オンラインカジノの借金しやすい理由とその対策をご紹介

オンラインカジノ(オンカジ)は借金地獄になりやすい?
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/7/28 公開
2021/7/27 更新

利用者が急増しているオンラインカジノですが、カジノには「借金」というネガティブワードが付きまといます。しかし、本当にオンラインカジノは借金しやすいサービスなのでしょうか。

今回の記事では、オンラインカジノは借金しやすいのか、そうなのであればその理由と対策について解説していきます。

オンラインカジノは借金しやすい?

オンラインカジノはそもそも借金しやすいサービスなのでしょうか?結論としては「しやすい部類に入る」といったところでしょうか。その理由として以下の3つが挙げられます。

  • オンラインカジノはギャンブルだから
  • 入金方法にクレジットカード決済があるから
  • いつでも遊ぶことができるから

オンラインカジノはギャンブルだから

オンラインカジノはインターネットを通じて遊ぶカジノサービスです。つまり、ラスベガスやマカオのようなランドカジノを自宅で気軽に遊べるサービスということです。

日本にはパチンコや競馬、競艇などのギャンブルがありますが、これらも依存症や借金問題が大きく報じられています。

オンラインカジノ含めギャンブルというのは、いつ何時でも借金してしまう危険性があるサービスなのです。

入金方法にクレジットカード決済があるから

オンラインカジノには複数の入金方法があります。その中でも手間がなく気軽に入金できるのがクレジットカード決済です。

スピード感もあり、どこにいても決済できるため人気の入金方法ですが、これが大きな借金に繋がってしまうことがあります。クレジットカードには、それぞれ利用限度額が設定されています。

10万円の人もいれば50万円の人もいます。その限度額を超すまでは自由に使うことができるのです。

「まだまだ限度額にいってないからもう少し入金しちゃおう!」と思っていると、いつの間にか限度額いっぱいまで使っていて返済に追われてしまいます。

それに加えて、支払いを分割にしていると「来月は〇万円払えばいいし、だったらもう少し融資してもらおう」という気持ちにもなってしまうのです。

そして、覚えておいてほしいのが「クレジットカードの借金は元本だけでなく、金利や遅延損害金が発生することがある」という点です。

「30万円入金したのに支払額は31万円になってる…」なんてことはよくあります。元本だけでも借金なのに、利子や損害金で借金が増えているという状況になってしまうのです。

そのため、オンラインカジノでクレジットカード決済を使った場合は、しっかりと毎月支払いをすることが望ましいですし、できれば一括で返せるようにしておきましょう。膨れ上がった借金を返すのが一番難しいのです。

いつでも遊ぶことができるから

オンラインカジノは、インターネットと対応しているデバイスさえあればいつでもプレイすることができます。

365日24時間遊べるというのは、それだけお金を使ってしまう危険性があるということです。

せっかく勝ってやめようと思ったのに「もう少し…」とダラダラ遊んだ結果負けラインに入ってしまい、その負けを取り返そうとさらにベットする、そういった悪い流れが出来上がって借金が増えていくこともよくあります。

オンラインカジノで借金返済は可能?

結論から言うと「難しい」です。もちろんギャンブルですので、ものの数分で借金返済どころか大幅プラスになることもあります。

しかし、そういった一攫千金を夢見てプレイすると借金は増えていく一方でしょう。なぜなら、利益を出してやめるタイミングを自分で決めなくてはいけないからです。

借金は一気に返済していいものです。「今日の利益を使ってもっと大きく稼げば借金なんてすぐに返せる!」と考え、すべての利益を失ってしまうことも多くあります。

そもそもオンラインカジノで借金するとどんなことが起こるの?

オンラインカジノで借金をしてしまった場合、どのようなことが起こるのか見ていきましょう。それを知ることで、「借金は本当に怖いもの」ということを頭に入れてもらえればと思います。

  • 借金の催促が絶えずくる
  • 家族や勤務先にまで連絡がいく
  • クレジットカードなどの利用が制限される
  • クレジットカードの作成やローンができなくなる

借金の催促が絶えずくる

借金の中で最も嫌なイメージとして挙げられるのが「借金の催促」です。ドラマや漫画などでも借金の取り立て屋がドアをドンドン叩いて催促にきている描写をよく見ると思います。

