オンラインカジノで詐欺に合わないための注意点と見極め方

オンラインカジノで詐欺に遭わないための見極め方を解説
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/8/25 公開
2021/8/18 更新

ネットを経由してカジノがプレイできるオンラインカジノに登録している人が増えてきました。しかし、そのオンラインカジノは本当に安全なオンラインカジノでしょうか?

世の中には詐欺であったり、イカサマを繰り返すような危ない悪質オンラインカジノも存在しています。

そこで今回は、悪質なオンラインカジノをプレイしてしまったことによって引き起こす問題や危険性、悪質なオンラインカジノの見極め方について解説していきます。

悪質・詐欺オンラインカジノで引き起こす問題とは

悪質・詐欺オンラインカジノで引き起こす問題とは

悪質なオンラインカジノをプレイすると、どのような問題や詐欺に遭うのか見ていきましょう。

  • 勝ったのに賞金が出金できない
  • 何の前触れもなくオンラインカジノが閉鎖してしまう
  • 個人情報漏洩の恐れがある
  • 不正ソフトウェアによるイカサマ行為など
  • ライセンス未取得の問題

勝ったのに賞金が出金(ペイアウト)できない

「スロットゲームでジャックポットに当選していっぱい勝った!」とテンションが上がって出金申請をしたのに、一切報酬が出金される様子がないという事例です。

様々な理由や手続き上の手違いなどで出金拒否だったり、出金するのに数ヶ月かかるなど通常ではあり得ないことばかり起こります。詐欺の常套文句のような感じです。

申請状態のままだから問い合わせしても返信がなかったり、電話しても繋がらなかったりと一切出金する気がないことがわかります。

何の前触れもなくオンラインカジノが閉鎖してしまう

オンラインカジノにおいて、最も悪質な行為が「突然の閉鎖」です。入金していた分だけでなく、勝っていた賞金も出金することができなくなります。いわゆる夜逃げ状態です。

こういったことに関する補償はありませんし、泣き寝入りするしかないのが現状です。これまでにも実際にオンラインカジノが閉鎖され、そのまま出金できなくなる事例もありました。

突然自分のお金が無くなるなんて嫌ですよね。

個人情報漏洩の恐れがある

オンラインカジノをプレイする際には、名前だけでなく生年月日や住所、銀行口座の情報からクレジットカード情報まで入力する必要があります。個人情報のほとんどを提供しなくてはいけないのです。

しかし、悪質なオンラインカジノにおいて個人情報の管理はずさんと言えます。

今まで来なかった迷惑メールや迷惑電話が来始めたり、クレジットカードに謎の請求が発生したりなど、個人情報漏洩による詐欺事件が発生するかもしれません

不正ソフトウェアによるイカサマ・インチキ行為など

「確率も期待値と大きくかけ離れている!大きく賭けた時に限って絶対に外れる!回収モードに入った!詐欺だ!」など、あからさまにおかしい挙動をしているオンラインカジノは悪質と言っても過言ではありません。

オンラインカジノで稼働しているゲームソフトウェアはゲームプロバイダーが提供しているのですが、すべてのプロバイダーが高品質なソフトウェアを提供しているわけではありません。

評判が悪くて不正システムが埋め込まれているソフトウェアを渡してくる可能性もあります

ライセンス未取得の問題

オンラインカジノを運営するには、カジノが合法化されている国で運営する以外に「運営ライセンス」を取得する必要があります。

この運営ライセンスは政府や国が発行しているもので、厳しい審査を通らなければ取得することはできません。ライセンスを取得していないということは違法なオンラインカジノということです

知らぬ間に利用していたことで犯罪行為に巻き込まれることもありますし、場合によっては摘発される可能性もあります。

悪質・詐欺オンラインカジノの見極め方

悪質・詐欺オンラインカジノの見極め方

そんな悪質オンラインカジノを見極めるためのポイントを紹介します。この項目を参考にし、悪質なオンラインカジノに登録しないようにしましょう。

  • 運営ライセンスの取得状況と種類
  • オンラインカジノの運営期間
  • 口コミや掲示板などの評価や評判

運営ライセンスの取得状況と種類

やはり一番は「運営ライセンス」の取得状況でしょう。政府や国が発行しているということで、取得しているだけで政府公認という大きな信頼があります。

運営ライセンスがない時点で違法・悪質ですので、絶対にプレイしないようにしましょう。もし余裕があるのであれば、取得している運営ライセンスの種類も気にしてみることもおすすめします。

運営ライセンスの中でも審査が厳しくて取得難易度が高いものがあり、それを取得しているということはそれだけ安心ということです。

運営ライセンスだけでなく、第三者機関の監査も定期的に行っているか確認してみるのも大事です。

オンラインカジノの運営期間

利用しようと考えているオンラインカジノの運営期間を確認してみましょう。評判が悪くて悪質だと判断されたオンラインカジノというのは運営が長続きしません

そのため、運営期間が長いということはそれだけ信頼できるオンラインカジノということになります。日本でも大人気の「ベラジョンカジノ」は2011年に運営を開始し、すでに9年の運営実績があります。

これだけ続いているからこそ豊富なボーナスでの還元してくれますし、詐欺ではない安心したプレイが楽しめるのです。

口コミや掲示板などの評価や評判

口コミや2CHのような掲示板のコメントというのは重要な情報収集ツールです。評価が高ければ当然安心度も高いですし、内容を詳しくコメントしている口コミなどがあれば更に安心でしょう。

しかし、すべての口コミや掲示板のコメントを鵜呑みにしてはいけません。中には腹いせで嘘を書く人もいますし、運営側が自作自演している可能性もあります。

あくまで一つの判断材料として活用し、総合的に見て優良オンラインカジノなのかを見極めるようにしましょう。

日本語対応のオンラインカジノは大丈夫?

