テンパーセント法の特徴やメリット・デメリットを解説

オンラインカジノでのテンパーセント法のやり方解説!
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/9/27 公開
2021/9/24 更新

オンラインカジノには、多くの攻略法が存在しています。初心者でも使えるようなシンプルなものから、手順や計算は難しいものの成功したときの効果が大きい攻略法まで盛りだくさんです。カジノゲームによって使える攻略法も変わりますし、オンラインカジノで効率よく勝っていくためには身に着けておくべき知識と言えるでしょう。

そこで今回は、オンラインカジノ初心者でも使いやすい攻略法の一つである「テンパーセント(10%)法」について詳しく解説していきます。非常にシンプルな攻略法となっていますので、ぜひ覚えて実践してみてください。

テンパーセント法とは

テンパーセント法とは

テンパーセント法とは、様々なカジノゲームに用いることのできる攻略法です。攻略法と言っても難しい手順や計算を必要としないシステムベットのようなもので、カジノゲームだけでなくFX投資や競馬などでも用いられることがあります。

大まかな方法としては、「自分の資金の10%だけを賭け続ける」というもので、勝った場合には大きな利益が狙え、負けた場合には損益を大きく抑えることのできる攻略法です。

テンパーセント法の特徴

テンパーセント法の特徴としては、以下のようなものがあります。

  • ルールがシンプル
  • 連勝すれば利益率が上がり、連敗すれば1回あたりの負け額が減る

ルールがシンプル

テンパーセント法最大の特徴とも言えるのが、攻略法としてルールがシンプルという点です。詳しくは手順の方で解説しますが、基本的にやることは「総資金の10%を賭ける」ということだけです。

そのため、オンラインカジノ初心者でも使いやすい攻略法の一つと言えるでしょう。

連勝すれば利益率が上がり、連敗すれば1回あたりの負け額が減る

テンパーセント法は、総資金の10%をベットするというものです。つまり、勝利したら次のベット額が大きくなります

そのため、勝てば勝つほど利益率が上がっていくのです。逆に、負けると次のベット額は小さくなってしまうため負け続けると損益が小さくなっていきます

テンパーセント法の使い方

テンパーセント法の使い方

ここからは、テンパーセント法のやり方について簡単に解説していきます。テンパーセント法はシステムベットとなっていますので、基本さえ押さえればとくに難しい手順はありません

テンパーセント法が使えるカジノゲームについて

そもそもテンパーセント法が使えるカジノゲームはどれになるのでしょうか。答えは、「どのカジノゲームでも使うことができる」です。

指定のカジノゲームの特性を使った攻略法ではないため、バカラやポーカー、ブラックジャック、ルーレットなど幅広く対応しています

ただし、相性の良さで言えば「勝率が50%で配当が2倍のカジノゲーム」がおすすめです。そのため、テンパーセント法は以下のようなカジノゲームと賭け方に向いています。

・バカラ

・ブラックジャック

・ルーレット(赤・黒/奇数・偶数/ハイ・ロー)

テンパーセント法の手順

では、テンパーセント法の手順を見ていきましょう。今回は、おすすめゲームの中からルーレットを使って解説していきます。賭け方は勝率1/2の配当2倍の赤・黒賭けとします

因みに、ルーレットには「アメリカンルーレット」「ヨーロピアンルーレット」「フレンチルーレット」がありますが、テンパーセント法を使う際には勝率の高い「ヨーロピアン」「フレンチ」を選ぶことをおすすめします。

①資金の設定をする

まずは、テンパーセント法で使う最初の資金を決めましょう。最初の資金に指定はありません。自分の資産と相談して無理のない金額にしましょう。

②全資金の10%をベットする

テンパーセント法の手順のメインとなるのが、「全資金の10%をベットする」というものです。例えば、最初に決めた資金が200ドルだとしたら20ドルをベットする流れになります。

