オンラインカジノの攻略法であるハーフストップ法やメリット・デメリットを解説

オンラインカジノでも使えるハーフストップ法のメリット・デメリット
オンラインカジノガイド編集部
オンラインカジノガイド編集部
このページ内の情報は、編集部の複数スタッフによって作成・内容のチェックが定期的に行われています。
内容の無断引用・転載はお断りいたしますが、記事内容に不備・間違いがある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
2021/9/10 公開
2021/9/13 更新

日本人でも利用者が増えている人気のオンラインカジノですが、ギャンブルである以上勝つこともあれば負けることもあります。しかし、勝率を上げるために攻略法や必勝法というものがあります。

徹底して有効な攻略法を使用することで、トータルの利益も安定することが多いです。今回はその中から「ハーフストップ法」と呼ばれる攻略法を紹介します。

メリット・デメリットもありますが、応用やコツが単純なため初心者にもおすすめです。

ハーフストップ法は利益を確保する攻略法

ハーフストップ法は利益を確保する攻略法

ハーフストップ法とは、「自分が設定した利益を出したら半分を確保し、残りの半分で賭けを続けることで最低でも利益を確保することができる攻略法」です。

非常に単純明快な攻略法となっていますが、オンラインカジノの損失を抑えることができるためオンラインカジノ初心者などには心強い攻略法とも言えます。

しかし、この攻略法はメリットもあればデメリットもありますので、一緒に詳しく確認していきましょう。

ハーフストップ法とオンラインカジノは相性が良い

ハーフストップ法自体オンラインカジノ限定の攻略法というわけではありません。日本で行われる競馬や競艇、パチスロなんかでも使うことができます。ギャンブル全般で使える攻略法ということです。

とにかくギャンブルで怖いのは「使いすぎる」ことでしょう。勝つこともあれば負けることも当然ありますし、資金の増減よりもギャンブルの波や流れ、自分の予想への自信などを過信して思った以上に突っ込んでしまうこともあります。

ハーフストップ法を使えばこのような不安が少なくなりますが、実は競馬やパチンコなどではそこまで大きな効果がありません。なぜなら、競馬やパチンコには営業時間というものが設定されているからです。

設定した目標金額になる前に閉まってしまう可能性があり、どうしても利益の確保が難しいことが多くなります。一方のオンラインカジノは24時間遊ぶことができます。

そのため、数あるギャンブルの中でもオンラインカジノとハーフストップ法は相性が良いのです。

ハーフストップ法の目標金額は自分で決める

攻略法と聞くと「何かしらの制約や目標などがある」と思われるかもしれませんが、ハーフストップ法で決める部分は「どのくらいの金額を稼いだら半分確保するか」という点を決めるだけです。

とくに難しい計算も必要ありませんし、とにかくその日にどのくらいの利益を確保しておきたいかを明確にしておくだけで問題ありません。良くも悪くもハーフストップ法を使うプレイヤーの感覚に従って設定していく必要があります。

そのため、「このカジノゲームで遊ぶなら〇〇ドル稼いだらハーフストップ法を使って半分の利益を確保しておくべき」のような縛りがありません。

資産に余裕があるのであれば1,000ドルにしても良いですし、とにかく利益を出す流れを切らしたくないのであれば50ドルなどでも問題ないのです。

稼ぐことと利益を確保することを自分の裁量で決められますので、オンラインカジノで生活している感もあって気持ちも乗ることでしょう。

カジノゲームに制限がない

攻略法の中には、カジノゲームが指定されていることがあります。

「この攻略法を使うには当選率が1/2で配当は2倍のカジノゲームを選ぶべき」などの制限がある攻略法を使う場合、ルールも知らないしやりたくもないカジノゲームを選ばなければいけないことになります

利益最優先で考えてる人であればカジノゲームがどれでも関係ないと思いますが、オンラインカジノ初心者などは指定があると使い切れないこともあるでしょう。

しかし、ハーフストップ法は利益を確保する攻略法です。管理さえしっかりとできていればどのカジノゲームでも使うことができます。

メリットとデメリット

メリットとデメリット

ここからは、ハーフストップ法にはどのようなメリットとデメリットがあるのか解説していきます。

ハーフストップ法のメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

  • 最大利益の半分は利益として確保できる
  • 勝ち逃げのタイミングが苦手な人でも分かりやすい
  • オンラインカジノで使っても咎められない
  • 他の攻略法と併用することも可能

最大利益の半分は利益として確保できる

ハーフストップ法の最も分かりやすく最大のメリットとも言えるのが、「最大利益の半分は利益として確保できる」という点でしょう。

オンラインカジノを含むギャンブル全般の鉄則として、負けを抑えることが重要になります。勝ち額が少なくても負けなければ利益になりますし、仮に負けるにしても金額を抑えていれば次のチャンスに繋げることが可能です。

トータルで収益を見た際にも負けを抑えることがどのくらい効果的なのか分かるでしょう。

ハーフストップ法は最大利益の半分を残すため、確実にこの半分の利益は手に入れることができます。この攻略法は初心者にもおすすめですし、大きな勝ちを連発して気持ちが大きくなってるプレイヤーにもおすすめです。

ビギナーズラックなどは特に金銭感覚が狂ってしまいますので、トータルの利益を考えるのであれば導入すべき攻略法と言えるでしょう。オンラインカジノが少し怖いと感じてる人もぜひ!

