ルーレットを楽しくプレイするためのベット方法を解説

オンラインカジノゲーム攻略ガイド
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/3/8 公開
2021/3/8 更新

ルーレットはカジノの女王と呼ばれるほどポピュラーであり、これまで遊んだことがない人でもすぐに理解できる遊びやすさが特徴のカジノゲームです。ルーレットには独自のベット方法があり、それを活用することが勝率へ大きく響いてきます。そこで今回は、ルーレットの「ベット」に関して分かりやすく解説していきましょう。

ルーレットには2種類ある

まず覚えておくべきことが、「ルーレットは2種類ある」という点です。カジノに馴染みのない人には分かりにくいかもしれませんが、「ヨーロピアンタイプ」のルーレットと「アメリカンタイプ」のルーレットがあります。それぞれ当選率が少し違ってきますので、自分がどっちのルーレットをプレイしているのか、今の自分はどっちをプレイすべきなのかを知っておきましょう。

見分け方を覚えていこう

では、どうやってルーレットの種類を見分けていくのかを解説していきます。

・数字の違い

・テーブルレイアウトの違い

・ホイールの違い

数字の違い

まずは、ルーレットの数字の違いから見ていきましょう。どちらも36までの数字があるのは同じですが、ヨーロピアンルーレットは「0」が一つだけ、アメリカンルーレットは「0」に加えて「00」の数字も加えられています。つまり、数字が全部で37個がヨーロピアンルーレット、38個がアメリカンルーレットということです。「0」の数を数えるのが最も分かりやすいと言えます。

ヨーロピアンルーレット:「0」のみ

アメリカンルーレット:「0」と「00」の2種類

テーブルレイアウトの違い

前述したとおり、この2つのルーレットは「0」の数が違います。つまり、テーブルのレイアウトでもアメリカンルーレットの方が一つ多いです。

ヨーロピアンルーレット:1種類の「0」がレイアウトされている

アメリカンルーレット:「0」と「00」の番号が左側にレイアウトされている

ホイールの違い

ホイールというのは、実際に球を転がしてどの穴に入るかを決める円盤型の道具です。「0」の数が違うというのもありますが、このホイールには大きく明確な違いがあります。それが、「数字の配置構成」です。

ヨーロピアンルーレット:数字の配置に規則性がなくランダムである

アメリカンルーレット:連続する数字が対角線上に配置されている

ハウスエッジ(控除率)と勝率について

見た目での見分け方は分かったと思いますが、自分がどっちのルーレットにベットすべきなのか難しいと思います。確率的に言えば、「0」の1個少ないヨーロピアンルーレットの方が当選率が高くて初心者にもおすすめです。そこには「ハウスエッジ(控除率)」というルーレットならではのルールも関係してきます。ハウスエッジ(控除率)というのは、あらゆるギャンブルにおいて店側に支払われる手数料みたいなものです。ルーレットにおけるハウスエッジは数字の「0」になります。つまり、「0」や「00」に球が入ることでカジノは儲かるという仕組みです。ここからは、少し例を挙げて見ていきましょう。

【例】

ルーレットで赤か黒の2択に10ドル分ベットした場合の勝率は1/2(50%)である。

【答え】

確かに36個の数字は18個が赤で18個が黒です。しかし、ヨーロピアンルーレットであれば「0」が一つあるため「18÷37×100=48.64%」が本当の勝率となります。

【ハウスエッジ】

この状態で赤に賭けて的中し、配当2倍の20ドルが払い出しとして発生しました。しかし、実際の当選率から考えた場合は20.5ドルの配当が発生するはずです。この発生したはずの0.5ドル分がカジノ側の利益として引かれるということです。因みに、アメリカンルーレットの場合だと38種類となるため当選率は「47.36%」となり、その分だけハウスエッジが大きくなります。

ルーレットのベットの種類

ここからは、本記事のメインである「ベット」について解説していきます。ルーレットにおけるベットとは、どの穴(ポケット)に球が入るかを予想し、勝率は低いが配当の高い場所にチップを置いたり、勝率は高いが配当が低い場所にチップを置いたりすることです。ルーレットはベット方法は非常に豊富となっていますので、カジノ初心者の方も基本をここで覚えておきましょう。

インサイド・ベット

テーブルレイアウトの中で、1~36までの数字が書かれたエリアでベットを行うことを「インサイド・ベット」と呼びます。全体的に勝率は低いものの配当が大きいため一攫千金を狙うプレイヤーにはおすすめのベット方法です。では、インサイド・ベットの種類を簡単に解説していきます。

・Straight-Up(1点賭け)

・Split Bet(2点賭け)

・Street Bet(3点賭け)

・Corner Bet(4点賭け)

・Double Street Bet(6点賭け)

・Four Numbers bet(4点賭け)

・Five Numbers Bet(5点賭け)

Straight-Up(1点賭け)

「シングルナンバー」と呼ばれることもあります。賭け方は非常にシンプルで、36個の数字と「0」を加えた37or38個の中から1つの数字を当てるベット方法です。勝率は3%以下と低いですが、配当は36倍と非常に高いのが魅力となっています。

Split Bet(2点賭け)