もしこの状態で赤にベットして当選した場合、180ドル+40ドルで総資金は220ドルになる計算です

③続けて10%だけベットする

総資金が220ドルになったため、次のゲームでは22ドルベットしましょう。それで勝利した場合は、198ドル+44ドルで総資金は242ドルになります。

以降はずっと総資金の10%をベットしていくだけで、テンパーセント法は完了です

小数点の取り扱いについて

ここで一つ、テンパーセント法のベット10%について覚えておくべきことがあります。それが、小数点をどう扱うかです。例えば残りの資金が98ドルだった場合、10%なので9.8ドルベットすることになります。

この場合、小数点を切り上げるか切り捨てるか決めなくてはいけません。この選択は自分でする必要があります。それぞれ、以下のような考えで決めていくと良いでしょう。

・小数点を切り上げる(積極的に利益を狙っていきたい人)

・小数点を切り捨てる(利益と損失のバランスを取りたい人)

当然ですが、小数点を切り上げればベット額が上がるため利益は上がります。その分、負けたときの損失も大きくなってしまいます。

一方で小数点を切り捨てれば利益は低くなりますが、負けたときの損失も小さくなるイメージです。どっちが良いというものはありません。自分がどのくらいの利益を上げたいのか資金と相談しながら決めると良いでしょう。

テンパーセント法のメリット・デメリット

テンパーセント法のメリット・デメリット

最後に、テンパーセント法のメリットとデメリットをまとめてみました。メリットの方が多いですが、デメリットもしっかりと理解しておくことで効率よくテンパーセント法を使っていくことができます。

テンパーセント法のメリット

まずは、テンパーセント法のメリットから確認していきましょう。

  • ルールや手順が簡単なので初心者でも扱いやすい
  • 連勝時の利益上昇率が高い
  • 逆に連敗すると負け額が減っていく
  • 資金切れを起こす心配が少ない

ルールや手順が簡単なので初心者でも扱いやすい

テンパーセント法は、「資金の10%を賭け続ける」という非常に分かりやすい攻略法です。攻略法と聞くとどうしても「難しそう」「複雑な手順や計算がありそう」と思われがちですが、そういった意味で言えばテンパーセント法はオンラインカジノ初心者にもおすすめです。

まずはテンパーセント法で攻略法がどういったものなのか慣れ、その後違う攻略法を試してみるのも良いでしょう。

連勝時の利益上昇率が高い

テンパーセント法は、連勝すればするほど利益の上昇率が上がっていきます。666ベット法などは勝率は高いものの勝利した際の利益は一定です。

何連勝しようが1ゲームの利益はベット額を変えない限り同じとなっています。しかし、テンパーセント法は勝てば勝つほどベット額が上がっていく攻略法です。

特徴の方にも軽く書きましたが、必然的に勝利時の利益も大きくなっていきます。カジノ含むギャンブルにおいて利益率が上がっていくのは非常に重要なのです。

逆に連敗すると負け額が減っていく

上記で書いた通り、テンパーセント法は勝てば勝つほど利益率が上がります。その逆に、負ければ負けるほど損失額が減っていくのです

なぜなら、資金が減れば減るほどテンパーセント法ではベット額が減っていくからです。ベット額が減れば必然的に1回の負けで失う金額も小さくなります。

負けが小さくなるのはプレイヤーとしても心に余裕ができますので、とくに初心者にとっては安心感のある攻略法と言えるでしょう。

資金切れを起こす心配が少ない

連敗すると負け額も減るということは、それだけ資金切れを起こす可能性も低くなるということです

せっかくオンラインカジノを始めたのに、すぐに資金がなくなってしまってはオンラインカジノの印象も悪くなってしまいます。それが怖いからオンラインカジノをやらないという人も多くいるでしょう。

だからこそ、テンパーセント法は長期的に遊べる攻略法としておすすめできるのです。ここでテンパーセント法で資金100ドルから初めて、そのまま10連敗した場合の結果を見てみましょう。