勝ち逃げのタイミングが苦手な人でも分かりやすい

オンラインカジノに限らず、ギャンブルには必ず還元率というものが設定されています。簡単に言ってしまうと、「そのギャンブルで普通に遊んだらどのくらいお金が返ってくるのか」を数値化したものを還元率と言います。

例えば還元率が80%のギャンブルで1,000円使った場合、800円は返ってくる可能性が高いということです。オンラインカジノは数あるギャンブルの中でも還元率が高く、トータルで利益を上げたいならオンラインカジノをおすすめします。

しかし、還元率が高いオンラインカジノと言えど100%を超えることはありません。100%超えてしまってはオンラインカジノ側の利益がなくなり、そこから運営することができなくなってしまいます。

そのため、プレイヤーは「勝ち逃げ」を選択しなくてはいけない状況になりやすいです。しかし、オンラインカジノ初心者であればあるほどそのタイミングが分かりません。

そんなときにハーフストップ法で利益を残しておけば、勝ち逃げしやすい環境にすることができます。

オンラインカジノで使っても咎められない

カジノには多くの攻略法があります。効果は薄いが長期的に見たら効率の良い攻略法、効果は高いが効率が悪いもの、難易度は高いが効果も効率も高いものまで様々です

しかし、攻略法の中にはカジノで禁止されているものもあり、もし利用がバレたら有無も言わさず出禁になってしまいます。

オンラインカジノもインターネットを通じて行うためバレないと思ってる人も多いですが、意外とバレてしまうことが多いです。

とくに賭け方を状況によって変える攻略法はバレやすく、オンラインカジノによっては厳しく取り締まってることもあります。ブラックジャックやバカラなどのカウンティングはとくに効果が高く、少しでも疑われたらアウトと言えるでしょう。

しかし、ハーフストップ法は利用したとしてもバレることはありませんし、仮にバレたとしてもオンラインカジノ側には何のダメージもないので出禁などのペナルティを与えられることもありません。

他の攻略法と併用することも可能

ハーフストップ法はあくまで利益を減らさないために管理する攻略法です。そのため、他の攻略法と組み合わせて使うことができます。

言ってしまえば、数ある攻略法のどれとでも併用することが可能です。ただし、決してハーフストップ法は利益を増やす攻略法ではないということも頭に入れておきましょう

ハーフストップ法で損失を抑えつつ、他の攻略法を使って利益を増やしていく使い方をおすすめします。上記で書いた通り、オンラインカジノのアカウントが停止するような攻略法はできるだけ使わないように気を付けてください。

ハーフストップ法のデメリット・注意点

では、ハーフストップ法にはどのようなデメリットと注意点があるのか確認していきましょう。

  • 利益を出した前提の攻略法である
  • せっかくの利益を減らしてしまうことにもつながる
  • 目標金額の設定が難しい

利益を出した前提の攻略法である

ハーフストップ法は利益を出さなければ何も始まりません。なぜなら目標金額の利益を出して、その半分を使わずに取っておく必要があるからです。

オンラインカジノで使える他の攻略法は利益を出すために用いることが多く、上手くハマればとんでもない利益を出すこともできます。

攻略法を使ってる感じもしますし、基本的にオンラインカジノで使われる攻略法というのはそちらのタイプです。

このように、ハーフストップ法は負けてもいつか取り戻せるような攻略法ではないため、目標金額まで勝つことのできる運が必要になります。

せっかくの利益を減らしてしまうことにもつながる

設定した最大利益の半分を確保するというのがハーフストップ法のすべてですが、逆に言ってしまえば半分は失う可能性があるということです。例えば、最大利益の設定を「2,000ドル」にしていたとします。

運よく2,000ドル稼いで1,000ドルを確保して残り1,000ドルで引き続きオンラインカジノで楽しみました。結果、1,000ドル負けてしまったためその日の利益はハーフストップ法で残していた1,000ドルとなった。

結果からしてみたら「ハーフストップ法のおかげで1,000ドル残った」となりますので、攻略法としては正解だったのかもしれません。しかし、冷静に考えると「1,000ドル失った」とも言えるのです。

目標金額を達成した時点でやめておけば2,000ドルの利益だったからです。

もちろん使える1,000ドルが2,000ドルになることもありますので一概にデメリットとも言えませんが、「あの時やめておけば…」と考えてしまう人にとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

目標金額の設定が難しい

ハーフストップ法は、目標金額まで利益が出たらその半分を使わずに確保しておく攻略法と書いてきましたが、この目標金額自体は自分で設定しなくてはいけません

オンラインカジノはギャンブルの一種です。そのため、「月に1,000ドル稼ぎたい」や「毎日100ドルずつ稼いでいきたい」と思っていたとしても、その通りに動くわけではありません。

運が良ければ1回当てるだけで1,000ドル稼ぐこともありますし、逆に運が悪いと10回連続で外すこともあるでしょう。

だからこそ、目標金額の設定が難しいのです。目標金額を高くし過ぎてしまうと、それを達成するために無茶な賭け方をしてしまう可能性があります。

一方で低く設定してまうと、せっかくの流れや波を失ってしまうかもしれません。一気に稼ぐチャンスを逃すのは非常にもったいないです。

このように、目標金額に固執し過ぎるのは良くもあり悪くもあります。自分が納得のいく目標金額を設定できるようになるまで慣れも必要になるでしょう

まとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

・ハーフストップ法とは、利益を確保することに特化した攻略法

・特別な練習もいらず使い方も単純なのがハーフストップ法の徳亮

・撤退するタイミングなどが分かりやすく初心者におすすめ

・他の攻略法の使い方を理解した上で併用しよう

・ハーフストップ法にはデメリットもあるので理解しておく

ハーフストップ法についてまとめてみました。ハーフストップ法は特別な練習もいりませんし、使い方さえ間違わなければ大きなマイナスになることもありません。

最初はベラジョンカジノのような日本人にも人気のオンラインカジノでハーフストップ法の基本を学んでみましょう。ボーナスも豊富で問題なく練習していくことが可能です。

ページTOPへ