ルールも簡単で誰でも楽しめるトランプゲーム「カジノウォー」を解説

オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2020/10/23 公開
2021/3/5 更新

高評判トランプゲーム=カジノウォーの魅力

世の中には数多くのカジノゲームがありますが、ここ数年で流行っているトランプゲームが、「カジノウォー」です。

数年前に国内外問わず人気が出た「牛牛(にゅうにゅう)」に続き、今でも初心者から玄人まで幅広く人気があります。

流行り始めた理由としては、初心者の方でもすぐにプレイできるカジノゲームとして、ルールも簡単で覚えやすく評判が高いからです。運任せでプレイしている人が多いのも理由の一つだと考えられます。

しかしカジノウォーは運任せと言いつつも、基本的な考えとパターンルールはあります。基本とされる考えと、初歩的なルールさえ守れば誰でもプレイできるので、カジノウォーはおすすめのカジノゲームでもあります。

カジノウォーの基本とされるルールは超簡単

  • ゲーム毎に、プレイヤーとディーラーが一枚ずつカードを引く
  • 引いたカードの値が大きい方が勝ち
  • カードは「A」が一番強く、次に「K」→「Q」→「J」→「10」→「9」…の順番で強く、「2」が一番弱いカードである(他のカードゲームと同じ)

※補足としてカジノウォーの控除率は3%と言われてます。

基本ルールとしてはこれだけ知っていればカジノウォーはプレイできます。

もちろんそれ以外にも細かいルールは存在しますが、勝ち負けで言うとこの3つだけで表すことができます。

またカジノウォーは半丁博打と似ていることから、初心者にとってはチャレンジしやすいカジノゲームでもありますし、玄人にとっては博打のような要素が高いぶん、一度やり始めると抜け出せなくなる魅力がある、世界中でとても人気のあるゲームです。

ここで覚えておくべきポイントがあります。「前途で説明したように抜け出せなくなる」という魅力があることです。

しかし意味もなくただチップ(お金)をつぎ込んでいくのではなく、カジノウォーのルールとプレイに対しての自分の中でのルールに一貫性を持っておけば、怖いものは何もなく楽しくプレイできることでしょう。

その運命のダイスを振り分けられるのはあなた次第です。そのためにもcasino(カジノ)というゲームがどういうものか。それを知っておく必要があります。

カジノウォーの流れとして、カードはディーラーが引きますが、「捨てカード」として3枚ディーラー側が引いてから1枚引くため、基本的にインチキはできないとされるフェアゲームです。

しかしフェアゲームだからといって「適当に運任せで続行する」のは控えた方が良さそうです。なぜか?…その理由に紐付くルールと考え方を「カジノウォーの基本と必勝法」として記事にしました。

これを読み終える頃には基本ルールだけではなく「必勝法」としてのちょっとしたコツも身につけていることでしょう。

簡単なのに、ゲームの基本ルールを知っておくべき理由

プレイヤーとしてもディーラーとしても、カジノウォー以外にも多くのゲームを経験してきた私ですが、人によってはルールを無視した賭けをするプレイヤーは少なくありません。

それはルールと言うよりも「必勝ルート」を無視した行動とも言えます。

カジノゲームにはルーレットやトランプやサイコロを使用したものなど、数多くのゲームが存在します。数あるゲームの中でもハウスエッジ(控除率)が基本ルールに組み込まれているゲームは、素人にはおすすめしません。なぜなら「楽しく成果を出せないから」です。