【資金100ドルでテンパーセント法を使って10連敗した場合】

ゲーム回数 総資金 ベット額 勝敗 勝敗後の総資産
1 100 10 負け 90
2 90 9 負け 81
3 81 8 負け 73
4 73 7 負け 66
5 66 7 負け 59
6 59 6 負け 53
7 53 5 負け 48
8 48 5 負け 43
9 43 4 負け 39
0 39 4 負け 35

このように、仮に10連敗したとしても資金として35ドル残っています。遊ぶカジノゲームや賭け方にもよりますが、バカラのような勝率1/2のゲームで10連敗することはかなり珍しいです。

もしそんな最悪な確率を引いたとしても、35ドルは残ると考えれば精神的にも余裕ができるでしょう。ぜひ活用してみてください。

テンパーセント法のデメリット

では逆に、テンパーセント法にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

  • 勝ちと負けが同数だったり交互に起こるとマイナス収支
  • 連敗するとプラスにするのに時間がかかる

勝ちと負けが同数だったり交互に起こるとマイナス収支

テンパーセント法は、連勝すれば利益が大きくなり、連敗すると1ゲームでのマイナスが少なくなっていきます。そのため勝ちと負けが同数だったり、勝ち負けが交互に起こると収支も±0になると思われがちです。

しかし、実際の収支はマイナスになってしまいます。これがテンパーセント法において最も難しいポイントと言えるでしょう。

仮に負けるとしても連勝しなければ収支が付いてこないため、自分なりの損切りポイントを作っておく必要があります。

連敗するとプラスにするのに時間がかかる

テンパーセント法は、連敗するとベット額が減って1ゲームあたりの損益が小さくなるのがメリットと書きましたが、一方でそれを取り返すのは非常に難しくなっています。

その理由としては、それ以上の連勝をしなくてはいけなくなるからです。連敗してやっと勝ったとしても、テンパーセント法を続ける場合はベット額が低い状態から連勝を目指す必要があります。

プラス収支になるまで時間がかかるため、長時間そのカジノゲームに縛られてしまう危険性があるのです。

どんな人が向いている?

どんな人が向いている?

ここまで見てきて分かる通り、テンパーセント法はルールがシンプルで資金の変動がそこまで大きくありません。ローリスクローリターンのようなイメージです。

そのため、テンパーセント法はオンラインカジノ初心者に非常におすすめの攻略法と言えます。ただし、各カジノゲームに対するある程度の知識と連敗した際の自分をコントロールできるだけの精神力は必要です。

そういった意味で言えば、熟練プレイヤーこそ効率よく稼いでいくことができるでしょう。

もしオンラインカジノ初心者がテンパーセント法を使いたい場合は、まずオンラインカジノが提供しているボーナスを使って一度試してみましょう。入金不要ボーナスですと、とくに入金する必要もありません

付与されるボーナス額は多くて30ドルほどなのでテンパーセント法を使っても少しずつしか稼げないかもしれませんが、オンラインカジノがどんなサービスなのかも知れますし、テンパーセント法の流れも覚えることができるでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・テンパーセント法はシンプルなルールで使いやすい攻略法の一つ

・総資金の10%をベットするため連勝すれば利益率が上がり、連敗すれば1ゲームあたりの損益は減る

・基本的にどのカジノゲームでも使えるがおすすめは「勝率50%で配当2倍のゲーム」

・小数点の切り上げと切り捨ては自分のスタイルに合わせて決める

・自分なりの損切りポイントを作ってトータル利益を確保しよう

テンパーセントについてまとめてみました。ここまで見てきたように、テンパーセント法はシンプルなルールがウリの攻略法です。

カードカウンティングのような絶大な効果はありませんが、長期的に考えたら安定する攻略法とも言えるでしょう。これからオンラインカジノを始める初心者にもおすすめしたいです。

ただし、状況によって損切りポイントを考えなくてはいけません。勝ちと負けが続いたら結果的にマイナス収支になるからです。これらのことを頭に入れた上で実践してみましょう。

ページTOPへ