攻略法であるわらしべ長者法の概要やメリット・デメリットをご紹介

攻略法である「オスカーズグラインド法」の概要やメリット・デメリットを解説
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/11/3 公開
2021/10/14 更新

オンラインカジノには賭け方を変えたり、戦略的に利益を上げれる攻略法や必勝法と呼ばれるものがあります。それぞれ効果は違いますが、資産を増やすためには利用すべきタイミングもあるでしょう。

そこで今回は、人気の攻略法「わらしべ長者法」を解説していきます。オンラインカジノで勝利して利益を出したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

わらしべ長者法とは

わらしべ長者法とは

わらしべ長者法とは、カジノで利用できる攻略法の一つです。もしオンラインカジノをプレイする際に、ルーレットを選択するのであればぜひ実践してみましょう。

成功したときの利益率は非常に高く、1回成功しただけで最低でも124ドルの利益となります(※1ユニット1ドルの場合)。失敗したとしても20ユニット分のマイナスになるため、リスクもそこまで高くありません。

ただし、ベット方法が少し複雑ですので、最初はメモを取りながらやっていくことをおすすめします

わらしべ長者法のやり方・使い方

わらしべ長者法のやり方・使い方

では、わらしべ長者法のやり方や使い方を簡単に解説していきます。今回は分かりやすいように、1ユニットの設定を「1ドル」にしていきます。

①ダブルストリートベットで5箇所にベットする

まずは、作った20ユニットを5つに分けて4ユニット(4ドル)ずつにします。そして、5箇所に対してダブルストリートベットをします。この状態だと30個の数字にベットしていることになりますので、勝率は約81%です。

もし当選した場合は6倍配当となるため4×6で24ドルを獲得できます。この時点での利益は4ドルとなりますが、仮に負けた場合はマイナス20ドルです。

②ダズンベットで2箇所にベットする

①で得た24ドルを12ドルずつに分けて2箇所にダズンベットします。この状態だと24個の数字にベットしていますので、勝率自体は約65%に落ちるものの3倍配当で12ドルベットのため当たれば36ドルを獲得することが可能です。

この時点では16ドルの利益が出ていることになります。

③コーナーベットで6箇所にベットする

②で得た36ドルを6つに分けて6ドルずつコーナーベットします。こちらも24個の数字にベットしていますので、勝率は約65%です。

ただし、配当は9倍と高いため当たれば54ドルを獲得することができます。これで34ドルの利益が出ていますので、次第に利益が大きくなっていることを実感できるでしょう。

④ストリートベットで9箇所にベットする

③で得た54ドルを9つに分けて6ドルずつストリートベットします。今回は27個の数字にベットしていますので、勝率は73%と少しだけ上がります。

ストリートベットは12倍配当ですので、当たれば72ドル獲得です。これで利益は52ドルとなります。

⑤スプリットベットで14箇所にベットする

④で得た72ドルの内70ドルを14個に分けて5ドルずつスプリットベットします。残った2ドルは自分の好きなところにベットしましょう。これはスプリットベットが外れたときの保険として使えます。

この場合は30個の数字にベットしていることになるので勝率は約81%です。もし5ドルで当たれば90ドル獲得となり、利益は70ドルとなります。保険としてベットした2ドルの場合だと36ドルの獲得です。

⑥ストレートアップで22箇所にベットする

最後に、⑤で得た90ドルの内88ドルを22個に分けて4ドルずつストレートアップします。残りの2ドルは前回と同様に、保険として好きなところにベットしましょう。

この場合だと24個の数字にベットしていますので、勝率は約65%となります。もし4ドルのストレートアップで当たれば144ドルが獲得できますので、最終的な利益は124ドルです。2ドルの方が当たった場合は、72ドルになります。

1ユニットの金額を上げると利益も増える

今回は1ユニット1ドルに設定して解説しましたが、これが10ドルになれば最終的な利益は1,240ドルになります。もちろん20ユニットで200ドルという資金が必要になりますが、一攫千金を狙うハイローラープレイヤーなどにはおすすめの攻略法と言えるでしょう。

初心者は1ドルからスタートし、わらしべ長者法がどういったものか理解するところから始めることが重要です。

わらしべ長者法のメリット・デメリット

わらしべ長者法のメリット・デメリット

ここからは、わらしべ長者法にどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

わらしべ長者法のメリット

まずはメリットからです。

  • 攻略法の中では簡単
  • ライブルーレットでも使うことができる
  • 資金が一気に増える可能性がある
  • 短時間で大きな利益を得られる
  • ルーレットを色んなベット方法で楽しむことができる