多くの人は(特に日本人は)カジノでの遊び方を知りません。ただのギャンブルとして考えているので、無駄にお金を注ぎ込み「依存症」となってしまう傾向があるのです。

一方、同じアジア人として韓国人や中国人はカジノウォーに限らずカジノゲームに対しての「お金の使い方」をしっかり理解している人が多いのも事実です。

その理由は、おそらく「お金を回す思考・攻略」を理解しているからでしょう。

このパターンの場合にはこう手を打つというパターンがあるはずなのですが、人はヒートアップしてくると奇怪な行動に走る者もいるようです。

それが逆に「この人怪しいな」と思われるような行動と見られる場合もあるので注意が必要です。

しかし近年ではオンラインカジノの方が主流になりつつあるので、奇怪な行動は「何も考えていないんだな」と思われるだけです。

相手(ディーラー側)にそう思われないように、最低限の基本ルールと行動パターンだけは身につけておきましょう。そうすればカジノウォーに限らずオフラインのカジノでもプロのプレイヤーとして一目置かれること間違いないでしょうし、何より最終的に勝負に勝つためには基本ルールは重要になってきます。

具体的な基本ルールと勝ち方

その前に!!

カジノウォーに鍵ず、基本ルールを知る前に、まずはトランプゲームの勝ち方を知っておくべきです。負けでも引き分けでもなく「勝ち方」についてです。それはルールを知り、ゲームを支配することに尽きます。

なぜなら日本人の多くはルールを教えると、分かった気になり、すぐにプレイをしてしまうという特徴があるからです。そして結果的に負けたという嫌悪感に陥ってしまうのです。

カジノウォーや牛牛など、トランプゲームには数多くの種類がありますが、基本的なルールも考えも同じだと言い切れます。

私は船上カジノで、世界中を航海しながら各国の要人、大物有名人、一般人の動向を分析してきました。やはりプロのディーラーである以上は、相手にする人種を服装や言動などから見極めなくてはいけません。

ビジネスである以上は「キャッシュフロー」を考えプレイさせなければ一流とは言えないからです。

カジノウォーのような単純なルールのゲームでは特にこうした複数の対戦相手(プレイヤーズ)の動向を徹底的に分析し、ゲームを支配していくのです。

「勝ち方」の定義を!!

話を戻し「勝ち方」についてですが、カジノウォーでの「勝つ」という定義をあなたがどこにおくかです。

多くの人が勘違いしがちなのが、カジノウォーのようなチャレンジしやすいゲームでは、ワンプレイごとに全てに勝とうとします。

続けていくうちにのめり込んでしまう精神状態は、スロットやパチンコにお金をつぎ込んでしまうギャンブラーと一緒です。

ポイントとしては、「ワンプレイで勝負をしよう」なんて思わないこと

引き分けたら、次のカードで勝つ見込みを考えることも大切ですが、一番は「自分が持っているチップの余裕」を考える必要があります。

要するに、カード(勝負)で負けても最終的にチップ(お金)で負けなければ良いのです。ここを勘違いしてカジノウォーにつぎ込んでしまう初心者の方が多いようです。

カジノウォーをプレイするなら、勝敗の定義をしっかり一貫性を持ってプレイしないと痛い目に合うのは間違いないでしょう。(過去にそういうプレイヤーを何度も見てきたので、失敗しないでほしいと私は強く願います)

基本的な流れとルール

さてカジノウォーの流れとルールの説明に戻りますが、先にお伝えしたように強い数字のみで戦うため、絵柄である「ダイヤ・ハート・スペード・クローバー」は関係ありません。

※同じテーブルにプレイヤーズがいても、カジノウォーはディーラーが一人でルールにも変更ありません。(プレイヤーズとは、複数人の参加者のこと)

  1. 任意のチップを賭ける
  2. カードが配られる
  3. 勝てば基本的に2倍払い戻しされる
  4. 負ければ終了し、次のゲームへ
  5. 引き分けを選択し、見事引き分けたなら10倍の払い戻しとなります

カジノウォーは以上の流れですが、少し細かく触れてみたいと思います。

1.任意のチップを賭ける

ANTE(アンティー)と書かれた部分に、任意のチップを置き、賭けます。このチップを置くことをbet(ベット)と言います。(場合によってはポットベットと専門用語を使う場合もある)

もし「勝ち」ではなく「引き分け」に賭けたい場合は、賭けたいチップをTIE(タイ)にチップを置きましょう。

※カジノウォー初心者にはおすすめしませんが、アンティーとタイへ、同時にチップを賭けることも可能です。(玄人はタイミング次第で両方に賭けるプレイヤーもいます)

