ていきましょう。税金というのは様々なシチュエーションで発生し、払い忘れなどがあると脱税として最悪の場合逮捕されてしまう可能性もあるくらいです。まず結論から言うと、スティックペイ(STICPAY)の利用自体に税金が発生することは一切ありません。スティックペイ(STICPAY)に100万円入金したとしても、入金したものをスティックペイから100万円出金したとしても基本的には税金を払う必要はないのです。

しかし、オンラインカジノで利用する場合には税金が発生してしまう可能性があります。オンラインカジノで税金が発生する条件としては、「オンラインカジノで利益が出てそれを出金すること」です。つまり、オンラインカジノでの利益をスティックペイ(STICPAY)に50万円以上出金してしまうと確定申告をして税金を支払わなければいけません。出金額が大きければ大きいほど税金も大きくなっていきます。

税金対策はどうしたら良いの?

これを解説する前に、まずオンラインカジノの税金に関して少しだけ解説します。前述した通り、オンラインカジノから50万円以上出金することで税金が発生してしまいます。実は競馬やパチンコなどのギャンブルにも納税の義務はあり、本来であれば利益の分だけ税金を払わなければいけません。しかし、競馬やパチンコで利益を出して確定申告をして税金の支払いをした人はほとんどいないでしょう

なぜなら、競馬やパチンコは勝利金をその場で現金として受け取ります。つまり、誰が何月何日にいくら勝ったかの記録が残らないのです。そのため、税務署などでも確認することができないため確定申告しなくてもバレないということになります。バレなければ払わなくても良いというわけではありませんが、わざわざ利益を申告して税金を払う人はほとんどいないでしょう

しかし、オンラインカジノの利益はそういうわけにはいきません。オンラインカジノの利益は電子マネー決済サービスや仮想通貨などに出金し、それをさらに銀行などへ出金する必要があります。つまり、何月何日にいくらオンラインカジノから出金したのか記録に残るのです。銀行の記録を税務署などが調べればすぐにバレてしまいますので、オンラインカジノの利益をスティックペイ(STICPAY)に出金して、それを銀行から出金する際には確定申告して税金を支払いましょう。

これらのことから、スティックペイ(STICPAY)で最も簡単な税金対策は一つです。それが「50万円以上出金しない」ことです。オンラインカジノの利益で確定申告が必要となってくるのは50万円以上ですので、それ以上出金せずに残しておけば問題ありません。因みに、税務署は銀行の記録を確認できるだけでなく、場合によってはスティックペイ口座の記録を確認することも可能です。「スティックペイカードによるATM出金であればバレないだろう…」ということはありません。

スティックペイ(STICPAY)が使えるオンラインカジノ一覧

スティックペイ(STICPAY)が使えるオンラインカジノ一覧

最後に、スティックペイ(STICPAY)が使えるオンラインカジノをいくつか紹介しますので、気になったオンラインカジノがあればぜひ検索してみてください。

・エルドアカジノ

・ワンダーカジノ

・ユニベット

・ビットカジノ

・ユースカジノ

・10betカジノ

・ベットティルト

・ラッキーデイズ

etc…

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・スティックペイ(STICPAY)は、様々なサービスで使える「eウォレット」

・対応するオンラインカジノも増え始めている

・登録方法は簡単なので安心

・入金方法でおすすめは「クレジットカード」か「仮想通貨(ビットコイン)」

・スティックペイ(STICPAY)の利用自体に税金は発生しない

スティックペイ(STICPAY)についてまとめてみました。入出金方法が豊富に用意されており、日本でも問題なく使っていくことができます。対応し始めているオンラインカジノも増えている点にも注目です。ただし、オンラインカジノでの利用の場合、税金がかかってくることもあるので運用方法には注意しましょう。

ページTOPへ