攻略法の中では簡単

オンラインカジノには様々な攻略法がありますが、わらしべ長者法は比較的簡単な攻略法です。毎ゲームのベット額や、やり方は変わることがありません

手順さえ間違わなければ問題なくわらしべ長者法を使っていくことができます。オンラインカジノ初心者でもやり方を確認しながら行っていくことが可能です。ただし、しっかりと覚えるまではメモなどを取って間違えないようにしましょう(※理由はデメリットで)

ライブルーレットでも使うことができる

わらしべ長者法は通常のルーレット以外にも、ディーラーと直接会話しながらカジノゲームを楽しめるライブルーレットでも使うことができます。他の攻略法だとライブカジノでは使いにくいこともあるのですが、わらしべ長者法であればベットの方法をステップごとに変えるだけなので問題ありません。

ただし、オンラインカジノの中には禁止している可能性もあります。その場合は、わらしべ長者法はやめておきましょう。アカウントの凍結の危険性があるからです。

資金が一気に増える可能性がある

わらしべ長者法の特徴として、6連勝することが最大の目的です。仮に6連勝できた場合、たとえ最初のベットが少なかったとしても大きな利益になります。

ステップごとにベット額が増えていくため、資金が徐々に増えていくのもわらしべ長者法の醍醐味と言えるでしょう。仮に負けたとしても、最初の20ユニット以上のマイナスにはならないためリスクも抑えられます。

短時間で大きな利益を得られる

わらしべ長者法は、6連勝することで大きな利益が出ます。最初の1セット目でそれができれば、15~20分ほどで大きな利益を得ることが可能です。もちろん途中でやめても利益になります。

わらしべ長者法は1ゲームごとの勝率が高いため、6連勝する可能性自体もそこそこある点にも注目です。もしすぐにでも大きな利益が欲しい人は、ルーレットでわらしべ長者法を使ってみることをおすすめします。

ルーレットを色んなベット方法で楽しむことができる

ルーレットには多くの攻略法があります。特定のカジノゲーム専用の攻略法という括りにすれば、ルーレットが最も多いでしょう。それぞれ手順も効果も違いますが、基本的にはベット方法に縛りがあることが多いです

利益だけを追い求めているのであればそれで問題ありませんが、ルーレット自体も楽しみたいプレイヤーも当然ですがいます。わらしべ長者法では、ステップごとにベット方法が変わるためルーレットを楽しむと同時に、ベット方法も覚えることができます。

わらしべ長者法のデメリット

では次に、わらしべ長者法のデメリットも確認していきましょう。

  • 利用できるカジノゲームがルーレットしかない
  • ルールはシンプルだが覚えるべきことは多い
  • 1度でも負けてしまうと損失になる
  • 控除率が高くなってしまうベット方法

利用できるカジノゲームがルーレットしかない

わらしべ長者法は、ルーレットでしか使うことができません。他の攻略法は色んなカジノゲームに応用して使うことができますが、わらしべ長者法はルーレットに限定されるため「ルーレットはそんなに好きではない」という人には不向きです。

利益を出すことをメインとしているプレイヤーであれば問題ありませんが、オンラインカジノを楽しむライトユーザーにとってはルーレットに固定されるのはデメリットに感じてしまうでしょう

ルールはシンプルだが覚えるべきことは多い

わらしべ長者法は、どのステップに何ユニットベットするのかなど細かいルールを覚えなくてはいけません。メリットの方では「メモなどを確認すれば比較的簡単」と書きましたが、頭の中の記憶だけでやるのは簡単なことではないのです。

どこかで間違った方法でベットしてしまうと、わらしべ長者法としての効果が半減してしまうことがあります。完璧に覚えれば頭の中で行っても良いですが、不安が残る内はメモなどを確認しながら実践していきましょう。

1度でも負けてしまうと損失になる

これがわらしべ長者法最大のデメリットとも言えるでしょう。わらしべ長者法は、前のゲームで得た利益をすべてベットする必要があります。つまり、1回でも負けてしまうと利益がなくなるだけでなく、その時点でマイナスになってしまうのです。