隣接した数字2つに対して賭けるベット方法です。ストレートアップと比べて勝率は高くなり、配当も18倍なので少し勝負に出てみたい人におすすめのベット方法と言えるでしょう。

Street Bet(3点賭け)

「トリオベット」と呼ばれることもあり、3つの数字が並んでいる列に対して賭けるベット方法です。配当も12倍と高配当となっています。

Corner Bet(4点賭け)

「クゥアド・ベット」や「クォーター・ベット」と呼ばれることもあり、4つの数字に対して賭けるベット方法です。ここまで来ると勝率も10%を超えてきます。配当も9倍と充分に高く、自分に流れがあるときや波などを掴んだときに試してみると良いでしょう。

Double Street Bet(6点賭け)

「ラインベット」や「シックス・ナンバーズ・ベット」と呼ばれることもあり、3つの数字が並んでいる列を2つ選ぶベット方法です。Street Betを2箇所選ぶようなイメージです。インサイド・ベットの中で最も勝率が高く、配当は最も低い6倍となっています。

Four Numbers bet(4点賭け)

数字の1、2、3+0の4つに対して賭けるベット方法です。「00」が存在しないヨーロピアンルーレットにのみ適用されるベット方法となっています。配当は8倍と、同じ4点賭けのCorner Betと比べて配当が低いです。

Five Numbers Bet(5点賭け)

「クィント・ベット」と呼ばれることもあります。このベット方法は、数字の1、2、3+0、00の5つに賭けるという性質上、アメリカンルーレットにのみ使用することが可能です。配当は7倍となっています。

アウトサイド・ベット

ここからは、数字以外のエリアにベットする「アウトサイド・ベット」について解説していきます。アウトサイド・ベットの特徴としては、インサイド・ベットよりも「配当が低く当たりやすい」という点です。長くまったりルーレットをプレイしたい人や、とにかく勝率重視で考えている人におすすめのベット方法です。

・Red-Black(赤黒)

・High-Low(ハイロー)

・Odd-Even(奇数・偶数)

・Dozen Bet(12点賭け)

・Column Bet(12点賭け)

Red-Black(赤・黒)

ルーレットの数字ではなく「赤」か「黒」かの色を当てるベット方法です。非常にシンプルで、ルーレット初心者におすすめとなっています。勝率も約50%と高いため配当は2倍です。2倍と言っても1,000ドル賭ければ約50%で2,000ドルになります。

High-Low(ハイロー)

ルーレットの数字の中で「ハイの数字である19~36」か「ローの数字である1~18」のどちらかを当てるベット方法です。これも赤黒と同様に勝率は約50%で配当は2倍です。赤黒とハイローを同時にベットするのもギャンブルとして一つの楽しさでもあります。

Odd-Even(奇数・偶数)

ルーレットの数字の中で「奇数」か「偶数」かを当てるベット方法です。これも例に漏れず勝率は約50%で配当は2倍となっています。

Dozen Bet(12点賭け)

「Section Bet(セクションベット)」」と呼ぶこともあり、「1stゾーン(1~12)」か「2ndゾーン(13~24)」か「3rdゾーン(25~36)」を当てるベット方法です。これまでのアウトサイド・ベットと違い、単純な勝率は約33%ほどになります。その分配当も3倍となり、少しでも大きな額を狙いたい人におすすめです。

Column Bet(12点賭け)

ルーレットのテーブルレイアウトを「横に3分割し、上段・中央・下段のいずれかに賭ける」というベット方法です。これもそれぞれの段に12個の数字が設定されているため、勝率は約33%で配当は3倍となっています。

ベットによる攻略法について

最後に、少しだけ「攻略法」に触れておきましょう。これまで紹介したのは基本的なベット方法であり、感覚のままにベットすることができます。しかし、ベット方法やベット額、タイミングなどを考えることで勝率を上げたり配当金額を大きくしていくことができるのです。ルーレットに慣れてきたプレイヤーは試してみましょう。

攻略法一覧(※一部抜粋)

・フラワーベット法

・ココモ法

・モンテカルロ法

・Wストリート5ベット法

・マンシュリアン法

・666戦略

etc…

攻略法があるページに誘導

注意点

攻略法はあくまで「勝率を上げる」、「負けにくくなる」といったものであり、確実に勝てる必勝法のようなものではありません。「確実に勝てる!」と謳っているサービスなどはイカサマや不正ツール・アプリを利用していたり、それを販促してくることもあります。そのようなものには頼らず、基本的な仕組みやベットの応用技などを活用することで勝率を上げていきましょう。

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・ルーレットにはヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットがある

・ルーレットで遊ぶなら「0」が1つのヨーロピアンルーレットを選ぶ

・ベットにはインサイド・ベットとアウトサイド・ベットがある

・勝率は低いが配当が高いのがインサイド・ベット

・勝率は高いが配当が低いのがアウトサイド・ベット

ルーレットはシンプルなカジノゲームです。その分だけベットの方法で勝率も変わりますし、ギャンブルの醍醐味である一攫千金を狙うこともできます。自分の状況をしっかりと把握しながら、そのときに合ったベット方法をするように練習していきましょう。

ページTOPへ