※重複しますが、カジノウォーの払い戻しについては、勝てば基本的に2倍で払い戻しされます。もし引き分け(TIE)に賭けていたなら、10倍になって払い戻しされます。

2.カードが配られる

全員が任意のチップを賭け終わると、ディーラーがそれぞれのプレイヤーにカードを一枚ず表向きで配ります。

裏返したディーラー側のカードを表に返し、そのカードで勝敗を決めるわけですが、このとき勝敗がつかなかった場合には「続行して戦う」か「降伏して退散する」かを選ぶことができます。

  • 継続して戦うことを「ウォー」
  • 降伏して次の戦いへスキップすることを「サレンダー」

と言います。

次にカジノウォーにおける「ウォー」と「サレンダー」の2パターンについてと、「引き分けだった場合」についての説明をしましょう。

パターン1:続行(カジノウォー)の場合

この場合、先ほど賭けたチップと同額のチップを追加でbet(ポットにチップを置くこと)します。(賭けます)

そしてカードを引き、負けた場合には全て没収されますが、勝負で勝った場合は「追加で賭けた分のチップだけ」に対して倍で払い戻しされます。

例として)

  1. 1回目:任意のチップ(ここでは100を賭けるとする)をbet(ポットにチップを置くことをベットと言います)する。
  2. カードを引く。
  3. 勝負がつかず、再度同額のチップ(100)をbet追加する。

パターン2:降伏(サレンダー)の場合

カジノウォープレイ中に負けると予測したなら降伏(サレンダー)し、先ほどbetしたチップの半分をディーラーに、残り半分を手持ちとして返してもらうわけです。

以上のことからわかるように、カジノウォーはカードよりもチップのベット(bet)制御が勝敗の鍵を握ります。

カジノウォーはカードの引き始めはほとんど「運任せ」であることは明確なので、どのタイミングでウォーし、どのタイミングでサレンダーするのかを見極める必要があります。

そのパターン(状況)に応じて、どのくらいチップを追加betするのかが大切になってきます。

結局は、どのくらいのペースでチップを排出していくかコントロール(制御)することがカジノウォーをプレイする上でのコツとなります。

イメージとしては・・・

  • カジノウォーに進めば勝率は上がるが、配当は少なめ。
  • サレンダーすれば一時的に負けとなるが、半分で済むので有効的に使うのが効率的。

ちょっとしたポイント!

カジノウォーを実際にプレイしてみると感じるのですが、他のカジノゲームと違い配当が少ないと感じることでしょう。しかしゲームの回転の早さは、他のカードゲームと比べてカジノウォーは群を抜いてトップクラスだと言い切れるでしょう。

ここで更に注意点があります。そのカジノウォー特有の注意点を抑えておきましょう!

【多くの人が陥るトリック】

先ほど「カジノウォーは他のカードゲームと違い回転が早い」と説明をしましたが、ここには控除率と回転の早さ。そして何より手軽さ故に陥ってしまうトリックがあります。

トリックと言っても誰かが仕込むわけではありませんし、プレイヤー個人の意思で陥ってしまう盲点として多くの人が気づかずつぎ込んでしまうパターン。

それは、他のカードゲームと違い、儲けも少なく控除率も安定しており、何より回転が早いことでスムーズに展開するカジノウォーに警戒心なく、のめり込んでしまう心理があるからです。

ここからは「時間もチップも無駄に消費しないために」というテーマでお話ししておきたいと思います。それさえ知っておけばカジノウォーで失敗することも無いでしょうし、楽しくプレイできることでしょう。

効率良くカジノウォーを楽しむ方法

慣れるまではシンプルにゲームプレイを!