6連勝してしまえば大きな利益となりますが、6連勝する確率自体は約13%と低いため5連勝した辺りから精神的にもキツイかもしれません。大きな利益を得るか、すべてを失うか、6ゲーム目はまさにハイリスクハイリターンな勝負になるでしょう。

控除率が高くなってしまうベット方法

控除率とは、意味のないチップの多さのことを表しています。例えば、30個にストレートベットしたとすると、仮に当たったとしても29個の無駄なチップがあるということです。

わらしべ長者法は、多くの場所にベットするため控除率が高くなってしまうのです。控除率が高くなってしまうと、その分だけペイアウト率が下がっていきます。つまり、わらしべ長者法を続ければ続けるほどマイナス収支に傾いていくということです。

そのため、わらしべ長者法が成功したら1回で切り上げて、利益を確保しておいた方が良いと言えます

上手く使うコツ

上手く使うコツ

最後に、わらしべ長者法を上手く使っていくためのコツについて解説していきます。

  • 各ゲームの勝率を頭に入れておく
  • どのタイミングで切り上げるか事前に決めておく
  • わらしべ長者法はヨーロピアンルーレットがおすすめ

各ゲームの勝率を頭に入れておく

わらしべ長者法は、ステップごとに勝率が変わっていきます。どのステップにおいても高い勝率を誇りますが、それでも100%勝てるという保証はありません。最終ステップまでクリアするとなると、理論上は13%でしか到達しないのです。

もちろん13%をクリアすれば大きな利益になりますが、デメリットでも書いた通り1回でも負けてしまうとマイナスになってしまいますので、「次のステップは65%だから確率的にはやめておこう…」などの判断をする必要があります。その判断をするためにも、各ステップの勝率とステップ到達確率を覚えておきましょう

【各ステップの勝率と到達率】

ステップ数 勝率 到達率
ステップ1 81% 81%
ステップ2 65% 53%
ステップ3 65% 34%
ステップ4 73% 25%
ステップ5 81% 20%
ステップ6 65% 13%

どのタイミングで切り上げるか事前に決めておく

わらしべ長者法は、どのステップにおいても「全資金をベットすること」が必要になります。負けたらその時点でマイナスになるというハイリスクハイリターンな攻略法です。

上記にあるように、各ステップの勝率自体は高いものの、続けば続くほど理論上は勝率が下がっていきます。そのため、自分なりに「利益確定の切り上げポイント」を作っておきましょう。この切り上げポイントは、以下のような決め方がおすすめです。

・〇〇ドルの利益になったらわらしべ長者法を切り上げる

・〇連勝したらわらしべ長者法を切り上げる

これらは自分がオンラインカジノ、もしくはわらしべ長者法をどのような目的で利用しているかで決めてみましょう。目標利益で切り上げるのか、それとも連勝する確率を見て切り上げるのか、これは自分で決めなくてはいけません。

もちろん、このポイントを絶対に守らなくてはいけないというわけではありません。ギャンブルには波があります。設定したラインを守ることも必要ですが、ときには自分の判断を信じるべきときもあります。ただ、熱くならないよう気を付けましょう。

わらしべ長者法はヨーロピアンルーレットがおすすめ

わらしべ長者法はルーレットでしか使えない攻略法です。逆に言えば、ルーレットであればどの種類でも利用することができます

しかし、わらしべ長者法で効率よく利益を出していくのであれば、「ヨーロピアンルーレット」の利用がおすすめです。オンラインカジノで最も取り扱いが多いですし、ポケットの数もアメリカンルーレットなどと比べると少ないため、わらしべ長者法を使わないときでも気軽に遊ぶことができます。

ハウスエッジについても設定が低いため、勝った際の配当も他のルーレットに比べると高くなる点にも注目です

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・わらしべ長者法はオンラインカジノのルーレットで使える攻略法

・短時間で稼げるのがわらしべ長者法のメリット

・一回でも負けるとマイナスになるため辞めるタイミングを考える

・わらしべ長者法を上手く使っていくためにコツや注意点を覚えておく

わらしべ長者法についてまとめてみました。短時間で稼ぐことのできる攻略法でうし、基本的な手順自体も覚えてしまえば難しくないためオンラインカジノ初心者にもおすすめの攻略法です。もしバカラやブラックジャックで攻略法を使いたい場合は、それに合った攻略法を使っていくようにしましょう。

ページTOPへ