日本語対応のオンラインカジノは大丈夫?

オンラインカジノは海外が運営していることもあり、英語表記のサイトが多いです。

最近では日本語に対応しているオンラインカジノも増えてきましたが、それによって「日本語に対応しているオンラインカジノであれば安心だ」という錯覚に陥っていることがあります。

しかし、日本語に対応していても悪質なオンラインカジノではないとは言い切れません。むしろ警戒する必要があるかもしれないのです。

なぜなら、日本人を狙っている可能性が捨てきれないからです。

これまでにも日本語に対応しているしている複数のオンラインカジノが不正行為を行ったということで摘発されています。

「日本語対応=日本人でも安心」という考えは捨て、全体的に見て安全なオンラインカジノかを判断しましょう。ただし、「日本で運営しているオンラインカジノ」はその存在が違法となっています

海外のオンラインカジノで日本語対応であれば優良オンラインカジノか確認する必要がありますが、日本語対応だが日本国内運営のオンラインカジノは確認する必要もなく悪質なオンラインカジノです。

インターネットカジノなども違法なので注意しましょう。

日本語対応で悪質なオンラインカジノの事例

これまでに複数の日本語対応のオンラインカジノが摘発されてきましたが、今回はその中でも有名な2事件を紹介します。

お台場カジノ

「お台場カジノ」という、正に日本を対象にしたオンラインカジノです。日本語に対応していることで人気が出て、オンラインカジノ愛好家の方も登録した人は多いでしょう。

そんなお台場カジノですが、突如2009年に閉鎖し、賞金などはすべて未払いという状況に陥ったのです。まさに「夜逃げ」のような感じで、出金できなかった人は落ち込んだことでしょう

お台場カジノは何事もなく突然閉鎖…というよりは、少しずつ前兆のようなものがあったと言われています。

2009年初旬に払い戻しが遅くなり、8月にはサイトリニューアルを行ったがログイン不可になるなど不具合が発生するようになりました。この時点で不安に感じていた人も多いでしょう。

当時は「システム障害」というアナウンスをしていた運営でしたが、オンラインカジノだかでなくキャッシャーにもログイン不可となっていたため残高の払い戻しもできませんでした。

その後、問い合わせなどがすべて音信不通となり閉鎖となったのです。

ドリームカジノ

日本国内における「オンラインカジノ運営」で、初めて逮捕から実刑判決が出た事例です。

この事件の内容としては、オンラインカジノのサーバー自体は海外のものだったが、運営を担当していたのが日本国内の企業だったことから「常習賭博容疑」で逮捕されたというものです

2016年と比較的新しい事件であり、これによって運営者5人が逮捕されて実刑判決が下されています。因みに、逮捕されたのは運営者だけとなっており、ドリームカジノをプレイした側は逮捕されていません。

ただし、こちらはお台場カジノと違って別のオンラインカジノを経由して返金されています。

いつまでも優良カジノというわけではない

いつまでも優良カジノというわけではない

現在評価や評判が良い優良オンラインカジノであったとしても、その評価や評判が確実に続くという保証はありません。運営方針が変わったり、運営陣が変わったりなど少しの環境変化で過去の評価は一気に変わることもあります。

「このオンラインカジノは過去の評価が高くて優良オンラインカジノだから登録しよう」と考えている人もいるかもしれませんが、それはあくまで過去の評価であり現在の評価ではありません。

大事なのは「今」の評価なのです

もちろん、過去の評判が悪くて今の評判は良いというパターンも無きにしも非ずですが、ほとんどあり得ない「稀なケース」と言えます。

過去の評判が悪いオンラインカジノは、そのまま悪い評判で運営が続いていくでしょう。 ここで注意したのが「新しくサービス開始をオン始めたラインカジノ」です。

新しいサービスということは、それまでの実績や評価というのが無い状態です。「新しいオンラインカジノだし、アプリも使えてボーナスなども多く取り揃えているから登録してみよう」と安易に考えてはいけません。

できるだけ実績や他の人の評価が出るまで待った方が良いでしょう

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 悪質で詐欺まがいなオンラインカジノは存在している
  • 出金不可や個人情報漏洩などのリスクが高いので絶対に利用しない
  • 日本語対応だから安心という考えは捨てて総合的に考える
  • 口コミや掲示板のコメントは重要な情報として定期的に確認するべき

悪質で詐欺まがいなオンラインカジノは実際にあります。どう見ても怪しいサイトであったり、口コミなどで不正が確認できるようなオンラインカジノは利用しないようにしましょう。

知らぬ間に詐欺に加担しないように自分のことは自分で守るように注意すべきです。

ページTOPへ