カジノウォー初心者の方にちょっとした有益情報をお伝えします。

それは、初めのうちは、あれこれと複雑に考えずに全て「勝ち(アンティ)」にベットしましょう!ということです。

これはあくまで私個人の見解ですが、船上カジノで各国のお客様と接してきた中で感じたのは「日本人は気分が高揚していると奇怪な賭けに走る」という傾向があります。

これは日本人だからという偏見のような表現は避けるべきかと感じましたが、カジノウォー経験者として、ディーラー経験者としても実際にあったことなので、あなたにも知って欲しいと思います。

また、その反面「日本人は強運を持っている」と、同時にお伝えしておきます!

これは相反する言葉のように感じるかもしれませんが、不思議なことに誠実さを強みにしている日本人は、カジノウォーに限らず多くのカジノでもそんなに「羽目」をはずしません。

なぜなら目先の賭けよりも、安定した勝ちにこだわりがある習性があるからでしょう。

事実、欧米人に比べて初回のチップにも差がありますし、平均的にみてトータルで勝っているのが日本人です。

慎重かつ強運の持ち主が多いとでも表現しましょうか。

ですから、カジノウォー初心者の方に私個人としてのアドバイスとしては「運が回ってきたら大賭けをする」ということです。損失に関してはあくまで自己責任にはなってしまいますが、長年の感で「運」や「ツキ」のようなモノを感じ取れるようになるものです。

(これはギャンブラーや長年ディーラー経験がある人にしか分からない領域かもしれませんが…)

何を言いたいかというと、カジノウォー初心者は

  • 初めはシンプルにアンティー(勝ち)にのみ賭ける
  • 慣れてきたらタイ(引き分け)にチャレンジしてみる

このパターンで良いと思います。

(重複ますが、あくまでカジノウォーについての個人的なアドバイスです)

一度でも「引き分けに賭けて10倍!」なんていう高額の払い戻しを体験したら、あなたももうカジノウォー。いや、トランプゲーム全般の初心者ではありません!是非とも「楽しく」プレイできるように、感性を研ぎ澄まし、玄人への道に進んでください。

トランプゲームの中でも控除率の高いゲームほど難しいと感じるかもしれませんが、色々と経験することで「このゲームは最低限のルールさえ覚えておけば楽しめる」という楽観的に楽しめるものです。

オンラインカジノの魅力とは

ここからは少し余談ですが、私はカジノウォーにハマる前に、韓国にあるウォーカーヒルカジノでルーレット(回転盤)とポーカー(poker)をプレイしに行ったことがあります。

ある大きなイベントが近隣であったことも重なり、各国からゲームプレイヤーが集っていました。

その中で、ディーラー側ではなくプレイヤー側の視点からカジノゲームの雰囲気を味わっていた時のことでした。

ロイヤルベガス(オンラインカジノ)しか経験したことがない知人が、ビンゴ(bingo)で一人勝ちしていたのです。

カジノといえばベガス(begas)やマカオ(macau)が有名かと思いますが、ここ数年は近隣国である韓国が日本人にとって身近になりました。そんな中でも、初心者でオンラインカジノしか経験がない知人を連れて行って私はあることに気づきます。

「オンラインカジノ経験者は運を感じ取るチカラがあるのでは?」と…

これはあくまで推測でしかないのですが、長年カジノゲームに携わっていると「来そうだ!」と感じることがあるんですよね。これは本当にあるんです。

その時は知人2人と行ったのですが、2人ともオフラインであるカジノゲームをプレイするのが初めてでした。もちろんルールはお互い知ってます。しかし1人はオンラインカジノの経験者だったのです。

そのオンラインカジノ経験者である1人の知人が他のゲームでも楽しく勝ち続け、晩酌の時にある言葉を発したのです。

「来るって感じるのはオンラインでもオフラインでも同じなんだなぁ」と…

要するに彼いわく、運を感じ取ることができるらしいのです。これは形ある根拠があるわけではないので胡散臭く感じるかもしれませんが、私もこの意見には賛同します。長くカジノやギャンブルに携わっていると「ゲームを支配する」という感覚が研ぎ澄まされてくるものです。

ここまでくるとトランプゲームでもルーレットでも、ルールさえ知っていれば楽しくて仕方ありません。あなたにもぜひこの感覚を味わって欲しいと思います。

ページTOPへ