最近ではこのような怖い人が家まできて…ということは減りましたが、それでも100%ないというわけではありません。

借金した先が正式なものではなくサラ金や街金などであれば、違法スレスレの取り立てが行われる可能性も充分に考えられます。

通常であれば、文章や電話による催促が行われます。電話に関しては毎日のようにかかってくることもありますし、無視し続ければ自宅へ直接催促にくることも考えられます。

借金は返さない期間が長ければ長いほど金利が加算されていきますし、最悪のケースになると裁判所から支払い命令が出されることもあるのです。

それすらも無視していたら「自宅・車・預金」などのあらゆる財産が差し押さえられてしまいます。

家族や勤務先にまで連絡がいく

借金が大きくなってしまうと返済が大変です。どう頑張っても返せなくなってしまう状況はいくらでも起こりえます。

そうなってくると、お金を貸した方も返してもらわないといけないため、自宅に連絡して催促することもあるのです。

とくに借金返済が滞ったりするとほぼ確実に自宅への連絡、もしくは勤務先へ連絡がいくようになっています。

そうなれば家族だけでなく勤務先にまで借金していることがバレ、最悪の場合離婚や解雇になることもあるでしょう。

クレジットカードなどの利用が制限される

クレジットカードは限度額までであれば、いくらでもキャッシングしたりオンラインカジノへ入金することができます。

しかし、支払が遅れてしまうとクレジットカード会社もお金を貸すことができません。そのため、借金返済が整うまで機能が制限されてしまう可能性が高いです。

どこまで制限するからクレジットカード会社やキャッシング会社によって異なりますが、いつも通りに使うことはほぼ確実にできなくなるでしょう。

クレジットカードの作成やローンができなくなる

「ブラックリスト」という単語を聞いたことがあると思います。様々な分野で使われる単語ですが、クレジットカードなどの金融業界で使われるブラックリストとは、「借金返済が滞っている人が集められたリスト」のことです。

これはクレジットカード会社ごとにリスト化しているものもあれば、情報信用機関などでリスト化されているものもあります。

新しくクレジットカードを作成したり、ローンを組む際には必ず情報信用機関などで身元を審査する必要があります。

そこでもしブラックリストに入っていた場合、確実に借金することはできません。クレジットカードは作れませんし、ローンを組むこともできないのです。

しかも、このブラックリストは借金を返したからと言ってすぐに解除されるわけではありません。

機関ごとに保有している期間があり、その期間が過ぎない限りリストから外されずあらゆる借金をすることができないくなるのです。将来結婚などを考えている人は、このブラックリストに入ることだけは避けましょう。

陥りやすい人の特徴ってある?

ここからは、オンラインカジノをプレイしていて借金してしまう可能性がある人の特徴をまとめていきます。自分に当てはまるものがあれば、オンラインカジノで借金しないように一度見直してみましょう。

  • 入金方法にクレジットカード決済を選んでいる
  • 勝ってるのにやめない
  • 大勝を経験してしまってる
  • ベット額を大きくしてしまう
  • 攻略法に過信し過ぎている
  • 負けを一気に取り戻そうとする

入金方法にクレジットカード決済を選んでいる

最初の方にも書きましたが、オンラインカジノの入出金方法としてクレジットカード決済を選んでると借金を作りやすい原因となりやすいです。

便利だからこそ使いすぎてしまうのがクレジットカードのデメリットですので、そのデメリットを抑制できる人であれば問題ありません。

ただ、圧倒的に抑制できない人の方が多いので、とくにオンラインカジノ初心者などは注意しましょう。

勝ってるのにやめない

オンラインカジノで大切なことは損失を抑えて利益を確定させることです。ダメだと思ったときは引き、利益を出したら勝ち逃げすることが重要なのです。

そうすることでオンラインカジノのトータル利益率は高くなっていくことでしょう。だからこそ、損切りができない人、勝ち逃げができない人は借金をしてしまう可能性があります。

勝ち額を大きくしたい気持ちは分かりますが、大事なのはトータルで勝てるかどうかということを覚えておきましょう。

大勝を経験してしまってる

これはオンラインカジノに限らないのですが、最初に遊んだときに大勝してしまうと人の脳みそは強い快感に包まれてしまいます。

パチンコでも「1,000円が2時間で50,000円になった!?」という体験をしてしまい、そのままハマってしまうことが多くあります。いわゆる「ビギナーズラック」です。

ビギナーズラックのいけない点は、「ビギナーズラックだと分かってたとしてももう一回体験してみたい」と思わせてしまうところです。

そしてビギナーズラックの気持ちのままプレイし、勝ったら「次も勝てる」と思いますし、仮に負けたとしても「2時間であれだけ勝てたんだから次で勝てば良い」と再びプレイしてしまうでしょう。

しかし、負けが続いていくと後に引けなくなり、借金をしてまで勝とうとしてしまうのです。

そのため、ビギナーズラックは本当に運が良かっただけと思える人は大丈夫ですが、ビギナーズラックが続くと考えている人は借金をしてしまう可能性があります。

ベット額を大きくしてしまう

ギャンブルには「波や流れ」というものがあります。そのため、どこかのタイミングでベット額を上げて大きな勝負に出なくてはいけない場面もあるでしょう。

ゲームの戦略的にもそうしなくてはいけないことも多くあります。そのような場合はベット額を大きくするのも良いですが、無意味な増額は絶対にやってはいけません。

「負けが続いてるから次で一気に取り返す!」や「なんとなくいけそう!」など、それで勝てれば問題ありませんが借金を増やす要因になりやすいです。

攻略法に過信し過ぎている

オンラインカジノには、カジノゲームに沿った攻略法がいくつか存在しています。攻略法は勝率を上げることができますが、確実に勝てると言ったものではありません。

「攻略法を使ってるからいつかは勝てるはず!ベット額も大きいし勝てば利益!」という気持ちでプレイしていると、いつの間にか借金地獄になっていることも珍しくありません。

攻略法に頼りたい気持ちも分かりますが、あくまで勝率を上げる程度のものだと理解しなくてはいけないのです。

とくに「マーチンゲール法」には注意です。マーチンゲール法は「理論上は勝てる」攻略法と言われており、オンラインカジノ初心者がよく利用しています。

マーチンゲール法とは、負けるたびにベット額を2倍にしていき、1回でも勝てば利益になるという攻略法です。

1回でも勝てば良いため活用する人が多いですが、単純にベット額を2倍にしていくため最初は1ドルだったのが連敗するとベット額が100ドルを超えることもあります。

負けを一気に取り戻そうとする

これがオンラインカジノ含むギャンブルで最も怖い感情です。「次で勝てれば負けを一気にひっくり返せる!だからここは大きく賭ける!」と躍起になる人は、借金を作りやすいと言われています。

確かに一気に取り返したい気持ちは分かります。しかし、ギャンブルに確実は勝利はありません。勝てればもちろん最高ですが、負けたときのリスクと見合ってないことが多いです。

ギャンブルの鉄則は、「負けは最小限にして勝てるときに勝つ」です。オンラインカジノは確実に勝てないですが、その反面確実に負けるようなものではありません。

負けを少なくして勝ったときにそれを上回れば良いんです。大きな利益よりも安定した利益を目指すことがオンラインカジノでの勝利に繋がり、借金することもなくなります。

どのような対策をすれば良いの?

「オンラインカジノで借金したくない!」と考えている人は、以下の2点に注目してプレイしてみると効果があるかもしれません。

  • オンラインカジノに導入されているツールを使う
  • クレジットカード決済以外の入出金方法を選ぶ

オンラインカジノに導入されているツールを使う

オンラインカジノによっては、「自己規制ツール」というものが導入されています。これは自分を抑制するためのツールで、以下のようなことを設定することが可能です。

・最大入金額

・総プレイ時間(1時間単位・1日単位など)

・最大負け額

・最大セッション時間

etc…

とくに最大入金額と総プレイ時間は設定することをおすすめします。入金額を抑えれれば借金も純粋に減りますし、遊べる時間を強制的に縛れば使う金額も減っていきます。

ただし、この自己規制ツールはどのオンラインカジノでも導入しているわけではありません。そのため、借金が怖い人はこのツールが導入されているオンラインカジノを優先的に選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

クレジットカード決済以外の入出金方法を選ぶ

クレジットカードは利用限度額までであれば自由に使うことができます。しかも特別な申請もいらないため、いつの間にか使いすぎていることがあるのです。

とくにオンラインカジノなどのギャンブルにとって自由で手間のいらない入金方法ほど怖いものはありません。そのため、オンラインカジノへの入金方法にクレジットカード意外と選んでみましょう。

なぜなら、クレジットカード以外の入金方法は「事前にお金を入金する必要がある」からです。

電子マネー決済サービスは専用の口座に入金してからオンラインカジノへの入金を行います。仮想通貨も仮想通貨を購入した上でオンラインカジノへ入金します。銀行送金はそのまま現金を入金する形です。

つまり、クレジットカード決済以外はリアルマネーがその場に必要になるのです。クレジットカードのように自由に使うことができないため、借金する確率が低くなります。

ただし、クレジットカードからお金を借りてから他の方法で入金しては意味がありませんので、どうしてもクレジットカードを使いたい場合は以下のようなことに注意しましょう。

・クレジットカードの利用限度額を下げる

・リボ払いやキャッシングなどは利用しない

・オンラインカジノだけで使うクレジットカードを作る

・支払口座と残高に余裕を持たせておく

クレジットカードを長期的に利用していると「利用限度額の拡大」のような案内が届きます。

元々30万円だった上限額が100万円になったら「使えるお金が増えたから少しくらい入金額を大きくしても…」といった感情になってしまうため、借金を増やしたくない場合はこのような案内には乗らないようにしましょう。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・オンラインカジノは借金しやすいサービスでもある

・オンラインカジノへの入金はエコペイズなどの電子マネー決済サービスがおすすめ

・借金しやすい人の特徴をよく確認しておく

・自己規制ツールを導入してるオンラインカジノだと安心感が上がる

・借金しないためにはプレイヤーの強い意志が必要

オンラインカジノは借金する危険性があるということが分かりました。もちろん自分を抑制できる人であれば問題ありません。

しかし、オンラインカジノがギャンブルということだけは忘れないようにしましょう。実際にオンラインカジノで借金して自己破産した事例もあります。資金以上は絶対に使わないように管理しておきましょう。

ページTOPへ